3件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

釧路市議会 2020-03-11 03月11日-04号

聞くところによりますと、音別地区に勤務する職員は消防や診療所を含めると約90人で、そのうちの3分の1が音別地区在住者、残りの3分の2が音別地区以外からの通勤者であります。課長職以上では、約半分が釧路地区からの通勤者であります。旧音別時代は、強制ではなかったものの、基本的に役場職員は地域内に住んでいたものの、合併後多くの職員音別地区を離れているのであります。

釧路市議会 2019-06-21 06月21日-03号

現在音別地区在住の就学前のゼロ歳から5歳までの幼児と5年後に中学校に在籍することになる現在の小学生を前提とした推計でありますので、予想値としてはかなりの精度であると思われます。5年間で36%減、これまで以上のハイペースで減少が進むことになります。 

釧路市議会 2013-03-25 03月25日-08号

また、公明党議員団所属委員から、議案第1号平成25年度釧路一般会計予算中、歳出第3款民生費のうち、特定疾患患者通院等助成金について、阿寒地区音別地区在住の市民の方へ支給することは良とするものの、釧路地区が対象となっていない点は検討の余地を残していると考える。今後、釧路地区患者さんの交通費負担軽減のために、国の動向のいかんを問わず、市単独実施を強く要望するとの意見を付して賛成する。 

  • 1