1307件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

北広島市議会 2020-12-15 02月26日-02号

市長は、2月10日の記者会見で大規模工事費用確保では返済期間の長いものを使い、慎重な財政運営を心がけると説明しておりました。今後、10年間の市債の推移はどのような見通しなのか、お聞きいたします。 北広島市は、JR北広島西口周辺ボールパークに隣接するJR北海道球場新駅などの計画を控えて準備を進めています。

音更町議会 2020-12-15 令和2年第4回定例会(第4号) 本文 2020-12-15

東京都の医師会が10月の記者会見で、女性自殺増加の背景として、生活苦や経済的不安の高まりとともに対面での交流機会を失い、悩みを抱え込む。自粛生活リモートワークや休校による夫や子どもの在宅生活の広がりなどを上げています。食事の用意をはじめ家事の負担が急増したり、気の休まる時間や居場所がなくなったりして女性が精神的に追い込まれていることも示しているというふうにおっしゃっていました。

千歳市議会 2020-12-10 12月10日-05号

次に、ホームページやSNS、メール配信での情報発信で十分と考えているかでありますが、これらインターネット媒体を活用した情報発信取組は、即応性などの観点からも一定程度の効果があるものと考えておりますが、市といたしましては、一人でも多くの市民皆様情報が届くよう、広報紙をはじめ、記者会見プレスリリースユーチューブ動画地デジ広報サービスなどの新たなメディアを活用した取組を進めており、今後も、広く

函館市議会 2020-12-09 12月09日-03号

今年度の追加経済対策では、飲食店支援などに1兆5,000億円の地方創生臨時交付金を盛り込むというふうに政府が記者会見でも述べております。1兆5,000億円ですから、今までの地方創生臨時交付金が3兆円ということで、相当な額の交付金だといえます。 どれだけ函館市に来るか、あるいはどの程度使えるかというのはまだまだこれからではございます。

帯広市議会 2020-12-08 12月09日-03号

◆1番(石橋勝美議員) 帯広市のLINE感染者情報や市の記者会見などが流れてきます。その情報紛れもない真実なので、誤った情報うのみにしないで済むわけですけれども、こういったタイムリーに流れてくるLINEは大変便利であります。登録者数は1万人弱ということになってますけれども、今後も登録者数を増やしていく考えはあるんでしょうか。 ○有城正憲議長 関口俊彦政策推進部長

北見市議会 2020-12-08 12月09日-03号

◆1番(石橋勝美議員) 帯広市のLINE感染者情報や市の記者会見などが流れてきます。その情報紛れもない真実なので、誤った情報うのみにしないで済むわけですけれども、こういったタイムリーに流れてくるLINEは大変便利であります。登録者数は1万人弱ということになってますけれども、今後も登録者数を増やしていく考えはあるんでしょうか。 ○有城正憲議長 関口俊彦政策推進部長

苫小牧市議会 2020-12-03 12月03日-01号

また、独自の啓発ポスターを季節に合わせて作成し、公共施設などに掲示するほか、必要に応じて記者会見市長メッセージを発出する等、市民皆様にお伝えをしてきたところでございます。 今後につきましては、引き続き、国や北海道の動きや市の状況に合わせたタイムリーな注意喚起を行ってまいりたいと考えております。 ○議長金澤俊) 岩田薫議員

札幌市議会 2020-10-20 令和 2年第一部決算特別委員会−10月20日-06号

その後、2月14日には、市内在住者で初めて感染者が発生したことを受けまして、市長記者会見を実施し、これまで計22回開催してきたところでございます。さらには、広報さっぽろにおきましても、3月号から、市民への注意の呼びかけですとか、新型コロナウイルスに関します特集記事を掲載するなどしまして、毎号、様々な注意喚起を行ってきております。  

札幌市議会 2020-10-20 令和 2年第二部決算特別委員会−10月20日-06号

延期が決まった直後の3月26日の記者会見で、秋元市長は、大通西2丁目ビル中央区役所の仮庁舎として使う予定であり、建て替えのスケジュールにも影響するため、建物を使うのは難しいと述べておられました。しかし、今月10月2日には大会組織委員会への貸出しが決定したと報告されています。  そこで、質問ですが、オリンピック組織委員会大通西2丁目ビルを貸し出すことになった経過と使用期間について伺います。

札幌市議会 2020-10-07 令和 2年新型コロナウイルス感染症対策調査特別委員会−10月07日-記録

新型コロナウイルス感染症感染拡大を防止するためには、市民事業者の方の行動変容を促すことが重要でございまして、これまでにも、市長記者会見等により、感染状況に応じた注意喚起や新北海道スタイルの実践を呼びかけたほか、広報誌や市のホームページ、ツイッターや街頭ビジョンなど、様々な媒体を活用し、感染予防策を広く周知しております。  

札幌市議会 2020-09-30 令和 2年第 3回定例会−09月30日-03号

秋元市長は、定例記者会見で、核のごみの道内持込みを受け入れ難いとする道の条例があり、自治体が遵守する責任があると述べましたが、自らの賛否については明言しませんでした。  高レベル放射性廃棄物は、使用済み核燃料を再処理して残った廃液をガラスに混ぜて固体化したものですが、その表面の放射線量は20秒で致死量に達するレベルだと言われています。