83件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

帯広市議会 2049-09-03 09月10日-01号

次に、施策8、農林業振興について、1点目として、経済グローバル化など、さまざまな変化に対応しながら農業振興を図っていくため、地域農業の声を聞きながら、行政としてできる支援をしていく必要があります。 2点目として、農村地域生活の場としても重要であり、引き続き活性化に取り組む必要があります。 

恵庭市議会 2022-12-06 12月06日-05号

そのような中、既に市内の農業においては、インターンシップを活用した短期的な農作業体験を一部導入をしているとこがあります。これらを踏まえると、短期による研修型就労体験も課題であるとともに、インターンシップ等対象とした仕組み、環境づくりが必要と考えております。御所見をお伺いします。 ○伊藤雅暢議長 近藤経済部長

札幌市議会 2019-10-11 令和 元年第二部決算特別委員会−10月11日-05号

アンケートによりますと、農業委員不在地域を生じさせないよう、例えば、地域農業が主体的に応募者を調整していると回答した政令市が1市、それから、農業関係団体等に対して農業委員会推薦等を働きかけているのが3市、それから、募集後に地域性を考慮して委員を選定しているところが3市、選任後に委員を各担当地区へ配置しているのが3市であることがわかりました。  

北見市議会 2019-09-03 09月10日-01号

次に、施策8、農林業振興について、1点目として、経済グローバル化など、さまざまな変化に対応しながら農業振興を図っていくため、地域農業の声を聞きながら、行政としてできる支援をしていく必要があります。 2点目として、農村地域生活の場としても重要であり、引き続き活性化に取り組む必要があります。 

札幌市議会 2019-07-03 令和 元年第二部議案審査特別委員会−07月03日-05号

次に、農業の6次産業化交付金制度の活用についてです。  札幌においても、農業の6次産業化取り組みが進んでおりますが、地域魅力アップ地産地消にもつながり、地域農業振興といった面で意義のあるものと考えております。こうした取り組みは、農業者経営強化にも寄与することから、積極的に6次産業化を進めていただくことを要望いたします。  

札幌市議会 2019-07-01 令和 元年第二部議案審査特別委員会−07月01日-04号

竹内孝代 委員  私からは、農業の6次産業化取り組みについて質問させていただきます。  近年、6次産業化という言葉をよく耳にするようになりました。6次産業化は、第1次産業である農林水産業が、生産だけにとどまらず、それを原材料とした加工食品の製造と販売、また、観光農園のような地域資源を生かしたサービスなど、第2次産業や第3次産業にまで踏み込むことと定義されております。

音更町議会 2019-03-13 平成31年度予算審査特別委員会(第3号) 本文 2019-03-13

環境保全型農業直接支援対策事業費9,092万円につきましては、環境保全型農業直接支援交付金で、農業化学肥料化学合成農薬を、北海道慣行レベルから原則5割以上低減する取り組みセットで、地球温暖化防止生物多様性保全効果の高い営農活動に取り組む場合に支援するものでございます。そのほか圃場図作成費事務費等を計上してございます。  

北広島市議会 2018-12-29 03月01日-03号

次に、支援内容についてでありますが、農業者などの意識醸成情報提供目的とするセミナーの開催農業商工業者等のマッチングの支援地産地消の取り組み支援、6次産業化商品の販路の開拓支援施設整備などへの支援を行うこととしております。 次に、農商工連携についてでありますが、経済部が中心となり関係部署との連携により、取り組みを進めてまいりたいと考えております。 

北広島市議会 2018-11-30 11月30日-01号

9 六次産業化等の取組について   次に、六次産業化等取り組みについてでありますが、グリーンツーリズムの推進に向け、農業経営多角化農業所得の向上を目的に、本年度農業が行う施設整備商品開発等に対する補助制度を創設したところであります。これまでに2事業者から農産物直売所等施設整備及びトマトを活用した商品開発の申請があったところであります。

旭川市議会 2018-09-21 09月21日-05号

なお、新たに認定を目指して取り組まれている農業情報については、現時点ではないと伺っているところでございます。 ○副議長杉山允孝) 林議員。 ◆林祐作議員 ありがとうございます。 米の提供だけで11農場があるということで、たしか永山町の団体で取られたものだというふうに認識をしておりますが、実際にGAP認証まではいかなくても、本市は北海道が進めているYES!

旭川市議会 2018-06-21 06月21日-03号

農政部長浅利豪) 中山間地域等直接支払制度適用に係る本市の取り組みということでございますが、制度適用後は地域農業地域の実情に応じた条件不利を克服するために、効果的かつ継続的な取り組みを実施していくことが求められるということから、地域農業者が主体となった十分な協議が必要であるとともに、合意には一定の期間を要するものと考えております。 

北見市議会 2018-04-02 12月12日-04号

どちらにしても、この労働力不足に向けてはこれまでの市の取組みを継続していただくことはもちろんのこと、今後は帯広市、農協農業相互連携を図りながら、より効果的な対策を検討していただきますように、この件についてはお願いしておきたいと思います。 3点目に、農地台風被害後の復旧についてお伺いします。 

帯広市議会 2018-04-02 12月12日-04号

どちらにしても、この労働力不足に向けてはこれまでの市の取組みを継続していただくことはもちろんのこと、今後は帯広市、農協農業相互連携を図りながら、より効果的な対策を検討していただきますように、この件についてはお願いしておきたいと思います。 3点目に、農地台風被害後の復旧についてお伺いします。 

音更町議会 2018-03-12 平成30年度予算審査特別委員会(第3号) 本文 2018-03-12

環境保全型農業直接支援対策事業費につきましては、環境保全型農業直接支払交付金で、農業化学肥料化学合成農薬慣行レベルから、原則5割以上に低減する取り組みセットで、地球温暖化防止生物多様性保全効果の高い営農活動に取り組む場合に支援するものでございます。そのほかに圃場図作成費事務費等を計上してございます。  

厚真町議会 2018-03-08 03月08日-02号

それを市町村がどう認定するかということではございますが、認定農業者、まずみずから効率的かつ安定的な農業経営を目指す者であること、また地域の中核的な担い手として期待されていることなどなどから、認定農業への農地の集積・集約化の促進、あるいは経営所得安定対策農業経営基盤強化資金などの低利融資制度、あるいは農業機械導入する際の補助制度など各種支援施策対象となるという意味から、認定農業者になっていただくことが

北見市議会 2018-02-09 03月13日-05号

相澤充商工観光部長 十勝農業関連産業地域魅力に対する理解を深めてもらうことを目的に、学生対象農作業への参加生産者との交流企業訪問などを実施するものでありまして、夏の開催に向けて今後企業農業協力を得ながら受け入れ態勢を検討してまいりたいと考えてございます。 以上です。 ○小森唯永議長 石橋議員。 ◆1番(石橋勝美議員) わかりました。

帯広市議会 2018-02-09 03月13日-05号

相澤充商工観光部長 十勝農業関連産業地域魅力に対する理解を深めてもらうことを目的に、学生対象農作業への参加生産者との交流企業訪問などを実施するものでありまして、夏の開催に向けて今後企業農業協力を得ながら受け入れ態勢を検討してまいりたいと考えてございます。 以上です。 ○小森唯永議長 石橋議員。 ◆1番(石橋勝美議員) わかりました。

北見市議会 2017-06-16 06月16日-03号

池守康浩農政部長 地域農業を持続的に成長させていくためには将来を見据えた経営が必要であるとの認識のもと、地域農業対象十勝地域農業者合同研修会開催しております。研修会では持続可能な農業経営の確立、経営規模拡大や6次産業化経営戦略についての講義を実施しておりますほか十勝の先進的な農業経営者による取組み事例の講演なども行っているところでございます。 以上でございます。