2432件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

札幌市議会 2019-11-05 令和 元年(常任)建設委員会−11月05日-記録

今年度におきましては、実施講習の拡充として掲載した除雪機械オペレーター指導育成研修と題し、除雪事業者内で指導する立場の職員育成するための育成研修を新たに実施したところでございます。  おめくりいただき、8ページをごらんください。  ここからは、例年行っております主な取り組みとなりますので、抜粋しながら、要点のみをご説明させていただきます。  

札幌市議会 2019-10-25 令和 元年(常任)総務委員会−10月25日-記録

また、介護や障がい、保育建設、IT産業など、人手不足が顕著となっております分野の人材確保や育成対策を進めてまいります。このほか、若者の雇用創出、地元定着を目指したスタートアップ創出支援や、企業誘致などに関する補助を拡充して、オフィスビル建設に対する補助を創設いたします。  8ページをごらんください。  

札幌市議会 2019-09-30 令和 元年(常任)財政市民委員会−09月30日-記録

適切な文化財の保管、保存及び活用のためには、学芸員など文化財にかかわる専門知識を有する人材の配置と育成が重要です。  そこで、質問ですが、本市の文化財保護、活用において、専門知識を有する職員としての学芸員の配置、また、外部の専門家の活用と現在の状況についてお伺いいたします。  

札幌市議会 2019-09-30 令和 元年(常任)文教委員会−09月30日-記録

◎山本 子ども育成部長  成果指標の達成状況についてでございます。  自己肯定感の指標につきましては、子どもの権利条例施行した平成21年度以降、上昇傾向にはあるものの、目標値には達成していない状況であり、これまでの方向性を踏まえながら、より一層、効果的な取り組みの実施が求められているものと認識しております。

音更町議会 2019-09-13 令和元年第3回定例会(第3号) 本文 2019-09-13

このことにおいて、家庭と事業者、行政が一体となって次世代育成支援対策を迅速かつ重点的に推進するために、地方公共団体及び事業主にそれぞれの行動計画の策定を義務づけ、行ってきた。しかしながら、依然として少子化進行しており、核家族化の進行地域のつながりの希薄化などから、子育て家庭子育て孤立感と負担感を抱いているのが少なからずの現状である。  

札幌市議会 2019-07-29 令和 元年冬季オリンピック・パラリンピック招致調査特別委員会−07月29日-記録

以前、私の地域の民間児童育成会の親御さんにオリパラ招致をどう思いますかと聞いてみたところ、その親御さんから、そんなお金があったら、あしたの夕飯の食材を買って届けてほしいわと言われたことがありました。お子さんのいる親御さんこそ、子どもたちにとって夢の祭典であるオリンピック・パラリンピックの招致が支持されるものと思っていただけに、私自身、ちょっとがっかりしたことを記憶しております。  

札幌市議会 2019-07-03 令和 元年第二部議案審査特別委員会−07月03日-05号

スタートアップ創出支援事業では、札幌で創業を志す若者に対し、起業前から起業後まで専門家によるきめ細やかな相談体制を整え、産学官一体となってスタートアップ起業家の育成を推進し、ひいては、若者の道外転出に歯どめがかかり、札幌に定着するような支援に着実に結びつく事業となるよう求めます。  

札幌市議会 2019-07-03 令和 元年大都市税財政制度・災害対策調査特別委員会−07月03日-記録

そこで、質問ですが、平素から災害対応に関する若手職員の研修を充実し、人材育成を図っていく必要があると思いますけれども、どのように取り組むのか、お伺いいたします。 ◎中出 危機管理対策部長  若手職員など経験の浅い職員育成についてのご質問でございます。  

札幌市議会 2019-07-02 令和 元年(常任)総務委員会−07月02日-記録

これまでの間、このプランに基づきまして、雇用確保の観点から、産業育成、振興や若者の定着施策、また子育て環境の充実などさまざまな施策を推進してきたところであります。  本日は、プランの進捗状況とその評価に加えまして、今年度中の策定を予定しております(仮称)第2期さっぽろ未来創生プランの策定方針(案)などにつきましてご説明申し上げます。  

札幌市議会 2019-06-27 令和 元年第一部議案審査特別委員会−06月27日-03号

SDGsの課題解決にも貢献することが期待されるものであり、スマートシティ推進に向けて、この中核となる札幌市ICT活用プラットフォームの機能を十分に波及させるためにも、官民連携を基盤に、また活用する人材育成と確保にも視点を置きながら、真の実現につながる札幌市ICT活用戦略としていただきたいことを申し上げまして、私からの質問を終わります。

札幌市議会 2019-06-26 令和 元年(常任)文教委員会−06月26日-記録

◆森山由美子 委員  私が地域住民の皆様とさまざまなお話をさせていただく中で、今回の事案について、民生委員児童委員、青少年育成委員から意見をいただくことが数多くあります。これら委員の方々は、日ごろから地域を歩いているので、地域のことをよく知っており、たくさんの情報を持っています。

札幌市議会 2019-06-25 令和 元年第二部議案審査特別委員会−06月25日-02号

児童福祉法の第2条では、国及び地方公共団体は、児童保護者とともに、児童を心身ともに健やかに育成する責任を負うとされ、その対象は18歳未満となっています。対象年齢の拡大について、市長は、我が党の代表質問に対し、中学生までのさらなる年齢拡大は、市民要望も多く、重要課題として認識していると答弁されました。

音更町議会 2019-06-21 令和元年第2回定例会(第5号) 本文 2019-06-21

そうではなくて、私は上層部の指示ミス、部下の育成ミスだと思っているんです。きちんと部下を鍛え上げてひとり歩きさせるようにして、そして業務のポイントをきちんと示して、いついつまでにこれとこれについて適時適切に報告してこいと。このほうがよっぽど効率的じゃないですか。その体制ができていないんじゃないでしょうか。私は、部長、副町長の今話を聞いていてどうしても納得できない。

音更町議会 2019-06-21 令和元年第2回定例会(第5号) 名簿 2019-06-21

                           │ ├──┼───────┼────────────────────────────┤ │10│議案第7号  │音更町家庭保育事業等の設備及び運営の基準に関する条例の│ │  │       │一部を改正する条例案                  │ ├──┼───────┼────────────────────────────┤ │11│議案第8号  │音更町放課後児童健全育成事業