590件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-12 帯広市議会 平成30年第5回12月定例会-12月12日−04号 そして、私が生まれたのと同じ年に農業協同組合の設立が始まったわけでございます。そこで、私の所属しております川西農協の話をちょっとさせていただきたいと思います。  川西農業協同組合は、昭和23年3月1日に川西小学校で設立総会が開催され誕生したのであります。出席者は1,350人に上り、委員出席が皆無であったことから、その設立に当たって農民の熱意を如実に示していたと記録されております。   もっと読む
2018-12-03 倶知安町議会 倶知安町議会 会議録 平成30年 第4回 定例会(12月)-12月03日−01号 JA北海道厚生農業協同組合連合会、第9次中長期計画(2019年から2024年)の策定に当たり、倶知安厚生病院の旧館における改築整備の位置づけについては、北海道厚生連としては自己資本による整備計画を盛り込むことは断念せざるを得ず、各自治体の理解のもと、整備費用の全額負担が必要と判断しているとの説明を受けたことは、9月定例議会において報告をさせていただいたところです。 もっと読む
2018-11-22 帯広市議会 平成30年 産業経済委員会-11月22日−09号 んできていることといたしましては、9月に発生いたしました北海道の大停電、通称ブラックアウトといえばわかりやすいかと思いますが、これを踏まえまして国では電力レジリエンス、レジリエンスって回復ですとか復元力とかそういった意味でございますが、この電力レジリエンスの検討を進めておりまして、11月中に対応方策を取りまとめるとしていることから、今月2日に農林水産省及び経済産業省の資源エネルギー庁に対して十勝地区農業協同組合長会及 もっと読む
2018-10-10 恵庭市議会 平成30年  決算審査特別委員会-10月10日−代表質問、採決−05号 また、多額な被害となりました農業被害関係に関しましては、北海道や道央農業協同組合と連携を図りながら、支援対策を検討して参ります。  また、商工業被害関係に関しましては、恵庭商工会議所に平成30年北海道胆振東部地震に係る被災に関する特別相談窓口を設置し、融資等に関する相談を受けるなどの対応を行っているところであります。   もっと読む
2018-09-25 音更町議会 平成29年度決算審査特別委員会(第3号) 本文 2018-09-25 事故繰越14億5,850万円につきましては、産地パワーアップ事業補助金で、大豆の収穫体制の整備等を掲げた音更町産地パワーアップ計画に基づき、取り組み主体である音更町農業協同組合に対し、国から北海道を通じて補助金が交付されたものでありますが、豆類貯留調製施設におきましては、平成29年度中に完了できなかったことから翌年度に繰り越したものでございます。   もっと読む
2018-09-21 北広島市議会 平成30年  第3回 定例会-09月21日−03号 障がい者雇用の促進に向けた取り組みにつきましては、ハローワークによる雇用率未達成企業に対する指導のほか、本市におきましては市内の商工会や農業協同組合などの組織から推薦された委員が参画をしている北広島市障がい者自立支援協議会就労支援部会において、障がい者の雇用促進に向けた協議や取り組みを進めており、また、市内の企業に対しましては、市のホームページや企業訪問などにおいて制度の周知に努めているところであります もっと読む
2018-09-19 恵庭市議会 平成30年  第3回 定例会-09月19日−一般質問−02号 こうした使用率が下がった理由でございますが、28年度まで9品目の野菜についてJA農業協同組合と年間契約を結びまして地元野菜を使ってきたところでございますけれども、29年度からはJAの道央に加えまして、ほかの業者も一括で見積もりを行いまして、そうしたことで安いところに落ちている。  こうしたことから、地元産の野菜の使用率は下がってきているものというふうになっております。   もっと読む
2018-09-18 北見市議会 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月18日−05号 私の世代として、比較的若い議員として、差別など人権問題を取り扱ってきた参議院議員の秘書であったこと、農業協同組合職員であったことなど、その経験を踏まえ、何を訴える責任があるのか、その使命があるのか、その視点から課題を見出しました。  大きな地震、停電をきっかけに、今まで以上にこの議会でも災害対策に係る課題がこれまでの各議員の質問の多くに反映されています。 もっと読む
2018-09-10 帯広市議会 平成30年第4回 9月定例会-09月10日−01号 次に、議案第76号平成30年度帯広市ばんえい競馬会計補正予算(第2号)につきましては、今年度の当初予算に競馬場の厩舎2棟の改築費を計上しておりましたが、施設所有者であります十勝農業協同組合連合会が厩舎を建設した場合に、地方競馬全国協会の補助を受けられる見込みとなりましたことから、工事請負費を減額し、補助金を追加するとともに、ばんえい競馬施設整備基金繰入金を減額するものです。 もっと読む
2018-06-28 北見市議会 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月28日−03号 次に、担い手確保に向けた取り組みについてでありますが、農業協同組合などの関係機関と連携し、全国から新規就農者を募集するイベントであります新・農業人フェアへの参加や国の事業を活用した新規就農者への支援など、担い手の確保とあわせ育成支援に努めているところであります。 もっと読む
2018-06-27 北見市議会 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月27日−02号 まず、種子法の廃止の問題ですけれども、立正大学農業経済学者、森島賢教授は、2017年4月の農業協同組合新聞で、種子法廃止は消費者問題なのだという表題でこう述べています。種子法の廃止をなぜ、これほどまでに急ぐのか。それは、それによって深刻な不利益を受ける者が気づかぬうちに廃止しようと考えているからである。種子法廃止の政府の言い分は、種子法は民間の種子開発意欲を阻害している。民間活力を活用すべきだと。 もっと読む
2018-06-21 帯広市議会 平成30年第3回 6月定例会-06月21日−06号 ◎河本伸一農業委員会 事務局長 帯広市の農業後継者に対する結婚対策につきましては、帯広市及び帯広市農業委員会、帯広市川西農業協同組合、帯広大正農業協同組合の4者で構成しております帯広市農業者結婚推進協議会におきまして、農業後継者に対する相談及び情報の収集と提供、実態調査などを行うとともに、農業後継者のパートナー探しを目的とした交流事業の開催や婚活事業への参加支援などを行っております。   もっと読む
2018-03-13 根室市議会 平成30年  3月定例月議会-03月13日−02号 こうしたことから去る3月8日、私をはじめ、根室市議会、道東あさひ農業協同組合、根室商工会議所の4団体で株式会社明治本社を訪問し、明治根室工場の存続に関する要請活動を行ったところであります。   もっと読む
2018-03-12 帯広市議会 平成30年第1回 3月定例会-03月12日−04号 また、PDCAサイクルを確実に実践するため、十勝地区農業協同組合組合長会から北海道に対し確認体制の構築を要請しているほか、GAPの推進体制を強固なものにするため、JA北海道中央会とホクレンがJAグループ北海道GAP推進チームを設置し、普及啓発や関係機関との情報共有を図っているところでございます。  以上でございます。 ○小森唯永議長 植松秀訓産業連携室長。 もっと読む
2018-03-08 帯広市議会 平成30年第1回 3月定例会-03月08日−02号 ◎池守康浩農政部長 帯広市と帯広市川西農業協同組合で構成しております帯広市川西地区バイオマス推進協議会では、バイオマス事業への参加を検討している川西地区の畜産農家を対象に聞き取り調査などを行い、家畜ふん尿や農産物の加工残渣などのバイオマス資源の年間発生量の調査とともに、バイオマス資源の組み合わせ別にバイオガスプラントの規模や発電量のほか、消化液や再生敷料の発生量を試算したところでございます。 もっと読む
2018-03-05 釧路市議会 平成30年第1回 2月定例会-03月05日−04号 釧路市バイオマス産業都市構想では、阿寒農業協同組合が事業主体となり、家畜排せつ物を原料としたバイオマス化事業を中核的事業と位置づけておりまして、その実現に向けて、施設整備に係る国や道の担当者や有識者との協議の中で整備計画を策定し、事業化を進めてきたところでありますけど、補助事業の採択には至っていない状況でございます。   もっと読む
2018-02-28 北見市議会 平成30年 予算審査第1特別委員会-02月28日−02号 初めに、農業振興費では、東京農業大学世田谷キャンパスの収穫祭において、首都圏の消費者に本市で生産された農産物の消費拡大を推進するためのPRに要する経費や農業への理解を深めるため、きたみらい農業協同組合が実施主体として建設中のタマネギ集出荷貯蔵施設の見学者向け無線ガイドシステム導入に係る経費の一部助成を新たに計上しましたほか、本市で生産される安全、安心で高品質な農産物の多様な出荷先の模索、確保のため、 もっと読む
2018-02-26 北見市議会 平成30年  3月 定例会(第1回)-02月26日−04号 きたみらい農業協同組合が実施するタマネギ集出荷貯蔵施設の整備事業について、年度内に事業完了が見込めない状況となったこと、またにんにく機械利用組合が導入するニンニク用作業機械にかかわり、年度内の納入が見込めない状況となったことから、予算を一部翌年度に繰り越して実施する産地パワーアップ事業費。農地中間管理機構に農地を貸し付けた地域に対し、協力金を交付する農地集積協力金交付事業費。 もっと読む
2018-02-20 北広島市議会 平成30年  第1回 定例会-02月20日−01号 農地の保全につきましては、農業施設の長寿命化等を図るため、地域の活動組織が実施する維持保全向上活動への支援を行うとともに、農地の明暗渠排水整備や遊休農地復元等の農地改良に対して、道央農業協同組合と連携して支援を行ってまいります。   もっと読む
2017-12-15 釧路市議会 平成29年第5回12月定例会-12月15日−資料 住宅取得支援事業補助金51712/7 (木)19番 鶴 間 秀 典 (市政進)一問一答1 人口減少 2 市立釧路総合病院臨床研修プログラム 3 漁業振興 4 飯田文庫 5 UIJターン奨学金返還支援補助金制度60812/7 (木)20番 村 上 和 繁 (共産党)一問一答1 コンパクトなまちづくりと公共交通ネットワーク  (1) 居住誘導区域  (2) バス路線の再編 2 農協改革  (1) 釧路丹頂農業協同組合 もっと読む