131件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

釧路市議会 2020-03-09 03月09日-02号

アドベンチャーツーリズムの推進観光資源の磨き上げ、さらには700万回、800万回もありますけど、視聴された観光動画によります情報発信、これが国主催の会議において成功事例として紹介される、こういったいろいろな成果が出ているところでございまして、これらはもちろんショーケース取り組みでございますけど、しかしながら単にそこのみならず、さらなる先、そういったベースになる取り組みであり、まさに第2期釧路観光振興

留萌市議会 2019-09-09 09月09日-02号

留萌観光振興ビジョン2018では、依然として夏季集中通過型観光という従来からの指摘は大きく改善されていない現状にあり、観光客旅行目的旅行形態多様化が一層進んでいる中、留萌市においても新たな振興策による交流人口増加を図ることが求められております。 地域では、これまで気づかれないまま埋もれていた資源や新たな資源の再評価が進んできております。

留萌市議会 2019-06-17 06月17日-02号

留萌観光振興ビジョン2018におきましても、「観光施設老朽化対策として、黄金岬海浜公園沖見海浜公園、千望台休憩施設等施設は、災害による破損や老朽化が進んでおり、観光客の満足や安全・安心を確保するためには、適切な維持管理や更新、整備を図ることはもちろんのこと、施設バリアフリー化外国人観光客に対応するトイレの洋式化など、観光客にとって魅力ある施設整備を検討することが必要とされる」と明記されています

稚内市議会 2019-03-13 03月13日-04号

稚内市観光振興ビジョンが改定を迎えました。本市観光資源をいま一度磨き上げ、経済の好循環を目指していただくよう要望いたします。 また、今述べた提案を含め、各観光施策の融合を図るとともに、周辺自治体との連携を深め、宗谷地域全体の観光を育てていくことを求めます。 市内を歩いている観光客が野生のエゾシカの写真を撮り楽しんでいる姿が多く見られますが、市民生活への被害は甚大です。

釧路市議会 2019-03-01 03月01日-03号

2020年の目標値である訪日外国人客数4,000万人もこのまま500万人ずつ増加していけば達成できる勢いであり、観光立国ショーケースに認定されている釧路市としては、全国に先駆けて訪日外国人旅行者増加受け入れに関する施策を実行し、釧路市新観光振興ビジョンにも示された目標値である2020年に訪日外国人延べ宿泊数27万人に向け、具体的な成果が示される時期となってきていました。 

苫小牧市議会 2019-02-28 02月28日-02号

本市では平成28年2月に苫小牧観光振興ビジョン策定され、交流人口増加による地域経済活性化に向けた取り組みが進められているところであります。その取り組みの中で、近年急激に増加している外国人観光客苫小牧に呼び込むためには、より一層受け入れ環境整備を進めていくことが重要だと思っておりますが、これについて市の考えをお聞かせください。 

苫小牧市議会 2018-12-10 12月10日-02号

漁港区将来ビジョン苫小牧観光振興ビジョンに共通する課題だと考えますので、港管理組合管理者、それと市長という2つの立場から見解を求めたいと思います。 次に、安全・安心軍事訓練についてお聞きをいたします。 6月と8月に自衛隊による訓練が勇払と真砂町で3度行われました。9月には2度目となるオスプレイを含む日米共同訓練と国内初めてとなる日豪共同訓練、さらには戦車の公道走行が行われる予定でした。

釧路市議会 2018-12-06 12月06日-02号

市の観光施策につきましては、平成29年に策定いたしました第2期釧路観光振興ビジョンこちらにて観光振興産業振興の柱、地域創生の柱として、このように位置づけまして、地域への経済波及を最重要指標としているところでございまして、平成38年度の経済波及効果額500億円の達成を目指して各種事業を進めているところでございます。 

根室市議会 2018-06-20 06月20日-02号

そのようなことを常々念頭に持ちながら、昨年の3月定例月議会におきましては、根室市の観光振興政策推進基本となる根室観光まちづくり基本方針の見直しを含め、新たな観光振興ビジョン策定必要性につきまして質疑をさせていただきました。その際、市長市政方針におかれましても、インバウンド対策をはじめ、国内外からの戦略的な交流人口を図るため、新たな観光振興計画策定に取り組む姿勢をお示しになりました。

留萌市議会 2018-06-13 06月13日-04号

留萌市では第6次総合計画基本施策魅力の創造と発信のうち、留萌観光振興ビジョンの5年後に目指す姿では、留萌らしい地域資源を生かした体験型観光とインバウンドの受け入れ体制整備推進され、外国人観光客を含めた交流人口が拡大するとともに、人情港町ブランド力が向上されるとあります。 そこで、項目1点目の観光施策について。