343件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

音更町議会 2019-03-08 平成31年第1回定例会(第4号) 本文 2019-03-08

次の質問でありますが、一般社団法人JEANを御存じかと思います。このJEANという団体は、海や河川のクリーンアップを世界的に実施している団体であります。このJEANが、春と秋の2回クリーンアップキャンペーンを実施しております。先ほど、町民と一体になって回収するクリーン作戦を音更町でも実施しているということでありました。これもたしか春と秋の2回実施されていたんではないかなと記憶をしております。

札幌市議会 2019-03-04 平成31年第二部予算特別委員会−03月04日-05号

一つは、札幌市水道サービス協会、それから、一般社団法人日本ダクタイル鉄管協会、もう一つは札幌市工事協同組合、この三つが出ましたけれども、札幌市水道サービス協会は、いわゆる出資団体ということで、ほかの2団体はあくまでも民間事業者の共同体という形で、再就職等を含めまして扱いが異なっております。

札幌市議会 2018-12-13 平成30年第 4回定例会−12月13日-04号

小島佳代子氏は、現在、一般社団法人手をつなぐ育成理事等として活躍されている方であります。  坂田祚子氏は、現在、北海道女性国際交流連絡協議会事務局長等として活躍されており、平成19年4月から人権擁護委員に就任されている方であります。  福岡 薫氏は、長く法務局に勤務され、平成22年1月から人権擁護委員に就任されている方で、現在、札幌人権擁護委員議会常務委員等をされております。  

札幌市議会 2018-10-10 平成30年第一部決算特別委員会−10月10日-02号

また、舗装工事に関して言いますと、民間団体の一般社団法人日本道路建設業協会の資格である舗装施工管理技術者については、ことし7月1日現在で1級、2級の技術者を合わせると全国に約5万259人の登録者がおり、道内でも約2,169人の登録者がおります。この半数以上が札幌に登録している業者で、資格者もいると思います。  

札幌市議会 2018-10-02 平成30年第 3回定例会−10月02日-03号

国内では、これまでに、熊本市を初め、4都市が一般社団法人日本フェアトレード・フォーラムによる認定を受けてフェアトレードタウンとなっており、札幌市でも、有識者や事業者を中心とした市民団体、フェアトレードタウンさっぽろ戦略会議が認定に向けて精力的に取り組んでいることは、以前、ご紹介したとおりです。  

石狩市議会 2018-07-18 07月18日-代表質問-02号

本町地区の価値の再認識の共有と新たな好奇心の創造を図るため、一般社団法人石狩観光協会と連携して、日本財団を交えて構想についての話し合いを現在進めているところであります。 今後も引き続き各種関係団体と、新たな海水浴以外の海の楽しみ方や、石狩市にしかない魅力創造及び機能統合に向けた協議を進め、新たな複合機能拠点形成などを視野に検討を進めてまいりたいと存じます。 私からは、以上です。

札幌市議会 2018-03-19 平成30年第一部予算特別委員会−03月19日-07号

また、創成東地区でのエリアマネジメント活動を目指す一般社団法人さっぽろ下町づくり社は、地元町内会と新しい住民の交流促進にも尽力しておりまして、この活動を後押しして事業を進めることでより効果を上げていきたいと考えてございます。 ◆小口智久 委員  この取り組みは、地区の方々の思いに耳を傾け、ともに進めていくべきであり、そうしたことが新旧住民の交流の場になると思います。

札幌市議会 2018-03-09 平成30年第一部予算特別委員会−03月09日-03号

さて、日本でのフェアトレードタウンの取り組みは、認定組織である一般社団法人日本フェアトレード・フォーラムの前身組織平成23年に設立されて以降に始まったものでありますが、その年に熊本日本初、アジア初のフェアトレードタウンとなったことを皮切りに、名古屋市、逗子市、また浜松市が認定を受けております。

札幌市議会 2018-02-26 平成30年第 1回定例会−02月26日-02号

吉田 徹氏は、平成27年に1級建築士の登録をされ、現在、一般社団法人北海道建築士会札幌支部理事をされております。  次に、議案第57号は、札幌市オンブズマン委嘱に関する件であります。  札幌市オンブズマンであります杉岡直人氏は、来る2月28日をもって任期満了となりますが、引き続き同氏に委嘱することを適当と認め、議会同意を得るため、本案を提出したものであります。  

札幌市議会 2017-12-05 平成29年第 4回定例会−12月05日-02号

今春、エリアマネジメント活動の実現を目指し、一般社団法人さっぽろ下町づくり社が地元有志によって立ち上がり、リノベーションまちづくりを推進する動きも出ています。  我が会派は、民間主導でプロジェクトを起こし、行政が支援する民間主導の公民連携の新しい形として、リノベーションまちづくりが大きな意味を持つと考えます。

札幌市議会 2017-10-11 平成29年第一部決算特別委員会-10月11日-03号

納品されたフィルターにつきましては、一般社団法人公共建築協会の評価書で、国土交通省大臣官房官庁営繕部監修の公共建築工事標準仕様書に適合する評価を得ており、納品検査報告書でその仕様にうたっているJIS比色法換算90%以上となっておりますことや、粒子捕集率のデータが本市が求めている性能を十分に担保できているフィルターを使用しているものであり、さらに、ろ材と外枠が接着されていることが確認できることから、エアリーク

音更町議会 2017-06-29 平成29年第2回定例会(第5号) 本文 2017-06-29

同じく4項社会教育費、1目社会教育総務費の19節負担金、補助及び交付金に200万円の追加でありますが、これは、一般社団法人自治総合センターが実施するコミュニティ助成事業におきまして、本町の郷土芸能音更駒太鼓保存会の太鼓等の新規購入及び既存太鼓の修繕が採択を受けたことから予算措置するものであります。この財源につきましては、全額自治総合センターから措置されるものでございます。  

音更町議会 2017-06-22 平成29年第2回定例会(第2号) 本文 2017-06-22

道は、良好な広告景観の形成を目的に、平成24年に一般社団法人北海道屋外広告団体連合会、北広連と連携協定締結し、屋外広告セーフティホットラインを設置して、住民から安全上の問題となり得る屋外広告物の情報提供を電話電子メールで受ける体制を構築し、指導に当たっております。  

札幌市議会 2017-06-12 平成29年大都市税財政制度・人口減少対策調査特別委員会−06月12日-記録

なお、運営費につきましては、業界団体であります一般社団法人水素供給利用技術協会からも3分の1が補助されている状況でございます。 ◆松原淳二 委員  全国の普及状況ですが、水素ステーションは、計画中のものを含めると98カ所、燃料電池自動車は約1,500台ということでございます。また、2分の1から3分の2程度の補助ということについても確認させていただきました。