14件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

札幌市議会 2019-05-14 令和 元年第 1回臨時会−05月14日-02号

法律で定められている請願これを、議会が都合の悪いことは飛ばしてしまう。いわゆる自民党と立憲民主国民合同会派と公明党で56名います。8割、9割近くいます。8割ちょっといますね。この人たちでこういうことが行われていく。これは、議会として法に基づくことを無視していく、こんなことで、皆さん市民代表たる、そこに座っている、それが座る資格なんですか。違うでしょう。きちっとやってくださいよ。  

北広島市議会 2018-02-20 03月20日-04号

なおかつ、たとえそうだとしても、その申し合わせについては、各会派意見書を提出する時の考え方でありまして、その意見書採択する方法については、この議会できちんと議決によって採決するということが決まっているわけですから、それをもって、今回の、しかも市民団体から出された、市民からの請願に対しての反対討論にするというのは、全くもっておかしいことであるというふうに考えます。 

北広島市議会 2014-11-28 12月19日-05号

ご存じのとおり、請願憲法では保障されたその取り扱いは重く、議会会議規則では、採択または不採択の判定に限定され、陳情のように趣旨採択修正採択、一部採択などの選択はありません。そのため、請願には紹介議員を必要とされており、請願内容を精査しなければならない重い責任が課せられ、その上で、請願内容は尊重されなければなりません。それは、陳情と大きな違いがあります。

旭川市議会 2012-09-21 09月21日-05号

現在でも、既に保障されている住民参加権利として、選挙権、被選挙権陳情請願、解職請求権、市議会解散請求権、条例の制定改廃請求権監査請求権等がありますし、住民主体の健全で公正な自治運営を進めるのであれば、直接民主制強化ではなく、むしろ、間接民主制二元代表制充実強化を図ることこそが必要なのではないでしょうか。 

北広島市議会 2011-02-19 03月01日-02号

これは民主党の党勢拡大をねらいとした中央集権的な手法であり、憲法で保障された国民請願を抑制する可能性もあり、私は、甚だ遺憾な指示と言わざるを得ないと思っております。 その後、鳩山・小沢ラインの後退によって、この指示はどういうことになっているのか。現在も続行しているのかどうか説明を求めます。 まず、昨今は、国政に対する市長陳情、あるいは要望活動はどのような仕組みで行われているのでしょうか。 

旭川市議会 2010-03-25 03月25日-08号

本来、政治と行政の役割は切り離して考えるべきであり、特に多様化、専門化している行政への要望を政党が一元化して受けることによって、行政への窓口を閉ざすことは、民主主義の原則に反する行為であり、憲法で保障する国民請願を侵害することにもなりかねない。 よって、政府においては、行政府として直接、地方の声に耳を傾け、しっかりと受けとめる仕組みを保障するよう強く要望する。 

音更町議会 2008-10-03 平成20年第3回定例会(第4号) 本文 2008-10-03

131 ◯6番(山川秀正君)  そういう議論があったということですけれども、今、ちょっと御答弁の中にありました、係争中だから審査以前の問題というような認識があったということなんですけれども、町民ひいて言えば国民全体の部分の権利としての陳情請願があるわけですから、そういった状況の中で、その人間といいますか、その陳情者自身が、刑事被告人等々ならいざ知らず

札幌市議会 2006-07-19 平成18年(常任)財政市民委員会−07月19日-記録

この投票率を上げるといいますか、選挙に行って自分の代表を選ぶ、この投票率がアップすること、それから、4年に一遍、選挙をしたら終わりではなくて、日常的には現行でも請願、陳情権も保障されておりますから、市民皆さんの市政に対する要望議会にも集中します。請願だけでも、ことしを入れないで03年から05年の3年間で260件ほど出ていますけれども、陳情を入れればもっと出ています。

千歳市議会 2004-09-16 09月16日-05号

こうした中でも、市民から請願の行使として陳情がありましたが、同様に市長へも要望書の提出があったと聞いております。 ここで、市長にお伺いしたいことの3点目は、市長財政健全化対策について不退転の決意で取り組みたいとしています。同時に、市民に理解と協力をと、今後何らかの方法市民に直接話をする機会をつくるとしていますが、訴える中身は身の丈に合った行政運営しかできないということではないでしょうか。

  • 1