1709件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

札幌市議会 2019-11-05 令和 元年(常任)建設委員会−11月05日-記録

その視点は四つあり、丸の中に記載しているとおり、上から、人と自然の共生、都市の魅力の向上、資源有効活用、地域コミュニティの醸成となっており、その右に続く基本理念以降は、これら四つの重視するべき視点を踏まえたものとなっております。  次に、計画の根本とも言える基本理念ですが、レイアウトの関係で、その内容は右上に抜き出して記載しております。  

札幌市議会 2019-10-25 令和 元年(常任)総務委員会−10月25日-記録

次に、二つ目の歳入・歳出の改革といたしまして、限られた財源の中で本計画に位置づけられた事業に資源を配分するとともに、必要な行政サービスを持続的に提供していくため、歳入歳出の全般にわたる見直しを進めてまいります。  三つ目の財政基盤の強化といたしましては、自立的な行財政運営を実現するため、地方税財源の拡充や税源涵養の推進のほか、公有財産戦略的な活用を進めてまいります。  

札幌市議会 2019-09-30 令和 元年(常任)財政市民委員会−09月30日-記録

初めに、措置についての考え方といたしまして、本市の文化財を大きく二つ、札幌の歴史を伝え、来訪者を魅了する都心エリアの文化財と、市民のふるさと意識を育む各地域文化財に分けまして、前者につきましては、価値や魅力を損なわない良好な状態での保存とか、札幌の歴史文化を楽しむ観光拠点を形成するなど、後者につきましては、地域とのかかわりを保ちながら継承し、地域づくりの拠点や教育資源のほか、事業活動の展開も視野

音更町議会 2019-09-13 令和元年第3回定例会(第3号) 本文 2019-09-13

切れ目ない支援ということでこれは一つの町がやっていた資源であると私は思っているんですが、その周知や呼びかけなどについてはどうなっているのかということと、その以前にも増して利用率が上がっていないのであれば、もう少し周知をしていきながら、学童や保育園に通わない子供たちが使ったりする場合がありますので、そういうところも有効に活用してほしいなと思うんですが、その点についてはいかがでしょうか。

音更町議会 2019-09-12 令和元年第3回定例会(第2号) 本文 2019-09-12

運営する側としても、若者の視点による食や観光資源の発掘を初め、イベントの企画運営やホームページの作成、SNS等を活用した情報発信など柔軟な発想の活用が期待されます。また、国においても、道の駅大学との連携による長期休暇を利用した就労型の実習の場としてインターンシップの活用を進めております。  

札幌市議会 2019-07-03 令和 元年第二部議案審査特別委員会−07月03日-05号

経済観光局関係では、アドベンチャー・トラベルワールド・サミットを誘致するための各種調査等について、誘致活動を通じて、国、道や道内自治体との連携を図り、アドベンチャーツーリズムの切り口をふやしていくこと、また、札幌の観光資源を見詰め直し、新たなストーリー立てを行うことで、異文化、自然、アクティビティーを体験することを志向する外国人観光客を誘導し、市内経済に寄与する取り組みにつなげていくことを求めます

札幌市議会 2019-07-03 令和 元年第一部議案審査特別委員会−07月03日-05号

気軽に出張所を利用でき、まちづくり活動の情報交換ができるようになることは、福祉環境などの地域資源がつながり、地域力の向上にも資すると考えます。篠路出張所の改修に当たっては、地域のまちづくりなどの市民活動がもっと活発になるよう工夫することを強く要望いたします。  理事者におかれましては、これらの意見、要望を市政に反映することを求め、私の討論を終わります。

札幌市議会 2019-07-02 令和 元年(常任)総務委員会−07月02日-記録

昭和55年に竣工して大型ごみなどを破砕する篠路破砕工場、昭和63年に竣工して剪定枝などを木質チップとしてリサイクルするチップ工場、事業系の紙くず、木くず、軟質プラスチックをごみ固形燃料、いわゆるRDFとしてリサイクルするごみ資源化工場があり、それぞれ老朽化のために更新が必要な状況となっております。

札幌市議会 2019-06-27 令和 元年第二部議案審査特別委員会−06月27日-03号

我が会派では、さきの代表質問におきまして、MICE施設の整備を契機とした中島公園駅周辺のまちづくりについてお伺いいたしまして、市長からは、札幌駅前通の南端として、都心まちづくりの新たな拠点としての役割を担うべき地域という認識をお示しいただき、同時に、中島公園や鴨々川といった自然に恵まれた地域資源を生かし、豊かな環境とにぎわいが調和した交流の場を創出する、こういった趣旨のご答弁があったところでございます

札幌市議会 2019-06-27 令和 元年第一部議案審査特別委員会−06月27日-03号

市民サービスや住民福祉の向上を図るためには、限られた資源有効に活用することが必要でございまして、そのためにも、効率化や生産性の向上は欠かせないものというふうに考えてございます。今後とも、この考え方に基づいて、効率化、生産性の向上といったことに取り組んでまいりたいというふうに考えてございます。 ◆石川さわ子 委員  限られた行政の中で効率化を求めていくのだというお答えであったかと思います。  

札幌市議会 2019-06-25 令和 元年第一部議案審査特別委員会−06月25日-02号

市民が気軽に出張所を利用できて、また、まちづくり活動の情報交換ができるようになることは、福祉、また環境などの地域資源がつながり、地域力の向上にも大変つながるのではないかというふうに考えるところです。  今回の篠路出張所の改修において、地域のまちづくりなどの市民活動がもっと活発になるようにさまざまな工夫をし、市民意見を反映していくことを強く求めまして、私の質問を終わります。

札幌市議会 2019-06-20 令和 元年第 2回定例会−06月20日-03号

次に、経営的発想に不可欠な職員資源と考える視点についてお尋ねします。  将来に備え、事業のスクラップ・アンド・ビルドや節約、削減に努めることは重要な取り組みではありますが、他方では、柔軟な発想でチャレンジや投資を行うことも大切であります。さらには、職員という資源を最大限に生かすという発想も大切にしていただきたいと願っております。職員は、全ての行政活動の原動力です。

音更町議会 2019-06-19 令和元年第2回定例会(第4号) 本文 2019-06-19

自治体等との連携につきましては、道と道内各市町村平成27年に災害時等における北海道及び市町村相互の応援等に関する協定を、また、道は、公益社団法人北海道産業資源循環協会と大規模災害発生時における災害廃棄物の処理等の協力に関する協定締結しておりますので、町としては、これらを通じて必要な支援を要請してまいりたいと考えております。  

札幌市議会 2019-06-19 令和 元年第 2回定例会−06月19日-02号

このようにさまざまな地域で取り組みが進められているところでありますが、さっぽろ連携中枢都市圏ビジョンに圏域の目指すべき将来像として掲げられている「住みたくなる」「投資したくなる」「選ばれる」さっぽろ圏域となるためには、札幌圏独自の資源を活用し、圏域の魅力を高めていくことこそが必要となってくるものと考えるところであります。  

音更町議会 2019-06-17 令和元年第2回定例会(第2号) 本文 2019-06-17

地域における暮らしや営み、保全活動の取り組みを通じて守られてきた豊かな里山を広く町民に知ってもらうとともに、地域における観光資源にも活用できるものと考え、次の点について伺います。  十勝川地域と市街地に隣接した豊かな自然環境を持った鈴蘭公園及び南側樹林一帯を音更の里山に指定すべきと思いますが、町の考えは。  

札幌市議会 2019-06-13 令和 元年第 2回定例会−06月13日-01号

さらには、観光資源の魅力アップや観光客の受け入れ環境の充実などに取り組むことにより、観光産業を初めとした市内経済の活性化を図るとともに、一日も早い北海道新幹線の札幌延伸を働きかけ、札幌駅周辺の再整備を官民連携で着実に進めるなど、都心のリニューアルを推進してまいります。  三つ目は、女性がさらに輝き活躍する街をつくることであります。  

札幌市議会 2019-05-27 令和 元年(常任)建設委員会−05月27日-記録

また、下水道整備と水質改善及び下水道エネルギー資源有効利用につきましては、記載のとおりでございます。  なお、この建設費の施設別の内訳につきましては、(2)施設別の事業概要の表のとおりとなってございます。  続きまして、7ページ目をごらんいただきたいと思います。  (1)の各下水管理センター所管区域及び管路延長の表をごらんいただきたいと思います。  

音更町議会 2019-03-19 平成31年度予算審査特別委員会(第6号) 本文 2019-03-19

制度もどんどん変わっていきますので、全て後追いで充足していくということも、なかなか今の私たちのこの人的資源の中では難しいというのも実際あるわけですけれども、社会福祉士を採用しなければならないような配置基準だとかそういったことを満たしていないというようなことは、法律上クリアしなければならないというようなことはないように、法定基準はきちっと満たしていくようなことは、これは行政として当然だと思いますので、