60件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

千歳市議会 2019-10-02 10月02日-06号

約4年使用されていますが、千歳市の給付基準は、入浴補助用具給付額9万円、耐用年数が8年で、用具の性能として、入浴時の移動、座位の保持、浴槽への入水等を補助でき、障がい児者難病患者または介助者が容易に使用し得るものという要綱があり、行政へ相談されましたが、明快な返答をいただけていないことをお聞きしました。 

札幌市議会 2019-06-25 令和 元年第二部議案審査特別委員会−06月25日-02号

公表されている予算の概要には、呼吸器機能障がい、筋萎縮性側索硬化症ALS患者などの障がい者または難病患者であって、在宅人工呼吸器または酸素濃縮器を使用している者は1,526人とあります。また、以下3項目のうち1項目購入費助成とあり、インバーター発電機が915人、ポータブル電源が457人、カーインバーターが154人となっております。

函館市議会 2018-12-13 12月13日-05号

保健福祉部長平井尚子) 障がいのある人等の現状と今後の見通しについてのお尋ねですが、平成29年度末の障がい者数は、身体障がい者が1万2,761人、知的障がい者が2,883人、精神障がい者が2,707人、特定医療費受給者、いわゆる難病患者が2,230人で、合計2万581人となっており、平成28年度末の2万874人と比較しますと293人の減となっており、平成29年度末の人口に対する障がい者の割合は

音更町議会 2015-09-17 平成27年第3回定例会(第3号) 本文 2015-09-17

本町の災害時要援護者登録対象者につきましては、施設に入所している方を除いた高齢者、身体障がい者、知的障がい者、精神障がい者、難病患者で、災害時の避難行動避難所における支援が必要と思われる方を対象としており、本年6月1日現在で、7,471世帯、9,724名となっております。

恵庭市議会 2013-12-04 12月04日-03号

特定疾患認定されていない「グレーゾーン」的な位置にいる難病患者に関して、どのような対策施策考えているのか、お伺いいたします。 次に、ペットとの共存について。 本年9月1日にて、「動物愛護管理法」が一部改正になっています。 このことから、従前と比較してどのような所見をお持ちでしょうか、お伺いいたします。 また、当市として、改正後の市民への周知等はどのように実施されたか、お伺いいたします。 

音更町議会 2013-09-20 平成25年第3回定例会(第3号) 本文 2013-09-20

お尋ねのように、障害者控除対象者認定書の発行があれば障害者控除対象になることは法令上明らかではありますが、難病患者障害者総合支援法における障害者の定義に加わったことのみをもって一律に障害者控除対象者として認定を行うものではなく、難病患者であるなしにかかわらず、定められた基準を用いて、障害の程度が知的障害者身体障害者等に準ずるものであることを確認の上障害者控除対象者認定書を発行することとしておりますので

千歳市議会 2013-07-16 07月16日-05号

初めに、障害者総合支援法特徴と市の施策への影響についてでありますが、新たな障害者総合支援法では、目的に、基本的人権を共有する個人としての尊厳や地域生活支援事業による支援を明記したほか、制度の谷間のない支援を提供する観点から、障害者手帳を取得できない難病患者を、障がい福祉サービス等対象者に追加したことが特徴となっております。 

根室市議会 2013-06-19 06月19日-02号

総合支援法では、難病患者を含めた総合的な障がいのある方への地域での生活支援することを柱に、障がいによって分け隔てない共生型社会の実現、障がい者を保護の対象から権利主体に転換して、地域で自立した生活を営む権利を保障する全国共通地域の実情に応じた2つの支援体系、働く意欲を積極的に応援するなど、これまで以上に施設から社会自立への流れを加速させることとしております。 

札幌市議会 2013-06-10 平成25年(常任)厚生委員会−06月10日-記録

本年4月、障害者自立支援法障害者総合支援法改正され、障がい者の範囲難病患者が追加されるなどの見直しが図られたところでございますが、さらに、来年、平成26年には、障害支援区分の創設、重度訪問介護対象範囲拡大、そして、いわゆるグループホームとケアホーム一元化などの見直しが行われることとされております。  

帯広市議会 2013-03-13 03月27日-07号

このほか総合相談窓口政策施策評価に対する認識ピアカウンセラーを増員するなど、相談支援体制を充実する考え障害者総合支援法施行により、新たに追加される難病患者へのサービス周知の取組み、ひとり暮らし高齢者緊急通報システムにおけるGPS機能付携帯電話導入と今後の台数拡大考え、きづきネットワーク事業における協力事業所拡大考え未熟児養育医療給付事業概要市民周知方法待機児童対策事業必要性

北見市議会 2013-03-13 03月27日-07号

このほか総合相談窓口政策施策評価に対する認識ピアカウンセラーを増員するなど、相談支援体制を充実する考え障害者総合支援法施行により、新たに追加される難病患者へのサービス周知の取組み、ひとり暮らし高齢者緊急通報システムにおけるGPS機能付携帯電話導入と今後の台数拡大考え、きづきネットワーク事業における協力事業所拡大考え未熟児養育医療給付事業概要市民周知方法待機児童対策事業必要性

恵庭市議会 2013-02-28 02月28日-02号

このことから、難病患者への対応につきましては、現在、認定調査相談体制など、内部で調整を図っているところであります。 さらに、市においては、難病患者を把握することが困難であることから、市民周知等も含め、保健所など北海道との連携を図りながら、円滑な事業実施に努めてまいりたいと考えております。 ○鷹羽茂議長 経済部長

北広島市議会 2013-02-25 02月25日-01号

現在、同条例対象である難病患者障害者自立支援法改正に伴い、同法の規定に基づく障がい者に位置付けられ、各種サービスの適用を受けることになることから、本条例を廃止するものであります。 以上で、提案理由の説明を終わらせていただきます。よろしくご審議のほどお願い申し上げます。 ○議長中川昌憲) 質疑を行います。 (「質疑なし」と呼ぶものあり) ○議長中川昌憲) 質疑なしと認めます。

石狩市議会 2012-06-19 06月19日-一般質問-02号

現在まで、計画停電に関する詳細な情報については確認されておりませんが、万が一を想定しますと市といたしましても訪問看護居宅介護介護保険サービス事業所保健所との連携など、在宅難病患者利用者の把握と情報の提供のほか、備えとしての予備バッテリーや長時間稼働可能な外部電源の確保に向けた周知啓発など、適時、安全対策に努めていかなければならないと考えているところでございます。 私からは以上です。