242件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

札幌市議会 2018-10-02 平成30年第 3回定例会−10月02日-03号

また、固定資産税に関しまして、都市計画を合わせた決算額は1,347億円となり、前年度を21億円上回りました。これは、家屋の新増築や設備投資がふえていることによる税収の伸びと認識していますが、この中には都心を中心とした民間再開発の効果もあるのではないかと考えているところです。  これら市税収入の増については、景気の動向や国の経済政策、さらには、本市が取り組む各種の施策が貢献していると考えられます。

石狩市議会 2018-07-11 07月11日-議案説明、質疑-01号

石狩湾新港地域は市税の安定的な確保に寄与しており、法人市民税、固定資産税都市計画の主要3税において40パーセントを占めています。 この地域の核となる石狩湾新港は、北海道日本海側を支える拠点的な港湾として、取扱貨物量も順調に増加しております。 一昨年には、国土交通省より全国第1号の農水産物輸出促進計画の認定を受け、昨秋には、北海道米36トンが中国輸出されました。 

札幌市議会 2018-05-29 平成30年(常任)財政市民委員会−05月29日-記録

これは、障がいの有無にかかわらず、文化芸術活動やその鑑賞のできる環境を醸成するという観点から、バリアフリー改修を行った劇場等に対しまして、最初の2年間、固定資産税都市計画を3分の1減額する措置を設けようというものでございます。  続きまして、5点目の市たばこ税に関する改正でございます。  資料には記載しておりませんが、たばこ税には、国税、道府県税、市町村税がございます。

札幌市議会 2018-04-03 平成30年第 1回臨時会−04月03日-01号

これは、地方税法等の一部改正に伴うものでありまして、固定資産税及び都市計画について、平成30年度の固定資産の評価替えに伴い、現行の土地に係る負担調整措置を平成32年度まで3年間延長するとともに、据え置き年度である平成31年度及び平成32年度において、簡易な方法により価格の下落修正ができる現行の特例措置を継続するほか、所要の改正を行うものであります。  

札幌市議会 2018-03-15 平成30年(常任)総務委員会−03月15日-記録

そこで、質問ですけれども、北広島市が打ち出している財政支援として、固定資産税都市計画については10年間を基本免除することを表明していますが、札幌市がファイターズに提案した財政支援の趣旨についてお伺いいたします。 ◎芝井 政策企画部長  ファイターズに提案した財政支援の趣旨についてお答えいたします。  

札幌市議会 2017-12-11 平成29年(常任)財政市民委員会−12月11日-記録

これは、土地固定資産税都市計画につきまして、税の軽減措置であります住宅用地特例というものを適用すべきであったにもかかわらず、適用していなかったとして訴訟を提起されておりましたところ、このたび、裁判所からの提案を受けて和解しようとするものでございます。  物件は、白石区にございます原告所有の賃貸ビルの駐車場敷地でございます。

札幌市議会 2017-12-06 平成29年第 4回定例会−12月06日-03号

今後、財政力を高め、自立的な財政運営を図るためには、企業活動をより活発化する施策を力強く推進し、法人市民税の増加はもとより、個人市民税や固定資産税都市計画などの税源を涵養することが重要であります。  平成29年度上期の札幌市企業経営動向調査によると、札幌市内の景況感は、平成28年度上期以降、3期連続で上昇しております。

石狩市議会 2017-09-22 09月22日-委員長報告、質疑、討論、採決-04号

29年  9月定例会(第3回)     平成29年第3回石狩市議会定例会会議録(第4号)                   平成29年9月22日(金曜日)午前10時00分開議─────────────────────────────────────────────── ◎議事日程 日程第 1 会議録署名議員の指名 日程第 2 行政報告 日程第 3 議案第4号 石狩市税条例及び       石狩市都市計画

札幌市議会 2017-05-30 平成29年第 2回定例会−05月30日-01号

次に、固定資産税及び都市計画について、災害に関する税制上の措置を行うほか、企業主導型保育事業や事業所内保育事業等の用に供する固定資産に係る固定資産税及び都市計画の特例措置について、このたび、特例割合を条例で定めることのできるわがまち特例の対象とされたことから、当該特例割合を定めるための改正等を行うものであります。  

音更町議会 2017-05-24 平成29年度予算審査特別委員会(第2号) 本文 2017-05-24

僕、何を言いたいかというと、音更町のすばらしさを町外の方に発信するときに、子育て世代の方だと、本町は第2子の保育料は半額だし、第3子からはただなんだよという話をしたりですとか、例えば住宅を建てたい人については、本町都市計画はあるけれども都市計画はないんだよというようなことで音更町のPRを陰ながらさせていただいておったんですけれども、そのあたりの差別化ができるかどうかなと思っていたんです。  

札幌市議会 2017-03-08 平成29年第一部予算特別委員会−03月08日-02号

平成29年度におきましても、このような市民所得の向上に向けて、まずは市民雇用の受け皿を充実させ、その所得を高めていくために、産業育成企業誘致といった取り組みを強力に進めていくほか、さらには、都心部及びその周辺における再開発事業による民間投資の誘発を推進していくことにより、固定資産税都市計画等を含めて総合的に税源を涵養するとともに、あわせて、収納率向上の取り組み等により自主財源の確保を図ってまいりたいと

札幌市議会 2016-04-04 平成28年(常任)財政市民委員会−04月04日-記録

次に、固定資産税及び都市計画についてでありますが、1点目は、一定の再生可能エネルギー発電設備に係る固定資産税の課税標準の特例措置について、その特例割合を規定するとともに、適用期限を2年延長することとしております。  2点目は、新築住宅耐震改修、バリアフリー改修、省エネ改修を行った住宅に係る固定資産税の減額措置について、その適用期限を2年延長するなどの改正を行うこととしております。  

札幌市議会 2015-09-17 平成27年第 3回定例会−09月17日-01号

次に、固定資産税及び都市計画についてでありますが、都市再生特別措置法に基づく認定事業者が取得した一定の公共施設等に係る課税標準の特例措置及び新築のサービスつき高齢者向け賃貸住宅に係る固定資産税の減額措置の割合をそれぞれ定めるものであります。  次に、軽自動車税についてであります。