454件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

札幌市議会 2019-10-25 令和 元年(常任)総務委員会−10月25日-記録

札幌市まちづくり戦略ビジョンの中期実施計画であるアクションプランは、戦略ビジョンが目指すまちづくりの理念を具体化するものであると同時に、先日、市長自身が記者会見で発表したとおり、市長の公約実現の道筋をつけるための計画であり、今後4年間に札幌市が行う全ての政策経費が盛り込まれており、その実施の裏づけとなる財源見通しもあわせて示されていることから、今後の行財政運営や予算編成の指針となる非常に重要な計画であります

札幌市議会 2019-09-18 令和 元年総合交通政策調査特別委員会−09月18日-記録

今回の説明会のことについて、8月23日でしたが、秋元市長が記者会見を行っておりました。記者との質疑のやりとりの中で、鉄道・運輸機構からは十分な対策をとれるということで、札幌市も一つの候補地として考えたということ、また、安全性への対策についての説明を機構にしっかり説明していただきたいというコメントをおっしゃられておりました。

札幌市議会 2019-06-20 令和 元年第 2回定例会−06月20日-03号

市長は、再選が決まった直後の4月10日、臨時市長記者会見を行いました。マスコミから市民の声を市政に生かす仕組みづくりについて問われた市長は、一方的に何かを説明するということではなくて、市民の皆さんが疑問に感じていること、不安に感じていることをお伺いして、そのことに対してお答えをしていくという対話ということが非常に有効といいますか、必要だと答えておられます。  

札幌市議会 2019-06-11 令和 元年懲罰特別委員会−06月11日-03号

その松浦議員が、知識が不足したと言うことは少し理解しがたいというふうに思うわけでありますけれども、そこで、先ほど臨時議長についたその流れの中でとった行動であるというお答えがされていますけれども、4月25日の午後3時過ぎから、松浦議員記者会見されているようですけれども、その内容はなんですか。

札幌市議会 2019-05-14 令和 元年(常任)文教委員会−05月14日-記録

先月の記者会見での公表後、先ほど学校保護者児童への説明はされたとお聞きしましたが、地域住民の皆さんに対して説明会はいかがでしたか、お聞きいたします。 ◎永本 学校施設担当部長  地域への説明についてということでございますが、地域住民の皆さんへの周知の方法につきましては、危機管理対策室と連携して、しっかりと対応してまいりたいというふうに考えているところでございます。

帯広市議会 2019-03-14 03月28日-08号

総額としては以上のような平成31年度予算、米沢市政3期目初めての通年予算でありますが、今議会予算審査特別委員会での議論の内容などから判断いたしますと、市長が予算記者会見で発言されておりましたとおり、さまざまな施策において着実に成果を生み出し持続可能なまちづくりにつながる予算になっており、大いに期待しているところであります。 

札幌市議会 2019-02-19 平成31年第 1回定例会−02月19日-03号

市長は、昨年7月の記者会見で、高架と地下構造による高規格道路の整備を前提とした上で、最少の経費で最大の効果を上げると述べ、新たな道路建設を容認しました。しかし、創成川通の混雑度は0.87で、これは4段階ある混雑度の中で最低ランクです。国道36号の豊平橋付近の混雑度1.93の半分以下であることから、新たな道路建設自体が必要ありません。

札幌市議会 2019-02-18 平成31年第 1回定例会−02月18日-02号

本市水道事業へのコンセッション導入について、秋元市長の定例記者会見では検討していない旨の説明がありましたが、本市の水道事業へのコンセッション方式導入に対する考えと今後の見通しについて改めて伺います。  また、今後も市民安全な水を供給し続けていくためには、水道施設の適切な更新、維持管理が必要不可欠です。

札幌市議会 2018-10-29 平成30年第一部決算特別委員会-10月29日-09号

(仮称)札幌市町内会に関する条例素案について、市長は、記者会見で、いろいろな意見があることは認識しているとして、条例で全て解決できるとは思っていないと発言されているとおり、町内会長や役員から、条例化をこのまま制定すれば混乱する、町内会がもっと行政の下請機関になっていく、条例をつくって本当に町内会がよくなるのか、町内会の困難に札幌市から具体的な支援が欲しいなどの声が上がっています。

札幌市議会 2018-10-24 平成30年第一部決算特別委員会−10月24日-07号

そういった背景のもと、先月20日に開催された定例市長記者会見におきまして、秋元市長から、高齢者世帯火災の被害から守るために、自動消火装置の購入、設置に要する費用の助成制度を設け、11月から受け付けを開始すると発表がありました。  そこで、最初の質問ですが、新たな防火対策として、自動消火装置の助成制度を開始する経緯や理由について伺います。

札幌市議会 2018-10-18 平成30年第一部決算特別委員会−10月18日-05号

秋元市長も、先日の記者会見において、この問題についていろいろな意見があり、条例で全てが解決できるとは思っていないとも発言されているように、条例化ありきではなくて、町内会の苦労や困っている問題を行政が具体的につかんでいくことが何よりも大切ではないかと申し上げておきます。  次に、町内会に関する条例素案の内容について、1点伺います。  

札幌市議会 2018-10-18 平成30年第二部決算特別委員会−10月18日-05号

報道機関向けには、8月の市長定例記者会見を皮切りに広報活動を開始いたしました。9月には、報道機関向けの施設内覧会を実施いたしまして、これまで多くの報道機関の取材があり、その様子はテレビあるいは新聞などで多数取り上げられたところでございます。相談希望者に向けましては、9月に専用のホームページを開設いたしました。

札幌市議会 2018-10-12 平成30年第一部決算特別委員会−10月12日-03号

取りやアンケート調査、何に困ったか、どう対応したかなどの調査を市民の皆さんの記憶が薄れないうちに実施していただくこと、三つ目は、避難所環境改善、特に、電源や照明については、できることは早急にスピード感を持って手を打っていただくこと、市長も、これらはいずれも必要だということで、早速、そのうちの二つ、防災マップの全戸配付と課題洗い出しのための市民に対する調査については具体的に着手していただき、昨日の記者会見

札幌市議会 2018-10-12 平成30年第二部決算特別委員会−10月12日-03号

昨日の秋元市長の記者会見におきましても、避難所運営、情報提供の方法など多くの課題が見えたと指摘されております。関係部局により避難所全般について検証されなければなりませんが、例えば、段ボールベッドやつい立ての備蓄非常食のあり方など、避難所環境整備についても早急に改善を進めることを求め、私の質問を終わります。 ◆好井七海 委員  私からは、成年後見制度の利用促進について、3点伺います。  

北斗市議会 2018-09-05 09月05日-一般質問・議案質疑-03号

また、去る8月20日の定例記者会見におきましては、今後、第三者委員会からの審議結果が示され、市として方針を決定するに当たり、その内容によっては地域住民や関係団体に対する説明が必要という当初からの認識をお伝えしたところでございます。 したがいまして、住民説明会に関する考え方について、異なる前提条件のもとでの発言であり、虚偽発言であるとか考えが変わったというものではございません。