35件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2
日付議会議事録名議事録内容
2018-06-19 帯広市議会 平成30年第3回 6月定例会-06月19日−04号 今防災訓練のときにこのプラカードということがありましたけども、これは一つ提案なんですが、千葉県の習志野市や茨城県の神栖市では防災バンダナというものをつくっております。約70センチ、70センチの防災バンダナ、大きな風呂敷ですね、その四隅に私は耳が聞こえませんとか手話ができますという文字が書いてあるんです。そうすると、それを半分に三角に折って首にかけると、私は耳が不自由ですってわかる。 もっと読む
2016-03-10 札幌市議会 平成28年第一部予算特別委員会−03月10日-05号 特に、習志野市では、下水道に大きな被害があり、し尿処理が困難となって、市民生活に深刻な影響が出ました。そして、復旧までに相当長い時間がかかるという話を現地へ行って聞いてまいりました。   もっと読む
2015-03-16 北見市議会 平成27年 予算審査第1特別委員会-03月16日−02号 知っておいてもらいたいのは、習志野から温根湯に土地と家を買って、それで住み着いて、温根湯のハンターの会員になった人がいるのです。会員にならないといろいろな駆除などを一緒にできないという条件があるのです。 もっと読む
2015-03-13 根室市議会 平成27年 3月 一般会計予算審査特別委員会-03月13日−01号 ◆委員(佐藤敏三君)  これは習志野市を視察したときの話なのですけれども、その視察の目的というのは、公共施設の延命化にかかわる事業ということで視察したのですよ。そのときに、今これからつくらなければならない施設の中でいろいろ話が出ました。私たちも、これは私が発言した。 もっと読む
2015-03-13 北見市議会 平成27年 予算審査第1特別委員会-03月13日−01号 ◆委員(堀川繼雄君) これは別に質問でも何でもなくて、実際にあることをわかってほしいのですけれども、実は温根湯に鹿撃ちのハンターが習志野から10年以上来ていたのですが、去年移住したのです。家も買って、車庫も自分でつくって、冷蔵庫や何かも買って。よく鹿被害だと言っているけれども、そういうハンターやその人の仲間がこの冬何人も来ているのです。 もっと読む
2015-01-22 根室市議会 平成27年 総合計画審査等特別委員会-01月22日−20号 私たちの会派で、昨年、千葉県の習志野市を視察してまいりました。習志野市は、約40年ぐらい前に東京の衛星都市として発達したという状況の中で、40年経過して、人口減少の傾向が出てきたと。 もっと読む
2014-10-28 根室市議会 平成26年 10月 一般会計決算審査特別委員会-10月28日−01号 ◆委員(佐藤敏三君)  この公共施設等総合管理計画の関係について、実は私たち会派の中で千葉県の習志野市をちょっと視察してきました。 もっと読む
2014-06-26 帯広市議会 平成26年第3回 6月定例会 議案審査特別委員会-06月26日−03号 そして、この液状化による被害状況は東日本大震災では千葉の浦安、これは8,700棟、これ液状化による傾きですとかさまざまなものがありましたし、同じく船橋市においては824棟、習志野市3,916棟、千葉市1,190棟など茨城県内内陸部においてもこういう被害が発生してるということであります。   もっと読む
2013-03-11 帯広市議会 平成25年第1回 3月定例会-03月11日−04号 2009年に白書をまとめた千葉県習志野市、昨年の5月にこの方針をまとめております。今後、25年間で更新維持費用を年平均47億円とはじいております。ただ、財源は21億円しかない、こういったことも伺います。  立川市なんかは、やっぱり外壁、内装、それから電気系統、排煙設備、この部位ごとにしっかりとその情報を把握して、優先度の内容ごとに取り組まれているところもあります。   もっと読む
2013-03-05 札幌市議会 平成25年第一部予算特別委員会−03月05日-04号 例えば、習志野市では、研修参加者有志による中間支援団体の設立をフォローし、フォローアップ研修でファシリテーターとして役割を与えながら、具体的な地域の課題抽出と活動展開につなげている事例もあります。札幌市におきましても、まちづくりサポート情報をしっかりと提供し、活動を支援していただくことを求め、私の質問を終わります。 もっと読む
2012-12-18 帯広市議会 平成24年 総務文教委員会-12月18日−13号 今の発言で思い出したんですけども、千葉県の習志野市は伝統的に地域担当職員制度をつくっているんです。何百人という職員が地域に張りつくというところから始まったんですね。最初はごみ掃除から始まったんですけど。今は、少し経費の関係で、管理職を中心にした制度に変わってきているようですけども、以前は平の職員もそういうようになってきているんですね。  だから、担当職員制度、僕は必要だと思います。 もっと読む
2012-09-24 旭川市議会 平成24年 第3回定例会-09月24日−06号 私は、以前、習志野市での子育てほっとステーション、赤ちゃんステーションについて質問をした経緯があります。子育てほっとステーションというこういうネーミングは、おしゃれ感があるんではないかと私は思っております。  当時の担当者は、3人全てが男性で、おしゃれ感や細やかさがなく、そして、何よりも問題なのは、利用者側の視点に立った事業になっていないということです。   もっと読む
2012-03-14 根室市議会 平成24年  3月定例会(第1回)-03月14日−03号 合葬式墓地の件につきましては、先ほども御答弁いたしましたが、全国で公設の合葬墓地が20カ所ということでありまして、これは非常にやっぱり都市部で、例えば神戸とか横浜とか、今習志野のお話ししてましたが、人口が集中していて土地がないと、そういう箇所が大体20カ所ということであります。 もっと読む
2012-03-13 帯広市議会 平成24年第1回 3月定例会-03月13日−06号 習志野ですとかあの沿岸線の中においても、この会長が茨城県の潮来市の市長がなっている、なぜなんだろうと私はちょっと疑問になりまして、いろいろ見ていくと、やはり非常に内陸部においても影響を受けてるんですね。この潮来市、茨城県潮来市というところは、やはり内陸部で液状化も起きている、こういったことにもやっぱり注目しなきゃならないと私は思うんです。   もっと読む
2011-09-15 旭川市議会 平成23年 第3回定例会-09月15日−04号 習志野市では、薬局の協力を得ることでそのような場所がつくられております。旭川市でも、薬局などの地域にある個人の店舗に協力していただくことで、薬の処方相談や育児相談などを受けることができ、親の悩み、不安感を減らすことで虐待や育児放棄などの防止につながると考えます。やはり、人にかかわることです。コミュニケーションが大事なのです。   もっと読む
2011-03-09 旭川市議会 平成23年 予算等審査特別委員会-03月09日−11号 それでは、子育てほっとステーションとこんにちは赤ちゃんステーション、これは授乳のところと、私、去年質問した中では、習志野市に視察に行って、薬局が中学校区に9つに分かれて、赤ちゃんほっとステーションということで設置がされておりました。 もっと読む
2010-12-10 帯広市議会 平成22年第6回12月定例会-12月10日−05号 それから、そういったものを整備するために9月の一般質問では同僚議員の藤澤議員が習志野市や、そして藤沢市の事例などを用いて白書をつくってみてはいかがですかという質問もされてるわけであります。私も本当にその言葉、そのとおりだなという思いで、前回9月にはちょっとこの質問はできなかったんですけども、今回改めて質問をさせていただきました。これ要望であります。しっかり検討していただきたいと思います。   もっと読む
2010-12-06 旭川市議会 平成22年 第4回定例会-12月06日−02号 以前視察しました千葉県習志野市では、市職員が地域活動に直接参加し、より市民の意向を市政に反映するため、市職員の一人一人が各コミュニティーの担当職員となり、担当地域の問題解決にはどうしたらよいかを市民とともに考えていこうとする、とてもユニークな取り組みです。 もっと読む
2010-06-25 旭川市議会 平成22年 第2回定例会-06月25日−04号 私は、2月に習志野市を視察してきましたが、ここでも「子育て応援ステーション」として実施されておりました。習志野市の子育てステーションは、市内9カ所の薬局の協力を得て実施しているもので、民間施設と連携し、より身近な子育て支援を展開しているのです。特製ステッカーが目につきやすい場所に掲示され、利用者が気軽に立ち寄れる環境が整備されておりました。   もっと読む
2009-12-10 旭川市議会 平成21年 第4回定例会-12月10日−03号 地域担当職員制度につきましては、実は、さきに民生常任委員会の視察で、この発祥である習志野市を訪ねてまいりました。やはり職員一人一人が地域に入り込み、そこで地域の課題を拾い、パイプ役になっていくと、行政と市民との信頼関係の構築という意味では非常に意義のある事業ではないかというふうに拝見をしてまいりました。   もっと読む
  • 1
  • 2