15件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

札幌市議会 2019-06-21 令和 元年第 2回定例会−06月21日-04号

また、政令市以外の市町村でも、例えば議会基本条例の発祥地である栗山町議会のように、議長の立候補制と本会議における所信表明を議会基本条例に明記して実施している議会が多数見受けられる。  このような議長選出をめぐる近年の新しい流れに鑑みれば、松浦議員が行った行為は、確かに手順が間違っていたが、言わんとしていることには一理あると考える。

札幌市議会 2019-06-17 令和 元年懲罰特別委員会−06月17日-04号

また、政令市以外の市町村でも、例えば、議会基本条例の発祥地である栗山町議会のように、議長の立候補制と本会議における所信表明を議会基本条例に明記して実施している議会が多数見受けられます。  このような議長選出をめぐる近年の新しい流れに鑑みれば、松浦議員が行った行為は、確かに手順は間違っていましたが、言わんとしていることには一理があると考えます。  

音更町議会 2018-06-20 平成30年第2回定例会(第5号) 本文 2018-06-20

議会活性化で各委員から出た意見は、以下次の9ページの下段まで記載のとおりでありますが、主として議会報告と議会基本条例についての議論がなされたところであります。議会報告会については、9ページの下段から次のページまで意見がありました。委員会としては、10ページ記載のとおり、町民に対する議会見える化、さらなる接点を求める早急な取り組みとして議会報告会を実施する必要があるという認識で一致した。  

札幌市議会 2018-03-19 平成30年第一部予算特別委員会−03月19日-07号

一方で、議員のほうも、議員提案で議会基本条例を策定いたしました。共通することは何かといったら、今のような大事なことについては、きちっと住民に説明し、理解を得るということなのです。行政側が果たす役割、そして、議会側も、1名の欠員がありますから、67名の議員が果たす役割も、それぞれ自治基本条例の中に書かれております。議会基本条例の中にも書かれています。

札幌市議会 2015-03-10 平成27年第 1回定例会−03月10日-06号

この4年を振り返りますと、海外視察の凍結や、長期欠席議員の報酬の減額、予算決算特別委員会インターネット中継、政務活動費の減額、議会基本条例の制定を初めとする議員提案による条例の制定ということで、議会改革を皆さんのお力で前に進めていただきました。  札幌市は、人口194万人を超える大都市に発展をしてまいりました。しかし、ご承知のとおり、これからは人口減少、少子高齢化という難しい局面を迎えます。

札幌市議会 2015-02-16 平成27年第 1回定例会−02月16日-02号

議会基本条例はつくったけれども、それがあれば事足りるのかという問いかけがありましたが、委員長も誰も答えませんでした。私もそう思います。  したがって、間もなく我々は選挙を迎えるわけですけれども、選挙に挑む議員の皆さんは、このことをしっかりと認識して、有権者の皆さんにきちっと自分の役割というものを問いかけていく。

札幌市議会 2013-06-12 平成25年第 2回定例会−06月12日-05号

本市議会は、ことし、前期から引き継いだ長い議論と検討の末に、議会基本条例を制定いたしました。その条例では、これからの道都札幌の誇りある歴史を刻んでいくために、ここに今、みずからが果たすべき役割を強く自覚するものであるとし、本市議会は、少数意見も尊重した議会運営を位置づけ、みずからの改革及び機能強化に継続的に取り組んでいかなければならないと議会自身を厳しく律しております。

札幌市議会 2012-10-04 平成24年第一部決算特別委員会−10月04日-02号

議会基本条例が議論されている今日ではありますが、真に開かれた議会とか多様な意見の把握という目標のもとで、請願、陳情を含む市民参加のあり方について本来目指すべき姿はどうあるべきか、そして、それに従って議会事務局はどのような体制で臨むべきなのか、まずは議会が、そして議会事務局がそれらの意義と実際を今改めて冷静に議論し、よりよい議会運営をともに探求していくことは、議会費をちょうだいしている市民への責務であります

札幌市議会 2011-03-09 平成23年第 1回定例会−03月09日-06号

議会基本条例の制定など来期に引き継がれる課題もありますが、地方議会に対する関心、期待が高まっている今こそ、改革の歩みを23期においてもみずから進めなければならないというふうに思っております。  来る4月には統一地方選挙が行われます。今期をもって札幌市議会を勇退される方々には、その長年のご功績に対して深く敬意を表するとともに、心からおねぎらいを申し上げる次第でございます。

札幌市議会 2008-12-03 平成20年税財政・地方分権調査特別委員会−12月03日-記録

ただ、今、ことしの第1次勧告にあったように、自治立法権が言われてくる中で、例えば三重県議会のように、議会基本条例をつくって議員同士の議論ということを明文化しているところもあります。でも、本市の場合、そういう議会ルールになっておりませんので、これは、やはり幹事長会議なり議会改革検討委員会で今後検討していく課題だというふうに思っております。  

石狩市議会 2008-03-05 03月05日-代表質問-03号

私は、去年11月18日に開催された第21回現代地方自治講座に参加して、栗山町の議会基本条例について、栗山町町議、町議会議長の話を聞くことができました。 御存じのとおり、栗山町には自治基本条例はありませんが、策定に向けて検討中と聞いています。議会基本条例議会がつくり議員提案し、2006年5月制定となりました。

札幌市議会 2006-08-25 平成18年(常任)財政市民委員会−08月25日-記録

最初につくられたニセコではまちづくり基本条例、それから、栗山では議会基本条例ということでございますが、いずれも、そこそこのまちの歴史、生い立ち、それから議会の到達などなど、やっぱりそこの自治体の到達でつくられているというのが特徴だと思うのです。それをさらに発展させると。だから、札幌でつくる場合にも、ただよそのものをまねていただけではだめだと私は思っています。  

札幌市議会 2006-07-25 平成18年(常任)財政市民委員会−07月25日-記録

行政基本条例議会基本条例をセットにして自治基本条例という考え方と、それから、まちづくり基本条例ということで、議会などに触れないといいますか、そういう考え方と二つあるというふうに述べられています。先生としては、どちらのタイプが理想と考えられるのか、私見で結構ですのでお聞きしたいのが1点です。  

札幌市議会 2006-07-19 平成18年(常任)財政市民委員会−07月19日-記録

しかし、つい最近、北海道の栗山町では、議会基本条例自治基本条例ではなく、議会のことだけを決めた、町議会のことについてだけ決めている栗山町議会基本条例というものが制定されました。私もこれを拝見しましたけれども、これは、今までのものの中で議会に関する規定が最も詳しい基本条例ではないかと思います。

  • 1