3294件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

音更町議会 2019-12-19 令和元年第4回定例会(第5号) 本文 2019-12-19

それから2点目の指定管理者の、地方において正常な競争はできないのではないかというような懸念があったんだがということでございますけれども、指定管理者制度自体が、競争できればいいんですけれども、できればいいと申しますか、制度自体が民間の活力を利用して、複数者の申請をいただいて、その競争の中で最も優良な、優秀な事業者に施設の管理をお願いをしてその施設効能を最大限に発揮していただくということが目的な訳でございますけれども

音更町議会 2019-12-16 令和元年第4回定例会(第3号) 本文 2019-12-16

この施設整備に係る協議経過、目的効果は。  2、幕別町内では、町独自で札内地区にミニ排水機場的な雨水強制排水施設ゲートポンプ2基を設置しています。音更町では北海道開発局が設置していますが、その理由について伺います。  3、町内の他の音更川樋門箇所に1、2同様の施設整備の考えは。  4、北海道開発局北海道電源開発株式会社など関係機関との洪水時におけるダム緊急放流等に係る協議の進捗状況は。  

音更町議会 2019-12-13 令和元年第4回定例会(第2号) 本文 2019-12-13

さらにその標語なんかを募集してということだと思いますけれども、それについては120年記念でやるべきものなのか、それとも通常の交通安全意識の高揚という目的でやるのがいいのか、その辺も十分に検討させていただいた上でやれるやれないの判断をさせていただければなというふうに思っておりますので、御理解いただきたいと存じます。

音更町議会 2019-12-11 令和元年第4回定例会(第1号) 本文 2019-12-11

この法律は、行政庁の違法または不当な処分に関し、国民が簡易・迅速かつ公正な手続のもとで行政庁に対する審査請求をすることができる制度を定めることにより、国民権利・利益を救済するとともに行政の適正な運営を確保することを目的としております。  審査請求の対象につきましては、行政庁の違法または不当な処分、不作為などが対象となります。

札幌市議会 2019-12-09 令和 元年(常任)経済観光委員会−12月09日-記録

都市においては、公営交通事業者に目を向けますと、いわゆる同伴幼児について無料とする幼児の人数を2人までとしている事業者が多い中、名古屋市地下鉄では4名まで、京都市においては、地下鉄では、保護者親権者などに限定しているものの、全員を無料とするなど、近年、公営交通事業者においても子育て支援を目的とする取り組みが徐々に広がっているものと推察されるところであります。  

札幌市議会 2019-12-09 令和 元年(常任)厚生委員会−12月09日-記録

我が党の代表質問で、医療介護分野で市営住宅目的使用の活用を進めるべきと求めたところ、社会福祉法人の要請があれば、他の公共団体の事例も参考にし、対応してまいりたいとの答弁がありました。市営住宅が隣接している地域性も生かして、目的使用のモデルケースとしての可能性のある施設です。  

札幌市議会 2019-12-09 令和 元年(常任)総務委員会−12月09日-記録

総務省が作成いたしましたガイドラインでは、地方公共団体における内部統制とは、長が、組織目的の達成、具体的には適正な行政サービスの提供を阻害する事務上の要因をリスクとして識別及び評価いたしまして、対応策を講じることで事務の適正な執行を確保することとされているところでございます。  次の内部統制制度の仕組みの図をごらんください。  

札幌市議会 2019-12-05 令和 元年第 4回定例会−12月05日-03号

これらの項目の中から、市民が何を重視しているのかを把握する目的でアンケート調査は実施されており、その分析結果によれば、市民が多く関心を寄せたものは、冬季の定時性の確保や札幌北インターの渋滞解消でありました。また、配慮すべき事項では、市民が多く関心を寄せたものは建設に要する費用や工事中の交通規制の影響に関するものでした。  

札幌市議会 2019-12-04 令和 元年第 4回定例会−12月04日-02号

そのためには、事業の成果を把握し、時代に合わなくなってきた事業や、所期の目的の達成が難しい事業などは、所管局と財政当局がしっかりと連携し、抜本的な見直し、再編、再構築を進めていくことが重要であります。アクションプラン2019では、こういった事業の評価と再編、再構築の循環をリビルド・サイクルと称し、その確立に向けて検討を進めていくこととしています。  

札幌市議会 2019-11-29 令和 元年冬季オリンピック・パラリンピック招致調査特別委員会−11月29日-記録

新しいプロセスでは、下のイメージ図のとおり、将来開催地委員会と大会開催に関心を示す候補地が対話を行う赤の継続的な対話と、黄色の目的を絞った対話に分かれます。まず、継続的な対話は、特定の年次や大会の種類に限定せずに、将来開催地委員会と候補地が対話し、IOC理事会へその内容を報告します。

札幌市議会 2019-11-28 令和 元年(常任)総務委員会−11月28日-記録

1点目は、法令に反して、組合設立を強行するため、確認書をつくったとありますが、確認書を交わす目的は何か、まず、伺います。 ◎清水 事業推進担当部長  確認書を交わす目的についてお答えいたします。  確認書は、平成31年2月6日、札幌市と準備組合との間で交わしたものでございまして、組合設立に向けて、市と準備組合が事業を円滑に進めるために協議、調整を行い、交わした文書でございます。  

音更町議会 2019-11-05 令和元年第4回臨時会(第1号) 本文 2019-11-05

2、取得の目的公営住宅。  3、取得の方法、随意契約。  4、取得の価格、5億1,600万円。  5、取得の相手方、高橋組・中谷・道東・納村特定建設工事共同企業体・創造設計舎グループ。代表事業者(施行事業者)、高橋組・中谷・道東・納村特定建設工事共同企業体。代表者、音更町木野大通東13丁目3番地26、株式会社高橋組代表取締役高橋勇雄氏。