440件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

札幌市議会 2019-02-27 平成31年第一部予算特別委員会−02月27日-03号

このような中、今般、2016年の熊本地震での行方不明者の捜索や、翌年2017年の九州北部豪雨における道路閉鎖状況の確認等に無人航空機、いわゆるドローンが活用されたことから、総務省消防庁においても、ドローンの需要の増加を見込み、全国の消防本部等に消防防災分野における無人航空機の活用の手引きを配付したと聞き及んでおります。

旭川市議会 2018-10-03 平成30年 決算審査特別委員会-10月03日−13号

◎髙野建築次長 不納欠損につきましては、旭川市私法上の債権の放棄に関する条例に規定をされておりますとおり、本市の債権について消滅時効が完成したとき、債務者が死亡行方不明その他これに準ずる事情にあるとき。また、破産法等他の法令の規定により債務者がその責任を免れたときに限りまして債権を放棄する、つまり不納欠損できることとなっております。  

倶知安町議会 2018-09-21 倶知安町議会 会議録 平成30年 第3回 定例会( 9月)-09月21日−06号

この中で、天災その他避けることができないという、いわゆる正当な理由ということで天災について災害等についてはわかるとは思うのですが、避けることができないその他の部分ですけれども、これにつきましては、宿泊者や旅行業者が破産、整理等の法的手続に入り支払不能になったとき、また宿泊者が死亡、失踪、行方不明、または刑の執行により宿泊税を受け取ることができなくなった場合が想定されます。  

北見市議会 2018-09-18 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月18日−05号

厚真町では、大規模な土砂崩れが発生し、複数の家屋が巻き込まれ、同町を含め各地で死者や負傷者、行方不明者が多数出たところであります。これほどまでの規模の災害発生の原因としては、地震の発生時刻が就寝中で午前3時ごろだったこと、直前の台風の影響で地盤が緩んでいた可能性も原因、また土質が火山灰などの山であったことも要因の一つと言えます。  

北見市議会 2018-09-13 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月13日−03号

今回の豪雨は、7月8日には峠を越えましたが、西日本を中心に全国的に広い範囲で記録的な大雨となり、各地で甚大な被害が発生し、死者、行方不明者が230人となり、平成最悪の被害となりました。また、被害による重軽傷者も390名に上り住宅など建物の全半壊も1万6,000棟を超え、今なお3,000名を超える皆様が避難所生活を送られており、瓦れき撤去もまだ終わらない状況にある状態であります。  

釧路市議会 2018-06-20 平成30年第2回 6月定例会 総務文教常任委員会-06月20日−03号

◎中井俊之消防本部次長 ことしに入りまして1月からは、西港4丁目で31歳の男性が行方不明になったということになっております。  続きまして2件目が、栄町1丁目の河畔の第2駐車場釧路川右岸で、これは67歳の女性です。この方は川に飛び込んだんですが、一応確保して、今の詳細はちょっとわかりませんが、当時重症ということになっております。  1件目のは死亡でございます。  

函館市議会 2018-06-13 平成30年第2回 6月定例会-06月13日−05号

また、下校後に自宅で子供だけで過ごしているときに災害が発生した場合、親が就業中ですぐに帰宅できないですとか、または甚大な被害で行方不明になったとかそういった場合、児童安全確認など学校は何か対応するのかについてお伺いします。 ◎教育委員会学校教育部長(沢田紀之) 下校後の児童の状況や災害が発生した場合の学校の対応等についてのお尋ねでございます。  

函館市議会 2018-03-15 平成30年第1回 2月定例会-03月15日−07号

本市におきましては、認知症の方やその家族孤立せず、地域での見守りや支え合いの中で安心して生活ができるよう、認知症に関する正しい知識と理解を持ち、認知症の人を見守る認知症サポーターの養成や認知症高齢者の模擬捜索訓練など地域課題を検討する地域ケア会議の開催、警察行政タクシー会社ラジオ放送など、関係機関のSOSネットワークによる行方不明となった認知症高齢者捜索、こういった事業を通じまして、認知症

音更町議会 2018-03-14 平成30年度予算審査特別委員会(第5号) 本文 2018-03-14

埼玉県入間市では、行方不明防止のためですとか、また、早期発見に向けた先進的な取り組みをしているということを公表されております。徘回のおそれのある認知症高齢者がいる家族希望者に対して、高齢者の手足の爪に張るQRコードつき身元確認シールの無料配付を実施しております。

旭川市議会 2018-03-12 平成30年 予算等審査特別委員会-03月12日−12号

昨日、東日本大震災があって7年目ということで、いまだに行方不明者が2千539人ほどいるという報道がありましたけれども、一日も早く見つかって、元の生活に早く戻れることを願ってやみません。まず、一言申し上げて、質疑に入らせていただきたいと思います。  子育て支援部に2問ほど、子ども医療費の助成についてと保育体制充実費について、質疑させていただきたいと思います。  

釧路市議会 2018-03-06 平成30年第1回 2月定例会-03月06日−05号

市では、平成30年度より釧路市SOSネットワークにおいて、認知症などで行方不明になるおそれのある高齢者の方などの事前登録制度を開始することとしており、登録者のご家族などに対して監督責任が問われる可能性も含めて、民間保険会社等の個人賠償責任保険制度について情報提供してまいりたいと考えております。  私からは以上でございます。 ○議長(渡辺慶藏) 産業振興部長

北広島市議会 2017-12-13 平成29年  第4回 定例会-12月13日−05号

2016年に認知症か、その疑いが原因で行方不明になり帰って来れない。届けられたのは、道内で308人にのぼり、2012年の105人から倍増していると道警のまとめでわかりました。認知症患者の症状にはいろいろな特徴がございますが、行方不明の原因には徘徊を行い、自宅に戻れなくなってしまったり、事故に遭遇することも少なくはないようです。

北広島市議会 2017-12-12 平成29年  第4回 定例会-12月12日−04号

また、カメラで記録された映像は厳重に管理された上で、犯罪捜査行方不明者の捜索交通事故捜査では内容を見極め、誓約書の提出を受け、必要最小限を捜査当局に提供するとあります。当市の運用基準においても同様に市民人権保護する内容を盛り込むべきと考えますが、見解を伺います。 ○議長(佐藤敏男) 上野市長。

釧路市議会 2017-12-11 平成29年第5回12月定例会 民生福祉常任委員会-12月11日−01号

2点目は、認知症施策の推進としており、早期発見、相談体制の整備、行方不明高齢者等への支援などを進めることとしております。  3点目は、生活支援介護予防サービスの基盤整備の推進としており、地域で不足する生活支援サービスの創出などを進めることとしております。  

釧路市議会 2017-12-07 平成29年第5回12月定例会-12月07日−02号

取り組みとしましては、認知症の早期診断などの早期対応の充実に向けた星が浦病院医療職と地域包括支援センターの介護職の連携による認知症初期集中支援チームの設置や脳の健康度テストの実施を通じた軽度認知障がいの危険性のある方の把握と早期支援、またご家族や関係機関等に対して認知症の症状に応じたサービス提供の流れを示す認知症ケアパスの作成と周知、さらに地域住民の方に認知症に関する正しい理解を広めるとともに、行方不明高齢者