49件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

札幌市議会 2015-07-17 平成27年第 2回定例会−07月17日-04号

その声を聞きながら、じいちゃんの岸さんから、安倍さんは、安保は大事だよということを子守歌のように聞かされて成長したわけでありますから、それを思うと、私は、前回の選挙で、安倍総裁のもとに、国民が自民党と公明党連立政権に託したということは、やっぱり、ことわざを忘れていたなと。  ここで、私は、皆さんと呼びかけても、これははっきりしているから呼びかけはしません。  

音更町議会 2015-06-16 平成27年第2回定例会(第5号) 本文 2015-06-16

イギリスでは、共通番号制度は、国家国民個人情報を収集するのは人権侵害に当たるとして、2010年に誕生した新連立政権が廃止に向けて検討して、現在この制度停止中というふうに私は確認をしております。一度流出した個人情報というのは決してもとに戻るものではありません。その被害の大きさと深刻さから見ましても町民にとってのデメリットのほうが大きく感じられます。

札幌市議会 2015-03-06 平成27年第二部予算特別委員会−03月06日-06号

自公連立政権は、デフレ脱却を最重要課題と位置づけ、果敢に経済成長に取り組んでおり、平成27年度は、この効果中小企業や家計、市民お一人お一人につなげ、経済回復の実感を地方でも得られるようにするため、私ども公明党では、活気ある温かな地域づくりを目指してと題して、さまざまな提案を行っているところであります。

札幌市議会 2015-02-17 平成27年第 1回定例会−02月17日-03号

自公連立政権は、デフレ脱却を最重要課題と位置づけ、金融緩和、財政出動、成長戦略を3本柱として、果敢に経済成長に取り組んでいるところであります。平成27年度は、この効果中小企業や家計、市民一人一人につなげ、経済回復の実感を地方でも得られるようにすることが最重要課題であり、我が公明党では、「“活気ある温かな地域づくり”をめざして」と題してさまざまな提案を行っているところであります。  

札幌市議会 2014-11-06 平成26年 第3回定例会−11月06日-06号

今回の決算においては、歳入の伸びが見られ、特に市税収入は前年から見ると57億円増と、政権交代後の連立政権が進めている経済施策、いわゆるアベノミクス効果があらわれているところではないかと考えます。また、翌年度への繰り越し財源を除いた実質収支は平成以降最大の56億円ということで、もっと積極的に事業を行ってもよかったのではないかと感じます。

札幌市議会 2014-11-04 平成26年第一部決算特別委員会−11月04日-09号

今回の決算において、歳入の伸びが見られ、特に市税収入は前年度と比べると57億円増と、政権交代後の連立政権が進めている経済施策、いわゆるアベノミクス効果があらわれているのではないかと考えます。また、翌年度への繰り越し財源を除いた実質収支は平成以降最大の56億円ということで、もっと積極的に事業を行ってもよかったのではないかと感じます。

札幌市議会 2014-11-04 平成26年第二部決算特別委員会−11月04日-09号

今回の決算においては、歳入の伸びが見られ、特に市税収入は前年から見ると57億円増と、政権交代後の連立政権が進めている経済施策、いわゆるアベノミクス効果があらわれているところではないかと考えます。また、翌年度への繰り越し財源を除いた実質収支は平成以降最大の56億円ということで、もっと積極的に事業を行ってもよかったのではないかとも感じております。  

札幌市議会 2014-09-30 平成26年 第3回定例会−09月30日-03号

特に、市税収入は前年から57億円と大きく伸びており、政権交代後の連立政権が進めている経済施策、いわゆるアベノミクス効果があらわれているものと考えております。一方、地方交付税に関しては、前年度と比較してマイナス89億円と大幅に下回ったものの、臨時財政対策債発行額との合計では、ほぼ前年並みを確保できた状況となっております。  

札幌市議会 2014-05-27 平成26年(常任)経済委員会−05月27日-記録

現在、自公連立政権下でスタートしましたアベノミクスと言われる経済対策は、非常に効果を発揮してまいりました。景気、経済も確実に上昇している中で、一方、雇用を顧みますと、雇用を取り巻く環境も少しずつ改善傾向に今向かっておりまして、数字を見るとはっきり出ますが、リーマンショック前の水準にまで回復してきている、こう言われております。  

札幌市議会 2014-03-26 平成26年第二部予算特別委員会−03月26日-10号

一昨年12月の連立政権誕生以降、政府が進めている経済施策によって景気に明るさの兆しが見えてきており、防災減災インフラ長寿命化などの公共投資が積極的に行われているところです。総額約5.5兆円に上る国の補正予算におきましても、こうした公共投資が積極的に盛り込まれているほか、我が党が提案した臨時福祉給付金などの生活者の視点に立ったきめ細やかな施策があわせて盛り込まれています。  

札幌市議会 2013-10-16 平成25年第二部決算特別委員会−10月16日-05号

決算議会で審議をしております平成24年度決算の終盤、つまり、平成25年第1回定例会のころには、昨年の総選挙を経て自公連立政権がスタートしておりまして、経済の再生と被災地の復興加速を最優先課題として取り組んできた時期となります。そして、この政権は、昨年夏の3党合意に基づく法律消費税率を8%に引き上げるかどうかの判断を運命づけられた政権でもございました。