72件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

石狩市議会 2026-12-13 12月13日-委員長報告、質疑、討論、採決-04号

6.平成30年度決算を踏まえた社会保障増加に対する部長所見について。7.生活困窮自立支援事業具体的内容について。8.敬老会事業交付金実績と今後の考え方について。9.高齢者世帯等福祉除雪サービス実績と今後のあり方について。10.福祉利用割引券交付率について。11.憩の家管理運営費にかかる誤徴収の原因について。12.障がい者福祉サービス等報酬増の効果について。

恵庭市議会 2019-02-28 02月28日-02号

2、本市住民福祉の増進を図る扶助増加見通しについて。 3、本市介護受給者認知症患者増加見通しについて。 次に、循環型経済重視による地域活性化策について伺います。 地域経済活性化のために、地域産業の育成と循環型の内需拡大による活性化が不可欠でございます。 最初に、農林業について。 第一次産業は、北海道の最も優位性の高い産業でございます。 

石狩市議会 2018-11-30 11月30日-議案説明、質疑-01号

今回の補正は、灯油価格高騰による冬期間生活増加に対する高齢者等への支援策など、当面急を要する経費について、所要の措置を講じようとするものであり、その総額は、一般会計で160万円、水道事業会計で477万円を増額しようとするものであります。 一般会計の歳出につきましては、生活弱者支援一時金支給事業費に160万円を計上しようとするものであります。 

札幌市議会 2018-10-10 平成30年第一部決算特別委員会−10月10日-02号

特に、札幌市においては、今後、人口減少によって市税収入が少なくなることが予想され、固定増加への懸念は当然考慮すべき事案であり、将来的には現状サービスレベルを維持することを考えながらも、いかに固定費を下げていくのかということを本気で議論しなければならない時期がきていると思います。  

札幌市議会 2018-03-29 平成30年第 1回定例会−03月29日-06号

下水道施設老朽化対策について、本格的な改築・更新時期を迎え、さらなる事業増加が見込まれることから、財源確保に向け、国へ強く働きかけるべきと考えるが、どうか。下水道事業における戦略的広報について、仕組みや役割が広く認識されていない現状を踏まえ、世代に応じた効果的な取り組みが重要と考えるが、どう進めるのか。

札幌市議会 2017-10-31 平成29年第 3回定例会−10月31日-06号

高齢者保健福祉計画介護保険事業計画の改定に当たっては、急速な高齢化に伴う保険給付増加抑制に向け、明確な目標を定めるべきと考えるがどうか等の質疑がありました。  国民健康保険会計等では、制度都道府県化が迫る中、道から納付金の仮算定額が示されたが、今後、本市保険料はどのように推移していくと考えているのか等の質疑がありました。  

恵庭市議会 2017-09-20 09月20日-03号

また、北海道市町村と協力し、1つには、市町村で大きな差がある保険税を平準化し、全道で公平な負担に近づけていくこと、2つ目市町村が抱える医療増加リスクを全道で分散させていくこと、3つ目、事務の標準化広域化を行い、効率化を図ること、4つ目業務システム共同化により経費を節減すること、5つ目資格管理給付に関する基準の統一化を図ること、6つ目、新たに創設された保険者努力支援制度のもと、医療費

旭川市議会 2017-06-22 06月22日-03号

来年度の本市総合事業につきましては、第7期旭川市高齢者保健福祉計画介護保険事業計画を策定する中で適切な必要量を推計し、その支出額を見込むところでありますが、予定上限額を超えるものに関しては、別途、市に財政負担が生じてしまうことから、多様なサービスの実施を検討し、これを行うことで事業増加抑制を図り、今後もサービスを維持してまいりたいと考えております。 ○議長(笠木かおる) あなだ議員

北見市議会 2016-10-05 10月18日-06号

このほか、ふれあい銭湯事業補助要件拡大考え及び今後の公衆浴場確保に向けた考え方看護師数の将来見込み人材確保に向けた考え方、休日夜間急病センター夜間休日診療件数増減理由及び利用者評価運営スタッフからの改善要望、2次救急医療対策委託増加理由管内町村費用負担を求める考え特定不妊治療費助成上限回数緩和と不育症及び男性不妊症への助成制度を導入する考え健康都市びひろ魅力発信事業

帯広市議会 2016-10-05 10月18日-06号

このほか、ふれあい銭湯事業補助要件拡大考え及び今後の公衆浴場確保に向けた考え方看護師数の将来見込み人材確保に向けた考え方、休日夜間急病センター夜間休日診療件数増減理由及び利用者評価運営スタッフからの改善要望、2次救急医療対策委託増加理由管内町村費用負担を求める考え特定不妊治療費助成上限回数緩和と不育症及び男性不妊症への助成制度を導入する考え健康都市びひろ魅力発信事業

千歳市議会 2016-03-10 03月10日-04号

独自に子供医療費を助成する市町村に対し、医療増加のペナルティーとして、国が国民健康保険補助額を減額調整していることについては、全市町村医療費助成を実施している現状を踏まえると、早急な見直しが必要と考えるものであります。 この件について、現在、厚労省有識者検討会が、子供医療費あり方について検討しているとの報道がありました。

札幌市議会 2015-10-28 平成27年第二部決算特別委員会−10月28日-08号

さらには、社会情勢変化等といたしまして、外国人を中心とした観光客の増などによるホテルの宿泊料金バス借り上げ経費上昇消費税増税なども事業増加要因となってございます。 ◆成田祐樹 委員  今のお答えの中に、宿泊費バス料金上昇消費税増税、ドーピングの話もありましたし、放送の関係の話もございました。

石狩市議会 2014-12-12 12月12日-委員長報告、質疑、討論、採決-04号

一.生活保護増加要因不正受給防止対策について。一.法改正に伴う生活保護費減額に関する現状認識について。一.通院移送費の取り扱いについて。一.生活保護率の他市との比較について。一.生活保護廃止時の就労等状況について。一.生活保護受給期間が長期に渡る者について。一.幼稚園振興交付金決算額増要因について。一.2歳児保育事業決算額減要因について。

札幌市議会 2014-10-01 平成26年 第3回定例会−10月01日-04号

このような中、北海道電力は、泊原発運転停止に伴う火力発電の燃料増加などを理由に、家庭向け17.03%、企業向け22.61%の電気料金値上げ経済産業省に申請しています。依然として厳しい道内経済状況において、2年連続の値上げ申請に対し、消費者企業、農協、自治体など、あらゆる分野から厳しい批判が相次いでいます。