65件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

札幌市議会 2019-10-24 令和 元年大都市税財政制度・災害対策調査特別委員会−10月24日-記録

最後の質問ですが、改定案の78ページの緊急輸送道路の整備等では、推進事業の中に創成川通機能強化検討調査事業とありまして、都心高速道路を結ぶ創成川通の機能強化となっています。緊急輸送道路として都心アクセス道路の強化を重点にすることはふさわしいと言えるのか、お伺いします。

札幌市議会 2018-12-19 平成30年総合交通調査特別委員会−12月19日-記録

現在の創成川通は、緊急輸送道路として、大規模災害時の人命救助物資供給などを担う重要な道路の一つでありますが、地震発生後は、ほかの道路と同様、その機能を十分に発揮することができなかったのではないかと思います。  そこで、質問ですが、都心アクセス道路に必要な機能として、今回の地震からどのような知見が得られたのか、また、検討に当たっての防災に対する考え方をお伺いいたします。

札幌市議会 2018-11-01 平成30年(常任)建設委員会−11月01日-記録

◆村松叶啓 委員  緊急輸送道路から指定緊急避難場所までの道路避難場所周辺の道路については、優先的な作業に努めるとのことでありました。避難所は、震災時の市民生命を守る命綱であるため、しっかりと取り組んでいただきたいと思います。  今回の震災で学んだこととしては、燃料の確保の難しさも挙げられます。

札幌市議会 2018-10-31 平成30年第 3回定例会−10月31日-06号

陥没等の被害を受けた幹線道路について、緊急輸送道路として災害時の交通確保という重要な役割を担っているため、重点的に復旧させるべきと考えるが、どのように対応しているのか。地下鉄沿線上の道路について、地盤沈下の再発防止には、土質調査等を含めた安全対策が必要であり、地震で陥没した路線だけでなく、全面的に調査していくべきと考えるが、どうか。

札幌市議会 2018-10-29 平成30年第二部決算特別委員会−10月29日-09号

一方、緊急輸送道路についてですが、このたび陥没が発生した東15丁目・屯田通は、第2次緊急輸送道路の指定を受ける重要な路線でありますので、しっかりと原因を究明し、本復旧に向けた調査検討を行うべきであります。また、これ以外にも陥没や段差などが発生している幹線道路があります。一昨日の大雨でも冠水し、通行どめとなった道路も数多くございました。

札幌市議会 2018-10-10 平成30年第二部決算特別委員会−10月10日-02号

◎伊藤 維持担当部長  特に、緊急輸送道路でございます東15丁目・屯田通では、約4キロメートルにわたり断続的に陥没などの大きな被害が発生し、全面通行どめにより市民生活に大きな影響を及ぼしたことは、建設局としては大変重大なことと認識しているところでございます。  ほかの区間におきましては、変状は確認されていないところでございます。

札幌市議会 2018-10-02 平成30年第 3回定例会−10月02日-03号

これらの政策目標は、我が会派がこれまで訴え続けてきたものであると評価しておりますが、私は、これに加えて災害時の緊急輸送道路としての位置づけが極めて重要であると考えます。このたびの北海道胆振東部地震では、大規模停電により、道内の物流が麻痺するとともに、運休したJRや地下鉄の代替交通として頼みの綱である路線バス都市バスも運行を休止せざるを得ない状況となりました。

札幌市議会 2017-10-06 平成29年第二部決算特別委員会−10月06日-02号

橋梁の耐震化につきましては、地震発生時の安全性の確保はもちろんでありますが、緊急輸送道路に指定されている道路などの橋梁については、災害時における救急、消火及び緊急物資の輸送などの重要な機能を確保するために重要であることは言うまでもありません。耐震化の対象となる橋は123橋で、昨年度までで84橋が完了したということです。

札幌市議会 2017-03-08 平成29年第二部予算特別委員会−03月08日-02号

我が会派は、2013年の決算特別委員会において、市が前年の2012年3月に幹線道路緊急輸送道路を合わせた約570キロメートルを対象とした幹線道路舗装補修計画を策定したことを受けて、穴ぼこなどの舗装補修は、応急処置で終わることなく、切削オーバーレイなど、舗装表面をしっかりと修繕し直す必要があることを求めました。その後、市は、計画的に補修工事を実施していることと思います。  

札幌市議会 2017-03-03 平成29年(常任)建設委員会−03月03日-記録

この結果については、市のホームページ上でも公開されておりまして、確認してみましたが、環状通の整備目的については、第1次緊急輸送道路であること、そして、都心部への不必要な通過交通の抑制である、そういったことでありました。  そこで、最初の質問ですが、環状通の整備は、都心部の通過交通抑制にどのような効果があると考えているのか、お伺いしたいと思います。

札幌市議会 2017-03-01 平成29年第 1回定例会−03月01日-04号

札幌市においては、これまで、都心部の緊急輸送道路など、主に防災機能の観点から効果の高い路線を選定し、整備を進めてきたところでありますが、新法成立により、これまで以上に無電柱化を推進していこうという機運がある中、安全で快適な通行空間の確保といった視点も加味し、区域についても、より幅広く積極的に事業展開を行うべきであり、特に子どもの安全にかかわってくる通学路等については、地域の声に耳を傾け、無電柱化を推進

札幌市議会 2016-10-21 平成28年第一部決算特別委員会−10月21日-06号

したがいまして、札幌市では、第1次緊急輸送道路、第2次緊急輸送道路、第3次緊急輸送道路ということで、その道路の特色に応じて位置づけし、ネットワークを形成しているというふうに考えております。 ◆村上ひとし 委員  それが、こういうデータ、つまりグラフなどで出ると、防災上、非常に役立つというふうに思う市民がたくさんいると思うのです。

札幌市議会 2016-10-12 平成28年第一部決算特別委員会−10月12日-03号

このため、現計画におきましては、緊急輸送道路に指定されている橋梁、JR跨線橋、高速道路をまたぐ橋梁など259橋のうち、耐震性能を満たしていない123橋を優先して整備する橋梁に選定いたしまして、現在、順次、耐震化を進めているところでございます。  次に、2点目の現在の進捗状況でございます。  平成28年度末で84橋の耐震補強が完了する予定であり、率にして68%の達成率となる見込みでございます。  

札幌市議会 2016-10-07 平成28年第二部決算及び議案審査特別委員会−10月07日-02号

◎渡辺 維持担当部長  舗装補修や舗装路面下空洞調査、道路清掃などにつきましては、幹線道路緊急輸送道路などを中心に行ってまいりますが、今後も、路線の重要度に応じて、めり張りをつけ、計画的に行ってまいりたいと考えております。また、その他の生活道路などにつきましては、道路パトロールを行いながら、適時適切に対応してまいりたいというふうに考えております。

札幌市議会 2016-06-03 平成28年総合交通調査特別委員会−06月03日-記録

ことしの4月に発生しました熊本地震などを見ましても、災害発生時の迅速な救助活動や捜索活動、また、札幌市を含めた全国からの支援物資の輸送など、緊急輸送道路として位置づけられている高速道路や国道などといった幹線道路が担う役割は、防災上も大変重大であることを痛感させられました。

札幌市議会 2016-05-26 平成28年第 2回定例会−05月26日-03号

また、大規模災害においても、都心部には関係行政機関や高度医療施設が集積しており、物資輸送や人員移送の拠点である新千歳空港や丘珠空港、石狩湾新港等との防災拠点としての連携強化が重要であり、第1次緊急輸送道路として位置づけられる創成川通が、防災上、担う役割は非常に大きいものです。