76件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

札幌市議会 2019-11-05 令和 元年(常任)建設委員会−11月05日-記録

そして、策定におきましては、その下の現状と課題に記載のとおり、人口減少社会の到来や都市公園の改正を初めとする社会情勢の変化、まちづくり戦略ビジョンなどの札幌のまちづくりの方向性、公園地域的な偏りや老朽化の進展、ボランティアの高齢化など、緑が有する現状と課題などを踏まえ、その右の重視すべき視点を定めました。  

札幌市議会 2019-06-27 令和 元年第二部議案審査特別委員会−06月27日-03号

都市公園の改正により、公募設置管理制度、いわゆるPark−PFIが創設されました。この制度は、法改正の目玉事業の一つであり、全国で展開されているところです。本市でも、制度を活用して新規事業を行う意向と聞いております。  これまでも議会で多くのやりとりがなされていますが、改めて、民間事業者の参入を促すこの制度の特例措置について、その特徴を伺います。

札幌市議会 2019-02-27 平成31年第二部予算特別委員会−02月27日-03号

こうした動きもあり、平成29年、国は都市公園を改正し、民間活力による新たな公園整備、管理運営手法として、公募設置管理制度、いわゆるPark−PFIを創設したところであります。これにより、民間事業者が公園内で飲食店などを運営する際の許可期間が延伸されるなど、民間事業者がこれまでよりも長期的視点で投資、経営することが可能となりました。

札幌市議会 2018-10-10 平成30年第二部決算特別委員会−10月10日-02号

現在、都市公園の中で、公園樹木の調査を法定点検という形で位置づけられたところでございますので、今後は、法定点検の中で調査していく、あるいは、地域の方々からお話をいただく、そういうことを含めて、きちっと状況を確認した上で、対応すべきものについては対応していきたいと考えております。

札幌市議会 2018-03-27 平成30年第一部予算特別委員会−03月27日-10号

しかし、その後、5月に国会都市公園の改正が行われると、10月に球団側から本市に真駒内で検討したいと打診があり、真駒内案が再浮上しました。  11月、市長は、記者会見で、2026年札幌オリンピック・パラリンピックの候補地とされていた真駒内スピードスケート競技会場は帯広へと発表しました。

札幌市議会 2018-03-07 平成30年第二部予算特別委員会−03月07日-02号

議案第28号は、都市公園及び都市公園施行令の一部改正に伴い、公募対象公園施設の設置にかかわる建築面積基準の特例及び運動施設の設置基準について、これらの法令と同様の基準を定めるものだと説明されておりますが、法改正によってPark−PFI、公募設置管理制度が新たに創設されました。

札幌市議会 2017-10-31 平成29年第 3回定例会−10月31日-06号

次に、緑の保全にかかわる都市公園改正への取り組みについては、本市のみどりの基本計画の次期改定に向け、Park−PFIなど法の改正内容を生かし、これまでの公園のあり方やまちづくりの先入観にとらわれず、市民に愛され、費用対効果にすぐれた都市公園づくりに努めるよう期待するところであります。  

札幌市議会 2017-10-27 平成29年第二部決算特別委員会−10月27日-09号

次に、緑の保全にかかわる都市公園改正への取り組みにつきましては、本市のみどりの基本計画の次期改定に向け、Park−PFIなど法の改正内容を生かして、これまでの公園のあり方やまちづくりの先入観にとらわれず、市民に愛され、費用対効果にすぐれた都市公園づくりに努めるよう期待するところであります。  

札幌市議会 2017-10-06 平成29年第二部決算特別委員会−10月06日-02号

そういう中で、ことし5月公布、来年4月施行予定の都市公園の改正によって、初めて公園安全に管理するための管理基準について記載され、公園施設の点検を行うことを明記しております。  そこで、初めの質問ですが、今回の公園施設の管理基準にかかわる法改正の概要について、また、現在どのように公園施設の点検を行っているのか、お伺いいたします。

北斗市議会 2016-09-16 09月16日-委員長報告・質疑・討論・採決-03号

本件は、総合運動公園を拡充し、新たにサッカー兼ラグビー場を整備する添山地内の土地について私権制限し、農地転用適確事業及び収用適確事業に該当させるため、都市公園第33条第1項の規定に基づき、都市公園を設置すべき区域を定めることについて、同条第5項の規定により、議会議決を得ようとするものであります。