6件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

旭川市議会 2013-10-11 10月11日-07号

国土交通省札幌航空交通管制部は、北海道及び北東北地方における航空管制業務を担っているが、航空機運航状況が特に厳しくなる冬期間においても、積雪状況天候状況など現地の詳細な情報を踏まえた管制業務を行い、航空機運航の安全・安心確保に万全を期している。 しかし、現在、国土交通省において、道内代替機関を残すことなく札幌航空交通管制部を廃止する検討が進められている。 

帯広市議会 2013-10-07 10月18日-06号

この趣旨説明では、札幌航空交通管制部北海道及び北東北地方の全15空港から離発着する航空機に関し航空管制業務を行っており、北海道航空機の円滑な交通、安全な運行を支える重要な役割を担っているため、札幌航空交通管制部存続、充実する必要があるということが本陳情を行うに至った主な理由であるとの説明がありました。 

北見市議会 2013-10-07 10月18日-06号

この趣旨説明では、札幌航空交通管制部北海道及び北東北地方の全15空港から離発着する航空機に関し航空管制業務を行っており、北海道航空機の円滑な交通、安全な運行を支える重要な役割を担っているため、札幌航空交通管制部存続、充実する必要があるということが本陳情を行うに至った主な理由であるとの説明がありました。 

倶知安町議会 2013-09-02 09月02日-01号

札幌航空交通管制部は、北海道内の航空管制のみならず、北東北地方を含めた全15空港から離発着する航空機に対し航空管制業務を実施しており、全国4カ所に設置されている航空管制業務拠点官署の一つでもあります。しかし、国土交通省は、この重要な機関道内代替機関を残すことなく、廃止に向けて検討しております。

石狩市議会 2013-06-27 06月27日-委員長報告、質疑、討論、採決-04号

国土交通省札幌航空交通管制部は、北海道及び北東北地方における航空管制業務を実施しているが、航空機運航状況が特に厳しくなる冬季間においても、積雪状況天候状況など現地の詳細な情報を踏まえた管制業務を実施し、航空機運航の安全・安心確保に万全を期している。 しかし、現在、国土交通省において、道内代替機関を残すことなく札幌航空交通管制部を廃止する検討が進められている。 

千歳市議会 1997-12-16 12月16日-08号

また、航空管制業務を初め、運輸省附属機関などの実施部門政策部門と分離し、その受け皿として「独立行政法人化民営化」を図る構想は、国民生活安全確保に貢献する公務・公共サービスにはなじまないと考えます。 さらに、「地方支分局とその事務権限の整理・縮小」は、陸・海・空の一体的な地方交通行政を切り捨てるものであり、地域住民に対する行政サービスの低下を来すものであります。 

  • 1