5件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

札幌市議会 2020-09-30 令和 2年第 3回定例会−09月30日-03号

こうした問題を直ちに解決するなど、子ども貧困打開を最優先に取り組むことが、SDGsの実現にとって不可欠だと考えますがいかがか、伺います。  20歳と24歳の若者雇用形態は、パートやアルバイト、派遣労働正規雇用を上回ります。第2期未来創生プラン策定期に行った調査では、25歳から39歳の若者結婚への障害は生活を維持していくための資金です。

釧路市議会 2018-06-14 06月14日-02号

釧路市としても、貧困打開のプラスとなり、食育にもつながるのではないかと思いますが、こういった施策をどう考えますでしょうか。 釧路市でも子ども貧困も解消されるように同様なことを行うべきと考えますが、市の認識を伺いたいと思います。 また、子ども貧困だけではなく、これまで女性貧困がなぜ社会問題にすらならなかったのでしょうか。

根室市議会 2016-06-14 06月14日-01号

国民全体の貧困率そのものが悪化しており、貧困解決社会全体の課題であることは当然ですが、貧困を次世代に連鎖させないという点で、子供貧困打開は待ったなしの課題として政治に迫られていることは明らかです。貧困問題解決に取り組む全国の市民らの運動を背景に、2013年に成立した子ども貧困対策法は、事態打開の第一歩となる法律です。

帯広市議会 2014-12-05 03月11日-03号

ひとり親家庭に対する安定した福祉社会保障充実は、子供女性貧困打開の重要な課題となっております。帯広市における母子家庭ひとり親家庭現状をお聞かせください。 結婚歴のあるひとり親は、所得税法上の寡婦控除が受けられるのに、結婚歴のない非婚の場合は受けられないのはおかしいと、是正を求める声が広がっております。 

北見市議会 2014-12-05 03月11日-03号

ひとり親家庭に対する安定した福祉社会保障充実は、子供女性貧困打開の重要な課題となっております。帯広市における母子家庭ひとり親家庭現状をお聞かせください。 結婚歴のあるひとり親は、所得税法上の寡婦控除が受けられるのに、結婚歴のない非婚の場合は受けられないのはおかしいと、是正を求める声が広がっております。 

  • 1