116件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

苫小牧市議会 2021-02-25 02月25日-02号

苫小牧駒澤大学についてお尋ねします。 本年4月より北洋大学校名変更し、再スタートを切るわけであります。市内唯一の4年制大学である同大学の今後の展開は、人口減少、とりわけ若年層市外流出課題となっている本市において非常に重要な位置づけになるものと考えております。 まず、このたびの校名変更に伴い、カリキュラムなど変更となる点はあるのか、お聞かせください。 

苫小牧市議会 2021-02-18 02月18日-01号

苫小牧駒澤大学は、4月に校名が「北洋大学」に変更となります。本市としては、職員の配置を継続し、速やかな情報共有を図り、より効果的な学生募集への協力など、安定的な大学運営が可能となるような支援を尽くしてまいります。 (仮称)苫小牧市民ホールの整備においては、PFI法に基づき特定事業選定を行うとともに、募集要項等を公表し、事業者選定に向けた作業を着実に進めてまいります。 

千歳市議会 2020-06-10 06月10日-04号

先日頂きました資料によりますと、文化センターで開催された市の自主文化事業を中心とする大、中ホールでの鑑賞系文化、芸術のステージは、年間、約二、三十件程度で、そのうち、満席となっているのは、自衛隊音楽隊公演、及び、二、三の追っかけファンが多く来場する公演で、具体的には、劇団四季の公演駒澤大学附属苫小牧高校の吹奏楽の公演などでありました。 

苫小牧市議会 2020-02-27 02月27日-02号

次に、苫小牧駒澤大学についてお尋ねいたします。 昨年12月の定例会において、校名学科変更について文部科学省事前相談を行っていると伺っております。その後の進捗状況はどのようになっているのでしょうか。 また、現在受験シーズン真っ盛りでありますが、校名学科も変わらない令和2年度は定員数確保される見通しなのか、さらには留学生別科の開設時期についてもお聞かせください。 

苫小牧市議会 2020-02-20 02月20日-01号

苫小牧駒澤大学につきましては、令和3年4月の校名及び学科変更の準備を支援するとともに、引き続き教育資金の補助による学生確保への協力を行うなど、安定した運営に向けて大学側と緊密な連携を図ってまいります。 国際交流の推進につきましては、民間提案制度を活用し、異文化交流事業在住外国人へのサポート体制を強化し、まちの国際化を進めてまいります。 

苫小牧市議会 2019-12-06 12月06日-02号

まずは苫小牧駒澤大学のこれからについて御質問させていただきます。 苫小牧市が大学誘致に向けて多額の支援をして実現した大学は、経営困難で京都育英館経営移管しました。 しかしながら、振り返ってみると苫小牧駒澤大学とは地元大学という市民願いとはほど遠い学校運営をしてきたと私は感じています。 開校当初から入学者数減少傾向にあり、今に至っています。

苫小牧市議会 2019-12-05 12月05日-01号

苫小牧駒澤大学について質問したいと思います。 6月の議会でも私は質問させていただいた経過がありますけれども、苫小牧駒澤大学市民の皆様に親しまれまして、そして地元の高校生にも選ばれる、そして学生にとっても魅力ある大学であってほしいと、そう願っている私もその一人であります。それでこの議会で前回も質問させていただきました。 

苫小牧市議会 2019-03-04 03月04日-04号

次に、苫小牧駒澤大学についてお伺いをしたいと思います。 苫小牧駒澤大学については、これまでさまざまな変遷がありましたけれども、市長が言われますように、とにかく苫小牧唯一の4年制大学として存続してくれることが市民願いであろうと思っております。この点、先日の答弁において、市長は来年度人材を派遣すると述べられ、市職員を派遣することを表明されました。

苫小牧市議会 2019-02-28 02月28日-02号

次に、苫小牧駒澤大学についてお尋ねをいたします。 市は、新たに学生への支援策一つとして奨学ローン返済助成制度教育ローン利子補給制度を創生するなど、学生確保を目的に新たな支援を創設しているところであります。大学経営が安定するような学生数確保にはまだまだ継続した市の支援が必要と考えますが、市の見解をお聞かせください。 続きまして、市民ホールについてお尋ねをいたします。 

苫小牧市議会 2018-12-10 12月10日-02号

苫小牧駒澤大学京都育英館経営移管され、9カ月が過ぎようとしております。これまで市では開学当初からさまざまな形で支援をしてきたわけですが、地元にしっかりと定着するためにも市からの主体的な支援が必要と考えます。 そこで、学生への支援策一つとして、奨学金返還金支援制度教育ローン利子補給制度の創設について、これまでの議会質疑にも交わされてきたところですが、その制度の内容についてお聞かせください。 

苫小牧市議会 2018-12-06 12月06日-01号

苫小牧駒澤大学への支援につきましては、奨学金返還支援制度教育ローン利子補給制度を創設し、在学中の支援を検討するほか、職員派遣などの人的支援を検討してまいります。 また、高等教育機関連携し、中高生を対象にした公開講座の実施や社会人対象とした学び直しの場を提供するとともに、学生が企画したスポーツイベント民間団体連携して実施するなど関わりを深めてまいります。 

苫小牧市議会 2018-03-02 03月02日-03号

たち議員も、駒澤大学を支える会を立ち上げたのは、魅力ある大学となることを支援しようという思いからであります。今、全国の地方にある大学の共通の課題は、学生確保と経営問題であります。私たちは再び苫小牧大学存続が問題となる事態を二度と招いてはなりません。 まず最初にお伺いをするのは、存続となった駒澤大学に対してどのような考えを持っているのかお伺いをいたします。