1630件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

音更町議会 2019-12-17 令和元年第4回定例会(第4号) 本文 2019-12-17

今後の人口動態を考えたとき、人口減少の進行に伴って、将来には財政規模はおのずと縮小傾向になるものと思われ、それに伴って職員数も減員となることが想定されます。そうした状況において、地方公務員は比較的終身雇用の傾向が強いことを考え合わせると、当面は現在の職員数を維持していく必要があるものと思っております。総体で286名としている定数は、上限を定めたものと考えております。  

音更町議会 2019-12-16 令和元年第4回定例会(第3号) 本文 2019-12-16

はじめに、スマート農業を発展させるための施策についてでありますが、本年の第2回定例会の一般質問で御答弁しておりますが、農業従事者の減少や高齢化の進行により、労働力不足が大きな問題となっていることから、農作業の省力化、労働生産性の向上を図るためにもスマート農業の推進は極めて重要な取り組みと捉えております。  

札幌市議会 2019-12-12 令和 元年総合交通政策調査特別委員会−12月12日-記録

このような地域においては、人口減少が進行する地域もある中で、運転手不足などバス事業者の課題に鑑み、これまでと同様な利便性が今後も確保できるのか、不安に思っている市民も多いと考えられます。そして、高齢化によりまして、運転免許返納などの課題もあり、交通の不便はさらに次なる人口減少を呼ぶ可能性もあり、まちの維持に危機的な状況も想像できるところです。  そこで、最後の質問です。  

札幌市議会 2019-12-09 令和 元年(常任)総務委員会−12月09日-記録

さきの決算特別委員会において、我が会派中村委員から、北海道全体の人口減少が進行している観点から、道内市町村との連携について質問し、札幌市の担当職員が道内市町村を直接訪問して、意見交換や、札幌市内で活用できるオープンスペース、イベント機会等を紹介した「札幌☆取扱説明書」、通称トリセツの作成、配付をしているとの答弁がありました。  

札幌市議会 2019-11-28 令和 元年(常任)厚生委員会−11月28日-記録

最後に、第6章 推進体制と進行管理では、本計画の推進状況を評価する際の目安となります8項目の指標を設定し、安全・安心な食のまち・さっぽろの実現に向けて、令和2年度からの5年間、各種施策を着実に実施してまいりたいと考えております。 ○太田秀子 委員長  それでは、質疑を行います。 ◆こじまゆみ 委員  私から、第2次安全・安心な食のまち・さっぽろ推進計画案について、数点質問させていただきます。  

札幌市議会 2019-10-28 令和 元年第 3回定例会−10月28日-07号

生活道路の除雪について、超高齢社会のさらなる進行や担い手の減少など社会環境の変化を見据えると、将来的には新たな方法にかじを切っていく必要があると考えるが、どう検討を進めていくのか。冬期間の消火活動により生じる生活道路のざくざく路面について、安心・安全市民生活を確保するためにも、消防局と連携を図り、スピード感を持って対応すべきと考えるが、どうか。

札幌市議会 2019-10-25 令和 元年(常任)総務委員会−10月25日-記録

アクションプランにつきましては、まちづくり戦略ビジョンの実施計画でありますことから、そのビジョンで設定した成果指標を用いて進行管理を行うこととしております。今回の計画案の策定におきましては、数値そのものではなくて、達成状況などを検証した上で目標値を改めて設定しているところであります。  

札幌市議会 2019-10-25 令和 元年第二部決算特別委員会−10月25日-09号

また、近年の台風や局地的な大雨による浸水被害が増加している河川整備において、東米里地区の北白石川等の導水河川の整備は、もともと低地な上、地盤沈下進行しており、浸水被害が解消されていない状況にあるため、7線幹道排水等の負担の重い排水路の流量軽減を図るなど抜本的な対策を考えるとともに、緊急時の体制を事前に整備し、国や道と連携しながら、この地区における浸水対策に一体となって取り組むべきと強く指摘します。

札幌市議会 2019-10-23 令和 元年第一部決算特別委員会−10月23日-08号

それから、アセスメントシートのご質問もございましたが、在宅アセスメントシートについても、同じように、要対協において個別・具体的に行う会議の場面で、進行管理の主担当をどこにするのかということなどを検討するために使うようにして取り組んでいるところでございます。 ◆伴良隆 委員  関係機関同士のガイドラインについてはどうですか。

札幌市議会 2019-10-07 令和 元年第二部決算特別委員会−10月07日-03号

その方は、発病して進行していくと自宅に引きこもりがちになりました。しかし、病気になる前から映画やコンサートが好きだったので、私は、友人たちとともに何度も誘い、また、一緒に行きました。その方は、今ではみずから積極的に映画やコンサートにも出向くようになり、SNSを通じて共通の話題を持つ知り合いもふえ、日々、張り合いを持って暮らしております。  

札幌市議会 2019-10-07 令和 元年第一部決算特別委員会−10月07日-03号

昨年2月1日から、症状が急速に進行する心臓疾患を治療する病院と、救命救急センターなど計23施設協力により運用を開始しました。現在は、新たに1施設を加え、計24施設協力により運用されていると聞いております。この画像伝送機能は、救急隊と病院内の医療スタッフが画像を共有できることから、消防医療の連携強化に有効システムと考えております。  

札幌市議会 2019-09-30 令和 元年(常任)文教委員会−09月30日-記録

さらに、子どもから見た子どもに優しいまちの発表を子どもたち自身が行うことに加え、当日の進行を含む事業の企画・運営を行うなど、条例の趣旨を踏まえ、子どもの主体的な参加や意見表明を体現できる記念事業にしたいと考えております。 ◆たけのうち有美 委員  たくさんの子どもたちが10周年記念事業に参加できるよう、また、多くの市民にも広く知ってもらえるよう、しっかりと広報していただきたいと思います。