67件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

札幌市議会 2020-10-30 令和 2年第一部決算特別委員会−10月30日-09号

理由の第3は、マイナンバー関連6,804万円、ICT活用戦略推進事業費6,773万円が含まれているからです。  これらは、市民個人情報流出可能性とその悪用が懸念されるものであり、その対策のため、今後も際限なく税金を投入することになるため、反対です。  理由の第4は、丘珠空港関連調整費3億1,614万円があるからです。  

北広島市議会 2020-09-01 09月18日-03号

その中で、誘致支援策に要するボールパーク関連インフラ整備関連は約134億円、それに請願駅の新駅にJR試算では80億円から90億円とされ、現時点の推計では214から224億円が予定され、今年度は31億円の関連予算計上されているところであります。今後の財政状況を心配する市民の声があります。幾度も質問してきましたが、可能な限り財政推計を示し、市民安心感理解を得る必要があると考えます。

旭川市議会 2020-06-25 06月25日-05号

そのため、人口減少・超高齢化に伴う社会保障関連を始め、新型コロナウイルス感染症に係る継続的な対策を必要とする地方財政需要に対応するためには、更なる地方財政充実強化が必要である。 よって、政府においては、2020年度補正予算及び2021年度政府予算の編成に当たって、次の事項を実現するよう要望する。

札幌市議会 2020-06-10 令和 2年第 2回定例会−06月10日-06号

また、放課後児童クラブ運営関連9,100万円は、放課後児童クラブを利用しなかった世帯へ返還するための経費として、国が単価とする日割り利用料の1人当たり1日500円を補助するものとしています。民間学童保育所利用料運営団体によってまちまちで、月1万5,000円程度の場合、1日500円では不足が生じます。こうしたところへ柔軟に対応し、きめ細かく支援が行き渡るよう併せて求めます。  

札幌市議会 2020-06-08 令和 2年(常任)文教委員会−06月08日-記録

初めに、議案第1号 令和年度札幌一般会計補正予算中(第3号)関係分のうち、放課後児童クラブ運営関連について伺います。  新型コロナウイルス感染拡大に伴う小学校の休業期間延長により、放課後児童クラブを午前中から開所するための経費補助についてですが、補正額9,100万円は、札幌児童育成会運営補助金児童会館運営管理費ミニ児童会館運営管理費合計とのことです。  

札幌市議会 2020-03-30 令和 2年第 1回定例会−03月30日-06号

理由の第2は、情報漏えいを回避できないマイナンバー関連、ICT活用戦略推進関連等の予算が組まれているからです。  マイナンバーカードの制度は、所得や資産、税や社会保障給付などの個人データ政府が一括して把握し、社会保障給付の削減を進め、国民監視を強めるのが狙いであり、これらのものに反対です。  

札幌市議会 2019-12-05 令和 元年第 4回定例会−12月05日-03号

しかし、長期見通し内容を見てみますと、長期的には、建設事業増加に伴い、公債費が2019年度の869億円から2033年度には1,108億円と239億円増加社会保障関連では、扶助費も3,207億円から3,459億円と252億円増加し、財政硬直化が懸念され、また、基金残高についても、2019年度末が657億円に対して2033年度は306億円と半減していることから、財政運営上、問題はないのか、いささか

札幌市議会 2019-10-28 令和 元年第 3回定例会−10月28日-07号

議案第1号 札幌市各会計歳入歳出決算認定の件に反対する理由の第1は、市民文化局保健福祉局など、事業マイナンバー関連3億7,354万8,000円が含まれているからです。  マイナンバー制度は、市民個人情報流出を完全に防ぐ手だてはなく、危険です。また、保守管理維持セキュリティー対策などに今後も莫大な費用をかけ続けることになるため、やめるべきです。  

札幌市議会 2019-10-25 令和 元年第一部決算特別委員会−10月25日-09号

議案第1号に反対する理由の第1は、市民文化局保健福祉局などの事業マイナンバー関連3億5,133万9,000円が含まれているからです。  マイナンバー制度は、市民個人情報流出を完全に防ぐ手だてはなく、危険です。また、保守管理維持セキュリティー対策などに今後も莫大な費用をかけ続けることになるため、やめるべきです。  

札幌市議会 2019-06-03 令和 元年(常任)総務委員会−06月03日-記録

続いて、3の地域防災計画策定修正関連でございます。こちらは、地域防災計画、さらには各種マニュアル修正、これらに加えまして、洪水土砂災害等各種ハザードマップといったものの発行を行ってございます。  続きまして、4の地区防災計画モデル地区事業費でございます。こちらは、地区防災計画作成支援等を行うものでございまして、今年度は新たに三つのモデル地区を選定しております。

旭川市議会 2019-03-06 03月06日-06号

主な一般財源の総額は、予算ベースでの変化は、今、聞いた中では少ないようですが、社会保障関連の伸びを換算するとどれくらいの影響があると見ることができるのか、概算でも結構ですのでお示しいただきたいと思います。 先ほどの答弁があったように、決算ベースでは、2017年度までに15億円の財源が減少しているということでした。

札幌市議会 2019-03-06 平成31年第 1回定例会−03月06日-06号

理由の第4は、マイナンバー関連6億1,463万6,000円の予算が組まれているからです。  マイナンバー制度は、国家による国民監視個人情報漏えいの危険が伴います。また、その対策のためのセキュリティー強化に必要なシステム改修際限なく税金を投入することになります。マイナンバー制度は、今からでも中止すべきです。  

札幌市議会 2019-03-05 平成31年第一部予算特別委員会−03月05日-06号

理由の第3は、マイナンバー関連1億344万5,000円の予算が含まれているからです。  マイナンバー制度は、個人情報漏えいの危険、その対策のためのセキュリティー強化に必要なシステム改修際限なく税金を投入することになるからです。マイナンバー制度は今からでも中止すべきであり、認められません。  理由の第4は、丘珠空港利活用検討費2,040万3,000円が含まれているからです。  

札幌市議会 2018-05-16 平成30年(常任)総務委員会-05月16日-記録

次に、③地域防災計画策定修正関連でございますが、地域防災計画及び水防計画の見直しに係る調査検討実施、さらには、洪水及び土砂災害等各種ハザードマップ発行を行うものでございます。  続きまして、④地区防災計画モデル地区事業費でございますが、昨年度計画を策定いたしました2地区の継続的なフォローとあわせまして、新たに五つのモデル地区を選定いたしまして計画作成支援を行うものでございます。  

札幌市議会 2018-03-29 平成30年第 1回定例会−03月29日-06号

理由の第3は、ICT活用戦略推進関連1億5,900万円が含まれているからです。  本市が国内外の活力を取り込むとして、官民共同市民からの多様なデータを収集し、提供することは、情報処理技術が急速に進歩している現代において、個人情報漏えいを否定できません。本市によって、知らないうちに自分の行動がデータ化されることに不快感を持つ市民も少なくなく、この事業には反対です。