1115件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

札幌市議会 2019-09-30 令和 元年(常任)財政市民委員会−09月30日-記録

また、建物の耐震化等につきましては、地震のみならず、風や積雪等の影響も考慮しておりまして、時計台、豊平館、八窓庵、旧永山武四郎邸、旧三菱鉱業寮等では実施済みとなっているところでございます。一方、一部の文化財建造物とか郷土資料館では耐震診断や耐震改修が行われていない建物がある、そういった現状がございます。  

札幌市議会 2019-09-30 令和 元年(常任)経済観光委員会−09月30日-記録

ただ、過去には駅の耐震工事が再入札になったりして工期が心配された事例もありましたので、納期をしっかりと守れるような取り組みを行っていくことを求めます。 ○好井七海 委員長  ほかに質疑はございませんか。  (「なし」と呼ぶ者あり) ○好井七海 委員長  なければ、質疑を終了いたします。  次に、討論を行います。  討論はございませんか。  

音更町議会 2019-09-12 令和元年第3回定例会(第2号) 本文 2019-09-12

建設業については、防災減災、老朽化対策耐震化、インフラの維持管理などの担い手として、その果たすべき役割はますます増大しています。一方で、建設投資の急激な減少や競争の激化により建設業の経営を取り巻く環境が悪化し、ダンピング受注などによる建設企業の疲弊や下請企業へのしわ寄せを招き、結果として現場の技能労働者の高齢化や若年入職者の減少といった構造的な問題が生じています。

札幌市議会 2019-09-02 令和 元年(常任)総務委員会−09月02日-記録

各項目で記載している内容を幾つか取り上げますと、14ページ1のにぎわい・交流機能では、1点目で、両街区の低層部に商業施設を導入すること、2の宿泊機能では、国際水準のホテルを導入すること、3のオフィス機能では、高い耐震性や自立電源等を備えた高機能オフィスを導入することなどを記述しています。  次に、16ページをお願いいたします。  5−4.環境配慮・防災に関してです。  

札幌市議会 2019-07-03 令和 元年大都市税財政制度・災害対策調査特別委員会−07月03日-記録

避難所となる施設は、耐震対策がとられてはいますけれども、発災直後は、浸水や漏電、倒壊、破損、ガス漏れなど、危険要素もゼロではありません。また、今回、施設の開錠に当たっては、日ごろから施設設備をよく熟知している学校職員が先に到着し、施設管理者とともに被害状況を確認して市職員に伝えたことで、迅速な開設がされたという事例もございます。

札幌市議会 2019-06-20 令和 元年第 2回定例会−06月20日-03号

国の住宅建築物安全ストック形成事業は、住宅建築物耐震化などを促進するための事業であり、北海道からは、耐震診断で倒壊の危険性があるとされた住宅について、地震被害の復旧のみを目的とせず、耐震性を向上させる工事費用は交付対象となる、そういった旨の通知を受けているところであります。札幌市住宅耐震改修工事に対する補助制度におきましては、この通知に基づいた運用をしているところであります。  

音更町議会 2019-06-19 令和元年第2回定例会(第4号) 本文 2019-06-19

また、本町の歩みの中でも大きな節目となる大事業である庁舎耐震改修及び増築事業、魅力発信エリア整備事業を実施してまいりましたが、事業を進めていくに当たっては、可能な限り有利な財源を活用し、町民の皆さんへのサービスの質を下げることなく、安心して暮らしていただけるまちづくりを進めていかなければならないと考えております。  

札幌市議会 2019-05-28 令和 元年(常任)経済観光委員会−05月28日-記録

高架部耐震改修工事につきましては、南北線真駒内駅の耐震化等を進めております。  このほか、電力通信施設設備の改修、車両・工場機器設備の改修等を行ってまいります。南北線5000形と東西線8000形車両の車内表示器の更新につきましては、老朽化した表示器を更新するとともに、資料下段のインバウンド関係の中にも再掲しておりますが、4カ国語言語表記とする多言語対応を行うものでございます。  

札幌市議会 2019-05-27 令和 元年(常任)建設委員会−05月27日-記録

下水道施設災害対策では、近年の集中豪雨を踏まえた雨水拡充管の整備や、大雨でたびたび浸水が発生しているくぼ地など、浸水に弱い地区への対策を行うほか、地震対策として、都心部管路の耐震化及び水再生プラザの耐震工事に向けた詳細設計等を行います。また、下水道整備と水質改善及び下水道エネルギー資源有効利用につきましては、記載のとおりでございます。  

札幌市議会 2019-05-14 令和 元年(常任)文教委員会−05月14日-記録

今般、耐震診断を簡単な方法で終えてしまった学校施設、そして、耐震診断を行っていなかった学校施設が判明いたしました。  これまで耐震診断を行わずに来たことは、まことに不適切な対応でございました。また、耐震診断の結果、13の学校施設で必要な耐震性能が確保できていないということが判明いたしました。

札幌市議会 2019-05-14 令和 元年第 1回臨時会−05月14日-02号

主な質疑として、学校施設耐震診断に関連して、長期にわたって簡易的な方法により基準を満たすと判断されてきたことは問題だが、なぜ国が定める方法で改めて実施しなかったのか。耐震性能が低い学校に通う児童生徒や保護者に対し、不安を考慮した丁寧な説明が必要と考えるが、どのように対応したのか。

札幌市議会 2019-05-13 令和 元年第 1回臨時会−05月13日-01号

◎市長(秋元克広) まず、1点目の学校耐震の問題についてお答えをさせていただきます。  今回問題となった耐震基準の判明でありますけれども、これは、平成13年、14年に、学校耐震は、札幌の数は約300校ございますので、そういった中で、耐震改修の優先順位をつけるために簡易耐震診断を教育委員会で実施をしたところであります。

音更町議会 2019-05-08 令和元年第3回臨時会(第1号) 本文 2019-05-08

この議案につきましては、役場庁舎耐震改修及び増築工事に合わせて、書庫及びロッカーを整備するものでありますが、議会議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第3条の規定に基づき、議会議決を経ようとするものであります。  それでは、議案の説明をさせていただきます。  次のとおり備品を取得する。  1、備品の種類及び数量、書庫・ロッカー一式。  2、取得の目的、役場庁舎備品整理。  

音更町議会 2019-03-25 平成31年第1回定例会(第5号) 本文 2019-03-25

役場庁舎の耐震改修及び増築工事は、本年7月には増築棟に一部の部署が移動して執務を開始する予定です。  代表的なこれらの事業のほかにも、予算編成された事業については、本町の発展に必要不可欠であり、同時に町民の福祉の増進に寄与するものと考えます。  続いて、経常収支比率を見たときに、平成29年度の決算における数値は87.4%であり、本予算の数値は88.3%の見込みとなっています。

音更町議会 2019-03-19 平成31年度予算審査特別委員会(第6号) 本文 2019-03-19

若干、更新とは違うんですが、耐震化、企業としては、現在大口径の基幹管路、主に150ミリから500ミリメートルまでの基幹管路につきましては、耐震化率今約50%を超えたところでございますので、まずそちらを、防災の観点もございまして、優先的に取り組ませていただいている状況でございます。