8件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

函館市議会 2017-12-14 12月14日-06号

不動産登記法には、地方公共団体登記権利者の場合は登記義務者の承諾を得て、また地方公共団体登記義務者登記権利者の請求があった場合は、この登記登記に嘱託しなければならないということが規定されております。 また、登録免許税法には、地方公共団体が自己のために受ける登記等登録免許税が非課税であることが規定されておりますので、行政による登記が一般的だと考えております。 

函館市議会 2016-09-20 09月20日-06号

また、地籍調査の再開につきましては、本市ではこれまで、亀田地域のほか、戸井地域恵山地域及び南茅部地域の一部で地籍調査実施しており、残る未実施地域のうち人口集中地区では、土地区画整理事業や法務省による登記備付地図作成により、地籍調査と同等の内容が順次整理されてきていること、そして調査実施には相当な年数や多額な事業費が想定されることなどから現時点は難しいものと考えております。 

音更町議会 2015-03-16 平成27年度予算審査特別委員会(第4号) 本文 2015-03-16

音更市街についても公図のずれが大きいということで、その辺の音更市街の見通しにつきましては、音更地区につきましては、法務局で今現在登記備えつけ地図作成事業というものを平成25年度から行っておりまして、音更本町の北は新通北2丁目ぐらいになってございまして、南が新通、東通、大通の12丁目まで、東は音更川、西側が基線になりますけれども、それらの地区を3地区に分割しまして、1地区2年という形で、法務局で地籍事業

千歳市議会 2006-12-13 12月13日-03号

登記、法務局には、これらの登記をするための磁気テープ登記簿のほかに、登記された土地の位置の形状等を記載した地図、一般に公図と呼ばれている、を備えつけています。この地図は、登記された土地を特定する際の基本となるもので、基本地図と呼ばれております。 ところが、現在、法務局に備えつけられている地図は、昭和初期から昭和20年前後にわたりつくられた地図基本となっております。 

千歳市議会 1999-09-08 09月08日-01号

きょう、恵庭の登記に行きまして、問題の土地の、今は登記書と言わない、証明書というのですか、登記書をとって見てみましたら、63年の3月16日から平成10年の10月2日まで、4回にわたって金融機関から金銭貸借を受けるための抵当権設定、根抵当の設定がされている。トータル的には、財産を担保にお金を借りるというのは、日本の社会の中では常識的なやり方。

  • 1