25件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

倶知安町議会 2020-09-15 09月15日-03号

倶知安町長からは、定例議会初日行政報告において、羊蹄山麓町村長会議としてまとめた意見反対と述べられていた。倶知安町長としての考えを改めてお伺いします。 ○議長(盛多勝美君) 文字町長。 ◎町長文字一志君) それでは、田中義人議員からの「核のごみ問題、倶知安町の考えは」の御質問にお答えいたします。 

倶知安町議会 2020-09-07 09月07日-01号

寿都町が高レベル放射性廃棄物地層処分に関する文献調査の申請を検討している旨の報道について、去る8月21日、羊蹄山麓町村長会議が開催され、寿都町から特段の説明がなく、詳細は不明でありますが、周辺町村に大きな影響を与えかねないことが懸念されることから、羊蹄山麓町村長一同は、次の事項について連携して取り組むことを確認しましたので、御報告申し上げます。 

倶知安町議会 2020-03-24 03月24日-05号

倶知安厚生病院は、羊蹄山麓町村や隣接する町村の中核的な医療を担い、公的医療機関地域センター病院災害拠点病院原子力災害医療協力病院として、地域住民に対する医療提供体制の維持が求められています。 こうしたことから、倶知安厚生病院には安定的な経営が求められており、訪日外国人に対して費用に見合った額を請求できるようになることが必要です。 

倶知安町議会 2019-09-18 09月18日-03号

まず1点目の見直し案提示の詳細な説明に関しましてでございますけれども、6月定例会において協議進捗状況の御指摘のとおり、早急に取り進めるとの答弁をさせていただき、定例会終了後、改めて北海道厚生連に対し行政報告でも延べさせていただいた6項目条件整理を7月末をめどに改定するよう求めて8月8日に開催された羊蹄山麓町村長会議において、北海道厚生連並び倶知安厚生病院から常務理事を初め、担当者5名が来庁し、

倶知安町議会 2019-09-17 09月17日-02号

1点目の道厚生連との話し合い経緯と、今回の報告までの時系列に関しましてでございますけれども、6月の定例会におきまして、協議進捗状況の御指摘があり、早急に取り進めるとの答弁をさせていただいたところでございますけれども、6月の定例会後、改めて北海道厚生連に対し、行政報告でも述べさせていただいた6項目条件整理を7月末までをめどに回答するよう求め、8月8日に開催された羊蹄山麓町村長会議において、見直し案

倶知安町議会 2019-06-19 06月19日-04号

3点目の厚生病院後援会に関しましては、平成28年6月に、羊蹄山麓町村等が地域一丸となって倶知安厚生病院を支えることを目的とし、倶知安厚生病院後援会を設立し、議会を初め関係者理解のもと交流会を実施してございます。倶知安厚生病院からも、地域の方と交流を深めるよい機会であり、大変好評との御意見をいただいているところであります。 

倶知安町議会 2018-12-11 12月11日-04号

私といたしましては、平成28年6月、羊蹄山麓町村等の地域地域一丸となって倶知安厚生病院を支えることを目的として私と当時の医療担当課長発案で立ち上げました倶知安厚生病院後援会のほか倶知安医療協議会羊蹄地域医療協議会、さらには産婦人科医師確保対策協議会倶知安厚生病院運営委員会協議の場のほか、まちづくり懇談会関係町村での地域住民説明会を開催するなど、丁寧に町民並びに圏域住民に対し説明し、御理解

倶知安町議会 2018-03-14 03月14日-02号

次に、倶知安厚生病院財政状況の推移についてでございますが、議員御承知のとおり、羊蹄山麓町村からの2億円の財政支援を含めましても、平成23年度の最終決算額マイナス4億9,000万円でありましたが、先ほど申し上げました医師確保対策並びにさまざまな経営改善対策、さらには町議会議員皆様羊蹄山麓地域住民皆様などの御理解等を賜りまして、直近の平成28年度の最終決算額マイナス1,900万円となり、5

倶知安町議会 2017-03-14 03月14日-03号

町といたしましては、今後とも引き続き羊蹄山麓町村関係団体連携を図り、倶知安厚生病院で働く常勤医師のさらなる勤務負担軽減に向け、私みずからも関係医育大学関係機関へ直接出向き、安定的、継続的な医師確保等の取り組みを推進してまいりたいと考えておりますので、御理解と御協力を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。 以上、答弁とさせていただきます。

倶知安町議会 2016-06-14 06月14日-03号

これは羊蹄山麓町村との協議の中で、住民に混乱を与えずスムーズに固形燃料化処理に移行することに主眼を置いたものです。現行の分別方法でいくと、可燃ごみには本来プラスチック系ごみは入っていないことになっていますので、副資材として必要な分は委託先で手当てすることを基本的な考え方として、固形燃料化処理をスタートしています。

倶知安町議会 2014-06-16 06月16日-02号

倶知安町の場合、羊蹄山麓町村経済圏として、多くの他町村方々が滞在し、活動していると、こういう実態でありまして、平成22年国勢調査による昼間の人口は1万6,216人でありまして、常住人口が1万5,568人に対して648人が流入超過人口となっているという数字が出ておりまして、その状況からも、今後のまちづくりにおきましては、議員の御提案のとおり、これらの方々を、本町に住所を有する住民とともに、本町まちづくり

  • 1
  • 2