680件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

札幌市議会 2019-11-05 令和 元年(常任)建設委員会−11月05日-記録

本計画では、札幌市における森林草地農地公園緑地河川湖沼地、民有地を含めた全ての緑化された場所を緑と定義しています。緑は、自然環境の保全や地球温暖化防止、地域コミュニティーの世代間の交流、生活に季節感や潤いをもたらすだけでなく、森林土壌の働きである水源の涵養や土砂災害防止などの役割があります。

札幌市議会 2019-09-30 令和 元年(常任)財政市民委員会−09月30日-記録

また、山口緑地にある札幌市指定史跡のバッタ塚は、先人が自然を克服し、農地を開いた労苦を今に伝えるものでありますけれども、同地区で盛んな農業の過去と現在をつなげる要素として大変興味深いものでございます。また、特産の農産品である大浜みやこカボチャは、手稲の自然と歴史文化を感じながら味わっていただきたい地域の名品でもございます。  

音更町議会 2019-06-21 令和元年第2回定例会(第5号) 本文 2019-06-21

強い農業・担い手づくり総合支援交付金につきましては、国産農畜産物の安定的な供給体制を構築するため、人・農地プランに位置づけされました中心経営体に対し、必要となる農業機械施設の導入等を支援するものであります。実施事業者は音更地区1戸の農業者でありまして、自動式スプレーヤーを1台導入するもので、総事業費は2,500万円、うち補助額につきましては694万4千円であります。  

音更町議会 2019-06-17 令和元年第2回定例会(第2号) 本文 2019-06-17

なんかもそうなんですが、あきがある場合には財務様と協議をしてなるべく充足するようにということで国のほうでは方向性が行われていたり、国有財産の実態調査が行われたりしているかと思いますが、こちら、建物も予算を支出した貴重な財産でございますので、費用対効果、こちらを上げるようにぜひとも考えていただきたいなと思う反面、従来、既に郷土史研究センター設置されていることに対して、農業に関する資料ですとか展示を行って、農地改良

音更町議会 2019-03-18 平成31年度予算審査特別委員会(第5号) 本文 2019-03-18

、1目総務費道補助金、2目保健福祉費道補助金の1節地域生活支援事業補助金から、25ページに移りまして、上段の13節自殺対策緊急強化推進事業補助金まで、3目町民生活費道補助金の1節乳幼児等医療費補助金から、26ページをお開きいただきたいと存じますが、上段の4節地方消費者行政活性化交付金まで、4目産業振興費道補助金の1節農業経営基盤強化資金利子補給補助金から、27ページに移りまして15節の中心経営体農地集積促進事業補助金

音更町議会 2019-03-14 平成31年度予算審査特別委員会(第4号) 本文 2019-03-14

こちらをこの1号以北の物流団地通街路と同程度の道路幅員に拡幅工事をするということになりますので、それに伴いまして東側に1.5メートルの歩道、それから1.5メートルの植樹帯、車道有効幅員、先ほど言った白線の内々で6.00メートル道路拡幅、そういったことでさらに用地が必要になるということで用地買収費、それから、買収する土地が農場の農地ですので、休作補償ですとか、それから隣接する商業施設の花壇ですとか

北見市議会 2019-03-14 03月28日-08号

このほか農地利用ニーズを的確に把握し農地の円滑な権利移動を促す考え、次期農業農村基本計画における小規模農業者が利用しやすい支援制度創設の考え、さらなる食育推進サポーターの活動充実を促す考え、北海道主要農産物等の種子の生産等に関する条例施行後の市の対応、農業インターンシップ事業への市の関与を継続する考え、掲載情報の充実などによりホームページ「十勝の食卓」のアクセス数向上を図る考え、農畜産物の安全性PR

音更町議会 2018-12-18 平成30年第4回定例会(第5号) 本文 2018-12-18

なお、現在負担金の徴収対象となる本町での国営事業は、中鹿追地区国営農地再編整備事業が実施されておりますが、この事業につきましては本年完了し、31年度から負担金を徴収する予定となっております。本町における実施は字南中音更の一部で、受益者は5戸となっております。また、利率につきましては、国からは0.2%となる見込みとの報告を受けております。  

札幌市議会 2018-10-31 平成30年第 3回定例会−10月31日-06号

農業委員会等に関する法律の改正を踏まえ、農業委員の地域性、農地利用の最適化に向けては、農業委員と新たに配置された農地利用最適化推進委員の役割について理解、浸透を図るとともに、地域性を意識した配置となるよう求めます。また、女性や若者の声も意識した多角的な意見反映ができる体制を構築するよう求めます。  次に、経済観光局です。  

札幌市議会 2018-10-29 平成30年第二部決算特別委員会−10月29日-09号

農業委員会等に関する法律の改正を踏まえ、農業委員の地域性、農地利用の最適化に向けては、農業委員と新たに配置された農地利用最適化推進委員の役割について理解の浸透を図るとともに、地域性を意識した配置となるよう求めます。また、女性や若者の声も意識した多角的な意見反映ができる体制を構築するよう求めます。  次に、経済観光局です。  

札幌市議会 2018-10-18 平成30年第二部決算特別委員会−10月18日-05号

この改正により、農地等の利用の最適化、すなわち担い手への農地利用の集積・集約化、遊休農地の発生防止・解消、新規参入の促進が、農業委員会の業務の重点であることが明確化されました。あわせて、農業委員の選出方法を選挙制と市町村長の選任制の併用から、市町村長の任命制に変更するとともに、農地利用最適化推進委員を新設することなどが改定されたところです。  

札幌市議会 2018-10-02 平成30年第 3回定例会−10月02日-03号

国道36号から北野里塚旧道線までの区間は、かつて谷筋で低地部分に農地が連なっており、農業用として利用されていたと思われる水路周辺も含む埋め立て部分で、道路の陥没、建物の傾き、損壊などの被害が集中していました。住民からは、恐ろしくて住めない、この先が不安、なぜここを住宅地として許可したのかなど、不安や疑問の声が寄せられています。

音更町議会 2018-09-25 平成29年度決算審査特別委員会(第3号) 本文 2018-09-25

人・農地プラン関連事業費につきましては、人・農地プラン検討会の開催に伴う委員報酬及び費用弁償のほか、新規就農者への支援である農業世代人材投資資金の給付を行ったところでございます。  環境保全型農業直接支援対策事業費につきましては、化学肥料、化学農薬の5割低減などの取り組みに対し支援する環境保全型直接支払交付金でございます。

音更町議会 2018-09-21 平成29年度決算審査特別委員会(第2号) 本文 2018-09-21

農業振興対策として、各種制度資金借り入れに対する利子補給のほか、環境保全型農業直接支援対策事業、産地パワーアップ事業及び人・農地プラン関連事業を実施したところであります。  畜産振興対策として、町有牧場入牧牛検査事業及び家畜伝染病特定疾病互助事業への助成を継続して行ったほか、生乳増産への取り組みを支援するため、酪農生産基盤強化支援事業を実施したところであります。  

音更町議会 2018-09-18 平成30年第3回定例会(第3号) 本文 2018-09-18

最後に、収入減による制度資金の償還猶予などの救済対策についてでありますが、近年、農地売買や賃貸等による耕作面積の拡大に伴って、補助事業の活用を図りながら農業機械の大型化など農業者の規模拡大が進んでおりますが、それに伴う負担を含め、農業者個々の営農に見合った投資をされているものと考えております。