13件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

札幌市議会 2020-03-16 令和 2年第一部予算特別委員会−03月16日-02号

次に、ただいま札幌市における地方再犯防止推進計画を策定いただけるとのことでありましたので、最後に、矯正施設関係行政機関更生保護団体との連携について質問したいと思います。  札幌市が再犯防止取組を推進していく上では、これまでも様々な取組を行ってきた矯正施設等との連携は欠かせないものであります。

函館市議会 2019-06-25 06月25日-02号

再犯防止に向けました本市取り組みといたしましては、これまでも函館地区保護司会など民間の活動団体への財政的支援のほか、協力雇用主に対する支援として、競争入札参加資格審査総合評価落札方式入札における優遇措置導入、さらに社会を明るくする運動を通じた市民への広報・啓発への協力などとともに、矯正施設退所者等の個別の相談に応じて、就労や住居の確保などへの支援についても行ってきたところであります。 

恵庭市議会 2018-09-20 09月20日-03号

罪を犯した人が矯正施設に入りますと、1人年間約300万円の経費がかかると言われています。罪を犯すことを事前に防いで、ある会社に就職すれば、年間300万円の収入を得るようになるかもしれません。するとプラスマイナス600万円の差です。これが10年間続けば6,000万円となります。 

恵庭市議会 2017-03-02 03月02日-02号

そこで、全国自治体の間では、公共施設等競争入札において、矯正施設入所者協力雇用主に対して優遇制度導入が広がっています。法務省と国もそれを望んでいます。 本市においても、地域貢献社会貢献という視点から、障がい者の雇用と同じく評価項目にぜひ加えてほしいと考えますが、前向きの所見をお伺いします。 ○伊藤雅暢議長 中川総務部長

札幌市議会 2016-10-18 平成28年第二部決算及び議案審査特別委員会−10月18日-06号

この取り組みは、ハローワークが出張して、矯正施設で服役中から求職活動の方法を伝えるセミナーなどを開催するほか、さまざまな資格取得が可能な職業訓練も実施されており、出所後の円滑な就労に向けた準備が図られております。また、保護観察所ハローワーク連携して職場体験セミナー事業所見学会などを実施するなど、さまざまな支援を行っていると資料に載っております。  

釧路市議会 2007-03-06 03月06日-03号

次に、釧路刑務所移転構想の推移についてでありますが、宮本町にあります釧路刑務所は、地区住民の皆様のご理解とご協力のもと、1916年に現在地に設置され、犯罪傾向の進んでいない、いわゆる軽い受刑者収容施設となっているところでありますが、法務省では矯正施設等の再編を計画しておりまして、釧路刑務所帯広の支所となることが決定をしております。

帯広市議会 2004-03-01 03月05日-02号

とりわけ関心を持って読んだのは、矯正施設の中にこのことが多くあるということが書いてあったわけであります。矯正施設と言えば塀の中を連想しますし、特別の部屋を連想しますし、俗に言う隔絶された場所、限られた場所に想像するのであります。ましてや不適切な対応の中にセクハラがあるとすれば、何をか言わんであります。地に落ちたことのきわみであります。 警察報償費疑惑は大変なことであります。

北見市議会 2004-03-01 03月05日-02号

とりわけ関心を持って読んだのは、矯正施設の中にこのことが多くあるということが書いてあったわけであります。矯正施設と言えば塀の中を連想しますし、特別の部屋を連想しますし、俗に言う隔絶された場所、限られた場所に想像するのであります。ましてや不適切な対応の中にセクハラがあるとすれば、何をか言わんであります。地に落ちたことのきわみであります。 警察報償費疑惑は大変なことであります。

函館市議会 2003-09-16 09月16日-03号

国の障害児・者の地域矯正施設インテグレーションインクルージョンという発想があります。あらゆる障害のある人たち健常者も分けることなく、ともに生きていこうというのがインテグレーション。そして、何でも一緒にしようと試みました。けれど、一緒にはなったけれども、障害のある人たちには必ずしも満足のいくものではありませんでした。そのことを反省して、インクルージョンが誕生いたしました。

釧路市議会 2002-03-11 03月11日-06号

9つ目には、矯正施設受刑者収容率が100%を超え、過剰収容となっていることが明らかになりました。ちなみに、道内の刑務所札幌、旭川、釧路帯広、網走、月形、函館の7矯正施設を見るとき、平成9年被収容者数をトータルでは5万897人であったものが、平成13年の現在6万5,508人で、1万4,611人の大幅増加となっております。

  • 1