55件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

札幌市議会 2019-10-25 令和 元年(常任)総務委員会−10月25日-記録

札幌の基幹産業であります観光をさらに伸ばしていくために、スノーリゾートシティーとしてのブランド化に取り組みますとともに、新たなMICE施設の整備を進めてまいります。また、都市のリニューアルや交通網の整備に向け、北海道新幹線の札幌開業を見据えた札幌駅周辺の再開発支援や都心アクセス道路の早期整備を推進していくとともに、地下鉄南北線さっぽろ駅のホームを増設して駅の混雑解消を図ってまいります。

札幌市議会 2019-09-30 令和 元年(常任)経済観光委員会−09月30日-記録

◆わたなべ泰行 委員  ただいまの答弁で、さまざまな夜間観光キャンペーンの取り組みを行っていくということでありましたけれども、やはり、観光というのは、さまざまな取り組みを企画しても、周知をしていく発信力が大変重要になってくると思いますので、皆様の取り組みを市民の皆様、また来札される方たちにも広く知っていただける努力をしっかり続けていただけるよう求めたいと思います。  

音更町議会 2019-09-12 令和元年第3回定例会(第2号) 本文 2019-09-12

三つ目の外国人観光客を受け入れる際のフードバリアにつきましてなんですけれども、これは、現在国内には当然世界各国から多くの外国人が訪れて、音更町にとっても観光というのは非常に重要な位置づけであります。その中で日本各地で課題になっているのが、外国人観光客の中に、答弁もあったとおり、食の規律、また、宗教上の制限を受けて食べてはいけない食品があるというところで問題になっています。

札幌市議会 2019-03-06 平成31年第 1回定例会−03月06日-06号

こうした中、新たな雇用を創出するための経済活性化や、子育て世代が安心して子どもを産み育てられる環境の整備を目指し、さまざまな業種への波及効果が高い観光に特に力を入れたほか、積極的な企業誘致による雇用の場の確保を進めるとともに、保育定員の拡大による待機児童の解消に取り組んでまいりました。

音更町議会 2019-03-04 平成31年第1回定例会(第1号) 本文 2019-03-04

工業の振興につきましては、経営改善普及事業を初め商工観光の活性化に取り組む商工会に必要な支援を行うほか、町内商工業者の後継者の確保対策として、商工会と連携して新たに事業承継に関する基礎調査を実施いたします。  企業誘致につきましては、音更町土地開発公社と連携を図りながら、IC工業団地地理的利便性などを活用し、雇用産業の活性化につながる優良企業の誘致に努めます。  

札幌市議会 2018-10-02 平成30年第 3回定例会−10月02日-03号

報道によると、北海道胆振東部地震の発生から2週間後において、北海道市町村が管理する公共土木施設農林水産業観光の被害総額は、判明分で1,900億円に達すると言われています。国管理の道路河川教育関連施設などの被害額は調査中で含まれていないことから、被害総額はさらに膨らむ見通しだと言われています。

札幌市議会 2017-09-20 平成29年(常任)総務委員会−09月20日-記録

施策の方向としましては、幅広い世代への環境教育学習の推進、環境側面からの経済振興と観光の活性化の推進、環境保全活動を通じたコミュニティーの活性化の推進、道内連携、さまざまな主体との連携の推進の四つを挙げております。  続きまして、計画の推進体制ですが、庁内におきましては札幌市環境施策推進本部で、また、庁外におきましては札幌市環境審議会で進捗状況を管理し、点検、評価を行ってまいります。  

音更町議会 2017-06-23 平成29年第2回定例会(第3号) 本文 2017-06-23

町長は、町政執行方針で、「基幹産業である農業を基軸に、商工業観光との連携により足腰の強い地域経済を育て、元気で活力のあるまちづくりを進めてまいりたい」と述べています。  こうした、音更の条件資源を生かした地域経済の振興、発展について、以下の点について質問いたします。  

音更町議会 2017-05-22 平成29年第3回臨時会(第3号) 本文 2017-05-22

本町には、基幹産業農業を中心として商工観光金融を初めとする産業の集積とともに、福祉や高等教育機関の充実など、各分野において本町を支えるさまざまな基盤が整備され、それにあわせて多くの有能な人材が育っております。また、十勝に目を転じるとさらなる集積や基盤があり、人材面においても異業種の交流や勉強会などが活発に行われています。

音更町議会 2017-05-19 平成29年第3回臨時会(第2号) 本文 2017-05-19

初めに、私が目指すまちづくりの考え方及び具体的な施策についてでありますが、私が目指す「みんなでまちづくり」の背景につきましては、本町は、これまで5期にわたって策定された総合計画基本に、安全・安心で住みよい生活基盤の整備を初め、基幹産業農業や商工観光の振興、人材育成や町民福祉の向上などに取り組み、着実にまちづくりを進めてまいりました。

音更町議会 2017-05-17 平成29年第3回臨時会(第1号) 本文 2017-05-17

私は、こうした現状をしっかりと受けとめ、議会や町民の皆さんとともに力を合わせて、基幹産業である農業を基軸に、商工業観光との連携により、足腰の強い地域経済を育て、元気で活力あるまちづくりを進めてまいります。  初めに、町政を進める上での私の基本姿勢について申し上げます。  まず、「皆さんの声を大切にするまちづくり」であります。  まちづくりの主人公は町民の皆さんであります。

札幌市議会 2016-03-22 平成28年第二部予算特別委員会−03月22日-08号

事実、世界的にも有名な観光都市であるトルコイスタンブールでは、2016年に入って大規模なテロが相次ぎ、観光にも深刻な影響を与えております。  そこで、最初の質問です。  札幌市は、平和都市宣言をしているまちでございます。しかし、残念ながら、花フェスタや雪まつりの期間中にヘイトスピーチがありました。それを目の当たりにした観光客の中で、心を痛める方は少なくありませんでした。

札幌市議会 2014-10-30 平成26年第二部決算特別委員会−10月30日-08号

一昨日の経済局企業誘致のところで、私は、全庁を挙げて感度を上げて取り組むべきと質問させていただきましたが、観光企業誘致もあると私は思っています。そのことは、観光での経済効果調査と観光PRがその牽引役となるはずだと考えます。同じ費用をかけるのであっても、東京にポスターを100枚張るなら、アジアでは3,000枚以上は張れます。そのほうが数段安く、そして、効果も上がると私は思います。  

音更町議会 2014-09-19 平成26年第3回定例会(第3号) 本文 2014-09-19

それで、答弁の中で、中小企業支援策について、商工会を通じての企業活動、新しい、最近取り組んだ取り組みですと、空き店舗活用事業などもやっている、行われているわけですけれども、支援という部分では国なり道なりあるんですけれども、いろんな産業分野の中で農業という部分は比較的いつも、食糧という、国としても大きなやっぱりありますので手厚くなっておりますし、業者さんの中でも、音更町では観光とか、商業なんかも比較的

音更町議会 2014-06-12 平成26年第2回定例会(第2号) 本文 2014-06-12

あと、地域元気戦略で、就業の機会をふやすために企業誘致を進めるとか、あるいは観光をもっと振興させて音更町PRを、もっとPR力を高め、よってUターンとかJターンの人口移動を加速させるだとか、そういういろんな施策は、今やっていることは決して誤りじゃなくて、引き続きやるべきだと思います。  そういう施策が本当に効果を発揮しているのかどうかということをある意味評価しないといけないと思うんです。毎年。

音更町議会 2014-03-07 平成26年第1回定例会(第2号) 本文 2014-03-07

これらのことから、商工業観光分野での本町での景気は、首都圏などのようなはっきりとした景気回復ではないものの、内閣府の調査同様に、持ち直しの傾向が表れているものと考えております。  次に、商工業者の実態把握の現状と今後のあり方についてでありますが、平成24年度経済センサス活動調査による、本町工業の事業所数は1,251で、従業員数は1万2,347人となっております。

札幌市議会 2014-02-19 平成26年第 1回定例会−02月19日-02号

季節や天候に左右されない地下歩行ネットワークの充実は、都心部における新たなにぎわいの創出、さらには、冬期間観光客が足元を気にせずに都心観光をすることが可能となり、観光の安定化の原動力にもなります。また、これから迎える超高齢化社会において、歩行によって健康増進の意識が高まることも予想すれば、地下歩行ネットワークの充実は多角的な観点でメリットが大きいと考えます。