228件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

札幌市議会 2019-10-24 令和 元年大都市税財政制度・災害対策調査特別委員会−10月24日-記録

具体的には、地域自主防災組織に対する消防団員による防災指導の充実や、自主防災組織が行う防災訓練、研修会の実施を支援するなど、自助、共助の防災力強化に取り組む考えでございます。 ◆森山由美子 委員  近年、地震のほかにも、想定外の台風による河川の被害等、思いもよらぬ災害が頻発している中、人と人とのつながりの力である地域コミュニティーの力は今後ますます重要になってくると思われます。

札幌市議会 2019-07-03 令和 元年大都市税財政制度・災害対策調査特別委員会−07月03日-記録

そこで、一つ目の質問は、今回の北海道胆振東部地震の教訓から、今後の防災訓練や研修についてどのように改善、拡充を図っていくのか、改めてお伺いさせていただきます。 ◎中出 危機管理対策部長  今後の訓練、研修の改善、拡充についてのご質問でございます。  北海道胆振東部地震検証結果を踏まえて、防災に関する訓練、研修の全般について見直しを図っていく必要があると認識しております。

帯広市議会 2019-03-14 03月28日-08号

次に防災に関し、再生可能エネルギーの活用や十分な発電容量を備えた発電機の配備など指定避難所等の電力確保に取り組む考え、プラグインハイブリッド車の活用方法と増車に向けた考え方、あらゆる災害に対応できる備蓄倉庫の早期整備に取り組む考え、専門職育成など災害経験の継承を行う考え、防災訓練やタイムラインにハザードマップの更新内容を反映させる考え、ブラックアウトの経験をBCPに反映させる考えなど。

音更町議会 2019-03-12 平成31年度予算審査特別委員会(第2号) 本文 2019-03-12

まずそのほかに2点目、防災マスターとのつながりですけれども、今いろいろ十勝防災マスターという形で防災訓練なりいろんなことでお手伝いいただいてございます。当然この後も新しく防災マスターになられた方、また防災士の方につきましても連携をとった中で、町内で進めていける方法があれば、町内でのそういう組織を立ち上げていければと考えてございます。  

札幌市議会 2019-03-04 平成31年第二部予算特別委員会−03月04日-05号

昨年11月に静岡市におきまして全国地震等緊急時訓練、そして、ことしの1月には首都圏で大都市水道合同防災訓練といった全国規模の訓練に水道局も参加いたしまして、その支援と受け入れのノウハウを蓄積してきたところです。  そして、来年度は、災害協定を結んでいる仙台市川崎市、そして道内の主要な水道事業体を一堂に集めて、札幌において大規模な支援とその受け入れを想定した訓練を実施する予定でございます。

札幌市議会 2019-02-25 平成31年第二部予算特別委員会−02月25日-02号

名簿提供団体に対しては、毎年、新たな名簿を提供しておりますが、その際に、各団体からこの取り組みを進めるに当たっての困り事などを聞き取っておりまして、その内容に応じて研修の実施あるいは防災訓練の際の講師派遣などの支援を行っております。  一方、今後の取り組みとしては、名簿提供団体における要配慮者への避難支援の取り組みの現状と課題を改めて確認するために、今後、アンケート調査を行う予定でございます。

音更町議会 2018-12-12 平成30年第4回定例会(第2号) 本文 2018-12-12

そして、部長の答弁にありましたように、今後連携して防災訓練もやるということでございますので、それもぜひやっていただきたいというふうに思っております。  やはり災害ボランティアセンターとの連携を含め、初動の混乱を少なくするためには、迅速な災害対策本部の立ち上げ、これが必要になってきます。

札幌市議会 2018-10-12 平成30年第二部決算特別委員会−10月12日-03号

◎富樫 総務部長  福祉避難スペースの充実のための取り組みについてでございますが、今後は、福祉避難スペースにつきまして、ほかの都市などの事例も参考にしながら、委員からご指摘のあったように、どのように設営するか具体的な事例を示して職員向け研修をしっかり行ったり、あるいは、防災訓練時に福祉避難スペースを実際に設営するといった訓練を加えるなど、要配慮者の状況に応じた適切な避難所運営を行えるように努めてまいりたいと

札幌市議会 2018-10-02 平成30年第 3回定例会−10月02日-03号

消防団は、災害時の活動はもとより、平常時におきましても、地域での応急手当てや防災訓練指導を行うなど、地域防災において指導的な役割を担っていると認識しております。  今後は、震災で得られた教訓を生かしていけるよう、消防団員個々の防災知識の向上や地域住民に対する指導力の強化を図り、積極的に防災意識の普及啓発に取り組んでまいりたいと考えております。  

帯広市議会 2018-09-24 10月04日-06号

初めに、議案第85号平成30年度帯広市一般会計歳入歳出決算認定中、総務費では、まず防災に関し、災害時要援護者に対する支援体制の充実と防災訓練参加者の声を避難所運営に生かす考え、高齢化等が進む町内会の現状を踏まえ、今後の自主防災組織のあり方を検討する考え、被災者支援システムの操作訓練回数をふやす考え、災害の教訓を生かした災害備蓄品の拡充と災害の初動対応に必要な経費を当初予算に計上する考えなど、このほか

音更町議会 2018-09-18 平成30年第3回定例会(第3号) 本文 2018-09-18

また、26年度には、宝来・ひびき野地区防災訓練実行委員会による避難訓練及び救助訓練、避難所での宿泊訓練が実施され、町職員参加しております。  さらに、28年から自主防災組織や一般町民を対象に、学校体育館において冬季避難所宿泊体験訓練を実施しており、避難者の受け入れを初め、資機材の搬入、設置などの避難所開設準備や、アルファ化米による炊き出し訓練などを実施しているところです。  

札幌市議会 2018-03-29 平成30年第 1回定例会−03月29日-06号

災害対応能力の強化の視点から、総合防災訓練などにおいて、水防演習の成果を取り入れ、大勢の市民参加や、繰り返し体験できる機会を設け、より効果的な訓練が実施されることを求めます。  次に、総務局です。  フェアトレードタウンの認定に向けては、推進活動をしているフェアトレードタウンさっぽろ戦略会議などの皆様と連携を深め、基準クリアに向けた取り組みをするよう要望します。  

札幌市議会 2018-03-27 平成30年第一部予算特別委員会−03月27日-10号

ぜひとも、総合防災訓練などにおきまして水防演習の成果を取り入れ、大勢の市民参加し、繰り返し体験できる機会を設け、より効果的な訓練が実施されますことを求めます。  次に、教育委員会です。  まず、給食費の公会計化は、教育現場の負担軽減を図るだけでなく、費用と支出について保護者市民から見たときに透明性が向上するとともに、働き方改革の一つとも言えます。

札幌市議会 2018-03-19 平成30年第一部予算特別委員会−03月19日-07号

3月8日にはチ・カ・ホ防災訓練において実証実験を行ったということでございまして、また、来年度が3年間の実証実験の最終年度ということもあり、今回も質問させていただきます。  まず、最初の質問でございますが、3月8日の防災訓練において、ICTがどのようにかかわったのか、また、その結果についてお伺いいたします。