19件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

函館市議会 2013-06-17 06月17日-02号

都市建設部長戸内康弘) 入札公告取り下げになった要因についてのお尋ねですが、昨年5月の国際水産海洋総合研究センター関係工事の発注に関して、入札公告取り下げを招いた要因といたしましては、結果的に設計時における積算の精査作業の過程においての見落としが、入札執行に支障を来したものでありまして、その原因は職員の技術力の低下によるものではないとは受けとめているところでございます。 

北見市議会 2008-12-14 09月29日-02号

アクションプラン策定スケジュールでございますけれども、現在庁内の各部各課におきまして、平成21年から25年の5年間に着手をいたします環境関連事業精査作業を行っているところでございまして、既に9月より内閣地域活性化統合事務局関係いたします各省支援策打ち合わせを並行して行いまして、10月末までに素案提出をする、このような段取りになっております。

帯広市議会 2008-12-14 09月29日-02号

アクションプラン策定スケジュールでございますけれども、現在庁内の各部各課におきまして、平成21年から25年の5年間に着手をいたします環境関連事業精査作業を行っているところでございまして、既に9月より内閣地域活性化統合事務局関係いたします各省支援策打ち合わせを並行して行いまして、10月末までに素案提出をする、このような段取りになっております。

函館市議会 2001-12-12 12月12日-05号

まず1点目でございますが、アクアコミュニティにかかわって資本金損失補償についてのお尋ねでございますが、アクアコミュニティ取り組みに当たり、政策投資銀行から資本金についても再検討すべきとの指摘があり、精査作業の中でコクド協議いたしましたが、当初の方針どおりであるとの考え方が示され、また損失補償につきましても当初から市の助成は期待していないとの考え方が示され、市としても同様に考えていたところでございます

函館市議会 2001-12-07 12月07日-02号

しかし、入館者数を初めとする収支計画につきましては、精査が必要であると考え、コクド政策投資銀行との精査作業を進める中で、事業規模の大幅な縮小が避けられないことや、一方で第三セクターを取り巻く厳しい環境金融機関状況などがあり、総合的な判断のもと事業を中止をいたしましたが、まことに残念なことと受けとめており、これまでの調査研究の中で得られたノウハウについては、今後の取り組みに反映してまいりたいと

函館市議会 2001-09-18 09月18日-04号

また、入館者数収支計画精査作業が始まってからは、そのめどや事業スケジュールなどについても明らかにされるよう求めてまいりました。しかし、残念ながら精査作業はおくれ、いまだその結果は公表されません。しかも、おくれに至る内容が定かではありません。そこで、もう一度精査の視点と内容についてお尋ねしたいと思います。 

函館市議会 2001-09-14 09月14日-02号

コクドさんも一応は試算をしましたが、そういった意見に対しては、見直しの必要もあるのかなというようなことで、気持ちとしては三者一体になってるということで、今精査作業に入っておると、そういう状況でございます。 

函館市議会 2001-03-13 03月13日-07号

さらに、一部懸念する声もございますので、この入館者数、とこれに基づく収支状況、さらには他都市の三セクの事例などの情報収集などについても取り組みまして進めていくということで、現在コクド、さらには政府系金融機関とも協議を深め、精査作業に取り組んでいる状況でございますので、御理解をいただきたいと思います。 以上でございます。

函館市議会 2001-03-12 03月12日-06号

入館者数精査をしているとおっしゃっていますが、一方では、7月や8月ごろには第三セクターを立ち上げたいとおっしゃっているわけで、いつを目途に精査作業を終わらせるおつもりなのか、お聞かせください。 次に、事業費関係ですが、建築費66億円の内訳と、観覧車IMAXシアターなど附帯設備を除いた水族館単体建築費は幾らの予定なのか、お答えください。 

函館市議会 2001-03-07 03月07日-03号

次に、アクアコミュニティにかかわって、市民合意を得てから第三セクターを立ち上げるべきではないか、そういったお尋ねでございますが、昨年9月に基本構想を公表して以来、議会での御論議を初め、広報紙による周知や各関係団体等への説明をしてまいりましたが、私といたしましては、入館者数についてより精査をする必要があると存じますし、また一部懸念する声がありますことから、コクド政府系金融機関とも協議を深め、精査作業

函館市議会 2001-03-06 03月06日-02号

次に、アクアコミュニティにかかわって、まず第1点目、入館者80万人についてのお尋ねでございますが、入館者については来函観光客と渡島・桧山管内地元客という2つの区分設定をし、データや要因を加味しながら推計したものでありますが、私としても、なお精査する必要があると感じており、また、一部懸念する声がありますことから、パートナーでありますコクド融資窓口となる政府系金融機関とも協議を深め、精査作業を進めているところでありますので

函館市議会 2000-12-08 12月08日-02号

また、収益に一番大きなウエートを占める入館者数については、開業当初80万人とし、2年目以降入館者は漸減するため、5年置きに投資を行い70万人台の入館者を維持し、経営努力することが示されておりますが、議会での御論議を初め懸念する声が一部にございますので、精査作業を進めているところでございます。 

  • 1