95件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

札幌市議会 2020-06-18 令和 2年大都市税財政制度・災害対策調査特別委員会−06月18日-記録

1といたしまして、国土強靱化へ向けた着実な施策の実施財政支援、次に、24ページに参りまして、2といたしまして、地震被害を受けた宅地復旧及び防災対策への支援、次に、25ページに参りまして、3として、学校施設整備に係る国庫補助拡充及び財源確保、次に、26ページに参りまして、4といたしまして、下水道施設老朽化対策に係る国費支援の着実な実施、次に、27ページに参りまして、5といたしまして、経費

石狩市議会 2019-03-22 03月22日-委員長報告、質疑、討論、採決-04号

歳出につきましては、土木費において、経費増加に対応するため、道路橋りょう維持費に1億9,000万円を計上するものであります。 歳入につきましては、市税に7,400万円を、繰越金に7,181万9,000円を、市債に4,418万1,000円を計上しようとするものであります。 また、地方債補正として臨時財政対策債限度額を変更しようとするものであります。 よろしく御審議を賜りたいと存じます。

稚内市議会 2019-02-28 02月28日-01号

まず、道路整備につきましては、市内幹線道路路面調査橋梁長寿命化対策を行うとともに、春先の融雪対策などに必要な経費などを計上していきます。 次に、公園及び街路整備事業といたしましては、みどり公園整備に要する経費や緑・富岡環状通街路整備に要する経費などを計上しています。 住宅関係におきましては、既存の市営住宅維持管理に要する経費を初め、空き家対策に要する経費などを計上しています。 

札幌市議会 2018-06-11 平成30年大都市税財政制度・人口減少対策調査特別委員会−06月11日-記録

札幌市は、言うまでもなく積雪寒冷地であり、なおかつ、大都市であるといった地域事情を抱えまして、経費や北海道から移譲されている事務に係る経費など多額の財源が必要となります。これらにつきましては、この後でご審議いただきます札幌重点要望交付税算定に関する意見の申し出制度、あるいは、特別交付税に関する要望などにおいて、特殊な事情への配慮の必要性を訴えているところでございます。

石狩市議会 2018-03-23 03月23日-委員長報告、質疑、討論、採決-04号

歳出につきましては、農林水産業費では、担い手確保経営強化支援事業費に5,506万円を、土木費では、経費増加に対応するため、道路橋りょう維持費に1億2,000万円を計上しようとするものであります。 歳入につきましては、市税に5,000万円を、地方消費税交付金に6,000万円を、道支出金に5,506万円を、繰越金に1,000万円を計上しようとするものであります。 

稚内市議会 2018-02-28 02月28日-01号

まず、道路整備につきましては、副港通道路整備を初めとする生活道路整備を行うとともに、橋梁長寿命化整備費や春先の融雪対策などに必要な経費などを計上しています。 次に、公園及び街路整備事業といたしましては、稚内公園や街区公園整備を初め、みどり公園整備に要する経費や緑・富岡環状通街路整備に要する経費などを計上しています。 

石狩市議会 2017-12-06 12月06日-一般質問-02号

一方、歳出につきましては、社会保障費状況経費の動向など、今後もさまざまな財政収支変動要素が想定されることから、現段階において具体的な収支見込みをお示しできる状況にはございませんが、一定程度繰越金確保に努めてまいりたいと考えております。 私からは、以上であります。 ○議長(日下部勝義) 6番長原議員。 ◆6番(長原徳治) それぞれご答弁いただきましたが1点だけお尋ねします。 

札幌市議会 2017-06-12 平成29年大都市税財政制度・人口減少対策調査特別委員会−06月12日-記録

そこで、1として、学校施設整備に係る国庫補助拡充及び財源確保、2として、下水道管老朽化対策に係る支援拡充、3として、経費に係る地方交付税措置拡充要望いたします。  なお、ただいま申し上げました項目のうち、2項目めにつきましては、インフラ施設維持更新を円滑に進めていくため、今回新たに要望するものでございます。  

石狩市議会 2017-03-24 03月24日-委員長報告、質疑、討論、採決-04号

歳出につきましては、商工費では、番屋の宿の損害賠償請求事件に関する経費に2,069万3,000円を計上し、土木費では、少雪により経費を5,000万円減額するとともに、道路の補修、整備を速やかに行うため、少雪道路劣化対策事業に1,000万円を、道路橋りょう新設改良事業に4,000万円をそれぞれ計上するものであります。 なお、土木費全体では額の増減が生じないところであります。 

札幌市議会 2016-10-31 平成28年第 3回定例会−10月31日-06号

財政運営について、全国的な災害の多発により、経費に対する特別交付税措置見通しが立たないなどの要素が散見される中、今後どのように行っていくのか。国の要請により整備される財務書類について、導入に伴い、資産価値のより正確な把握等が期待されることから、将来の施設更新必要額の推計などへの活用を検討すべきだが、どのように考えているのか。

札幌市議会 2016-10-07 平成28年第一部決算特別委員会−10月07日-02号

続きまして、経費に対する特別交付税措置についてお伺いいたします。  本市財政力指数は、他政令市との比較で余り高くないとの答弁がありましたが、そのような中でも、市民生活に直結する財政需要には適切に対応する必要があります。本市は、積雪寒冷地の都市であり、除排雪にかかわる財政需要は言うまでもなく大きく、経費に対しては地方交付税による財政措置がなされています。

札幌市議会 2016-06-09 平成28年大都市税財政制度・人口減少対策調査特別委員会−06月09日-記録

そこで、1として国土強靱化地域計画に基づく取り組みに対する支援拡充を、2として庁舎の改築に係る費用に対する支援制度の創設について、3として学校施設整備に係る国庫補助拡充及び財源確保について、4として緊急防災減災事業債の期限の延長について、5として経費に係る地方交付税措置拡充について要望するものでございます。  

稚内市議会 2016-03-03 03月03日-01号

まず、道路整備につきましては、道路ストック整備事業を初めとする生活道路整備を行うとともに、橋梁長寿命化整備費や春先の大雪対策に必要な経費などを計上しております。次に、公園及び街路整備事業費といたしましては、稚内公園や街区公園整備を初め、幹線道路である緑・富岡環状通街路拡幅改良工事に要する経費や、カーリング場や多機能体育施設を含めた、みどり公園拡大整備に要する経費を計上しております。

札幌市議会 2015-06-24 平成27年(常任)総務委員会−06月24日-記録

そこで、1番目として、経費に係る地方交付税措置拡充について、2番目として、交付金事業における早期発注制度について要望するものでございます。  おめくりいただきまして、3番目の大きなテーマは、低炭素社会エネルギー転換を掲げております。  グラフがありますが、これは部門別CO2排出量をあらわしております。

石狩市議会 2015-03-10 03月10日-一般質問-03号

財政部長・(兼)会計管理者大塚隆宣) 最後に、平成26年度決算見込みと、4指標見通しについてでございますが、次年度への繰越財源につきましては、現在ところ、特別交付税額などの歳入経費扶助費歳出額など不確定要素が多く、正確な決算額を見積ることができる状況にはございませんが、おおむね3億円程度確保ができるというふうに想定をしてございます。