218件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

音更町議会 2019-12-13 令和元年第4回定例会(第2号) 本文 2019-12-13

最初は先住民族であるアイヌの方々が住まわれていたところ、岩手県出身の大川宇八郎氏が移住してきたことに伴い、矢部団体、武儀団体、晩成社、天理教などの入植により自然林を開拓し、農地を開墾、放牧を行い、冬の厳しい寒さの中を耐えて、現在の大豆、小麦、日本一を代表する穀倉地帯を形成し、生乳生産を行い、十勝川温泉北海道遺産のモール温泉を開き、十勝種畜牧場を運営するなどして今日の繁栄を享受してございます。

札幌市議会 2019-10-09 令和 元年第一部決算特別委員会−10月09日-04号

北海道においても、先日立ち上げたほっかいどう応援団会議の中で、ふるさと納税や移住とともに、首都圏からの関係人口を創出する動きが見られます。札幌市としても、先ほど部長から答弁があった情報発信であったり人手不足に対して、これから、デジタルサイネージを使ったり、ボランティアを集めたりということが大事だというふうに私も思います。  

音更町議会 2019-09-24 平成30年度決算審査特別委員会(第4号) 本文 2019-09-24

また、空き家を有効活用しようという観点から購入費に対する補助ということで、これは子育て世帯の場合にはプラス10万円、あるいは町外からの転入の場合には10万円というようなことで、子育て支援と、それから移住、定住というようなことの施策ともあわせてやっておりまして、これでは30年度の決算で9件の実績があるということでございます。

音更町議会 2019-09-19 平成30年度決算審査特別委員会(第2号) 本文 2019-09-19

移住対策関係費につきましては、移住を促進していくための各種経費であり、首都圏で開催された移住フェア等に係る旅費パンフレットの作成を初め、体験住宅の実施に係る賃貸料や消耗品等の経費、また、移住関係雑誌への広告料等でございます。  音更町・帯広大谷短期大学包括連携事業補助金につきましては、町と大谷短期大学が連携をして実施いたします学生募集強化や地域コミュニティ活性化事業に対する補助金であります。  

札幌市議会 2019-07-02 令和 元年(常任)総務委員会−07月02日-記録

今後は、発展が期待できる食や健康医療分野などの産業を振興して魅力のある雇用の創出につなげるとともに、東京圏からの移住支援など人材を呼び戻す取り組みについて力を入れて検討していきたいと考えております。 ◆小口智久 委員  わかりました。  次に、子どもを産み育てやすい環境づくりに関連した取り組みについて伺います。  

札幌市議会 2019-07-01 令和 元年第二部議案審査特別委員会−07月01日-04号

札幌で働ける場を生み出し、道外に転出した若者も含めて人材を呼び戻し、さらには、道外からの移住も呼び込む施策を展開することはとても重要な取り組みと考えます。当事業について、補正予算の概要を見ると、スタートアップ創出支援として、高校生や大学生向け起業プログラムやイベント実施などの経費が計上されています。  

音更町議会 2019-06-19 令和元年第2回定例会(第4号) 本文 2019-06-19

そして、対象となられる方々は、先ほど御紹介させていただきましたけれども、もう少し幅を広げていただいて、例えばいろんなイベントなどをされている方々おられますので、そういう方々とか、それから移住とか転入された方々、それから音更に住んでおられて町外に勤務先があって通勤されている方という方々を対象に、今後2年間ありますので、そういうことも検討されているとは思いますけれども、私としてはそういうような方々の声を

札幌市議会 2019-06-19 令和 元年第 2回定例会−06月19日-02号

このような教育改革の中身に迅速、的確に対応して、将来の社会を担う子どもたちに今求められる学力義務教育段階においてしっかりと育み、さらに、その先の高等学校大学などの高等教育へとつながっていけるまちであることが、北海道の中核である札幌市が今後より一層活力ある都市として成長していく上で大変重要なことであると同時に、教育環境が整っているまちとして、市の内外に対する魅力の向上に寄与し、ひいては、企業誘致や移住促進

音更町議会 2019-06-17 令和元年第2回定例会(第2号) 本文 2019-06-17

現在、道に事業申請中でありますが、この事業は、道と道内の希望する市町村が一体となり、東京圏から人を呼び込もうとするもので、マッチングサイトによる求人情報を提供し、移住者にも支援金を支給するものであります。また、中小企業等においては経営者の高齢化も極めて深刻な問題であることから、商工会と連携して事業承継のアンケート調査を行い、次年度から具体的な支援に結びつけたいと考えております。  

根室市議会 2019-04-17 04月17日-01号

今後は、私は、地元枠のお話もいただきましたけれども、新規採用はもとよりでありますけれども、加えて、例えば移住政策とのコラボでできないかということも対応なのかなと思っております。

音更町議会 2019-03-14 平成31年度予算審査特別委員会(第4号) 本文 2019-03-14

住生活基本計画策定事業費につきましては、人口減少社会に向け、移住・定住対策などを含めた今後の町の住宅政策基本となる住生活基本計画の策定と既存公営住宅の現状を把握した上で、修繕、建て替えなどの方針、適正な管理戸数や整備方法等について検討し、公営住宅等超寿命化計画を策定するものでございます。  72ページ、3目住宅建設費でございます。

音更町議会 2019-03-12 平成31年度予算審査特別委員会(第2号) 本文 2019-03-12

移住対策関係費については、昨年に引き続き、十勝管内の自治体と連携して本州で開催される移住フェアに参加する経費や移住関係雑誌広告掲載料のほか、短期移住体験住宅に係る賃借料、光熱水費等を計上しております。また、新規として、地方創生推進交付金を活用し、移住フェアなどで活用する町のプロモーション映像を作成いたします。  

音更町議会 2019-03-07 平成31年第1回定例会(第3号) 本文 2019-03-07

次に、他の市町村や他国の人たちの知識や意見を施策に反映させた事例についてでありますが、他自治体との連携については、十勝圏複合事務組合消防の広域化など管内の市町村と連携した事務事業を実施しているほか、北十勝4町と池田町との広域観光の推進、首都圏からの移住・定住を促す取り組みなど、広域的な連携を行っております。

石狩市議会 2019-02-22 02月22日-議案説明、質疑-01号

次に、人口減少社会に対応するため、新たな人材確保に向けた取り組みとして、引き続き就業・移住定住環境の向上等の各種施策を取り進めます。 これらの事業を盛り込み、一般会計の規模としては、前年度対比で4.2パーセント増となっております。 これまで予算編成に当たっては、常に財政健全化に向け、収支バランスに重きを置きつつ、その中で、可能な限り早期に市民ニーズに応える予算を組んでまいりました。 

札幌市議会 2019-02-08 平成31年第 1回定例会−02月08日-01号

次に、産業分野の人材を育む街の実現に向けた施策につきましては、東京圏における札幌への就職希望者向けに就職支援窓口の設置を継続するとともに、市内企業東京圏での採用活動の支援を行うほか、学生の就職活動支援として、連携中枢都市圏内の企業の採用試験インターンシップなどに参加するための交通費の補助制度を設けることに加え、東京23区内から就職や起業により本市に移住する方に対し、移住費用の助成を行うなど、市内企業