5件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

札幌市議会 2001-03-26 平成13年第二部予算特別委員会−03月26日-09号

調査といたしましては,五つの浄水場原水及び浄水につきましては3カ月ごとに,水源河川水につきましては,渇水期の7月と1月を対象にいたしまして,イオンとともに,非イオン界面活性剤濃度を測定してきているわけでございます。これまでの調査結果では,水源及び浄水場原水及び浄水のいずれにおきましても,イオンはもとより,非イオンにつきましても,検出はされておりません。  

札幌市議会 1998-10-21 平成10年第二部決算特別委員会−10月21日-08号

また,人の健康の影響につきましては,本年9月に,界面活性剤水道水源水域及び利水過程における挙動と適正管理に関する検討委員会,ちょっと長うございますが,こういう委員会を設置いたしまして,各種界面活性剤,これは,非イオンばかりでなく,イオンも含めまして界面活性剤すべてでございますが,各種類の界面活性剤につきまして検討することになっておりまして,この中には,水質管理目標の設定なども含まれるというふうに

札幌市議会 1998-03-23 平成10年第二部予算特別委員会−03月23日-09号

そこで,合成洗剤で使われておりましたイオン界面活性剤ですが,これは結構古くから問題になりまして,水道水水質基準調査項目に入りました。ということから,イオン系の合成洗剤というのは生産量がぐっと減りました。ところが,それを超すような形で,非イオン界面活性剤入り合成洗剤生産がふえております。  

札幌市議会 1997-03-24 平成 9年第一部予算特別委員会−03月24日-10号

また,石けんは今までイオン系の界面活性剤が主流だったのですけれども,最近は非イオン系界面活性剤が多くなっております。厚生省では水道法の中で,イオン系界面活性剤については0.2ppmの基準値を設定しておりますけれども,この非イオン系界面活性剤についてはどうなっているのか,お伺いしたいと思います。 ◎鈴木 管渠担当部長  私から,まず浸透式下水道の取り組みについてご説明申し上げます。  

  • 1