1017件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

音更町議会 2019-12-17 令和元年第4回定例会(第4号) 本文 2019-12-17

プロスパ6の利用拡大と改修計画につきましては、プロスパ6には、音更町商工会をはじめ、帯広信用金庫、福祉事業者、公共では図書館分館、ことばの教室、第一子ども発達支援センターが入居しております。このほか、1階には大ホールと小ホール、2階には会議室がありますが、これらの会議室等は、卓球やダンス、各種会議などで一定の利用があり、平成30年度は、延べ249回、7,869人の利用実績となっております。

音更町議会 2019-12-16 令和元年第4回定例会(第3号) 本文 2019-12-16

今まさに世界はインターネット発達による第4次の産業革命というふうに言われておりますけれども、僕が、10年前は稼業で商売ばかりやっていましたけれども、20年前は帯広でサラリーマンやっていました。そのころからインターネット使い始めましたかね。30年前は大分市大学生やっていまして、40年前は下音更小学校の3年生でした。

札幌市議会 2019-10-23 令和 元年第一部決算特別委員会−10月23日-08号

子どもコーディネーターが受けた相談件数は、事業開始からことしの3月末までで374件、また、子どもコーディネーターが受ける相談は、養育環境発達精神面、学習学校面など多岐にわたっているとのことであり、こういった課題を抱える親子はまだまだ地域に多数いることが考えられ、今後、この事業の果たすべき役割は大きいと認識しています。  

札幌市議会 2019-10-11 令和 元年第一部決算特別委員会−10月11日-05号

大人は、子ども自身の成長・発達する力を認めるとともに、言葉や表情、しぐさから、気持ちを十分に受けとめ、子どもの最善の利益のために、子どもが直面することについて、ともに考え、支えていく責任があります。子どもの権利を大切にすることは、子どもが自分の人生を自分で選び、自信と誇りを持って生きていくように励ますことです。それによって子どもは、みずから考え、責任を持って行動できる大人へと育っていきます。  

札幌市議会 2019-10-07 令和 元年第二部決算特別委員会−10月07日-03号

ところで、障害児通所給付費の事業費のほとんどは、児童発達支援、放課後等デイサービスといったことで、児童が通うという通所型のサービスに係る経費であります。しかし、障害児通所支援の中には、通所型だけではなくて、逆に、専門の支援員が保育所であったり学校のほうに訪問して児童の療育支援を提供する、保育所等訪問支援という訪問型のサービスがございます。

札幌市議会 2019-09-30 令和 元年(常任)経済観光委員会−09月30日-記録

そういった地下鉄駅は、地下道が発達していて、地下道にトイレがある駅も多いです。札幌市の地下道は、年間の積雪が6メートルになる本市の成長とともに発展してきた文化であり、財産です。特に札幌駅からすすきの駅にかけては、通路機能だけではなく、ショップや飲食店、イベントスペースが年々充実してきており、市民だけではなく、観光客など大変多くの方に利用されております。

音更町議会 2019-09-26 平成30年度決算審査特別委員会(第6号) 本文 2019-09-26

おっしゃるとおり、パークゴルフ場の条例目的というのは町民の心身の健全な発達、それからスポーツの振興、こういうふうに明記されております。したがいまして、今、保健福祉部長からもありましたように、町民の健康対策ということももちろんあります。  お話にありました当時の状況、有料化するときの。

音更町議会 2019-09-25 平成30年度決算審査特別委員会(第5号) 本文 2019-09-25

次に、2項1目手数料につきましては、1節の固定資産税課税台帳閲覧手数料から、50、51ページに移りまして、中段、18節の過年度子ども発達支援センター利用手数料まで、各種行政サービスに対する手数料であります。  次に、14款国庫支出金につきましては、14.8%増の22億6,811万1,592円となったところであります。  

音更町議会 2019-09-13 令和元年第3回定例会(第3号) 本文 2019-09-13

これらを踏まえ、町立、民間を問わず、国が保育水準の維持を目的として定めた保育所保育指針に基づき、幼児教育を含む保育全般に係る基本原則を踏まえて、子供健康安全を確保しつつ、一日の生活や発達の過程を見通し、年齢に応じた保育の内容を組織的かつ計画的に実施することで保育内容の充実を図るとともに、各施設設備及び運営の基準感染症やアレルギー対策に関するガイドラインの遵守を徹底し、適切な保育環境の維持と保育

音更町議会 2019-09-12 令和元年第3回定例会(第2号) 本文 2019-09-12

これまでの事例としては、寝たきりの母親と発達障がいの子供の2人世帯で、ごみの高さが70センチメートルほどになった状態で生活しているケースを初め、収集癖のあるひとり暮らしの高齢者が、テレビ、冷蔵庫や自転車などを集め、寝る場所もない状態で生活しているケースなどがあり、いずれも、御本人たちに対し、ごみであることを理解していただく働きかけを行い、同意をいただいた上で、地域民生委員の立ち会いのもと、本人、家族

札幌市議会 2019-07-05 令和 元年第 2回定例会−07月05日-05号

不登校の子どもや家庭への支援を行う相談支援パートナー事業の小学校への拡充は、児童発達段階から考えて、柔軟で弾力的な対応が必要です。人材確保や相談支援パートナーへのサポート、相談支援パートナーと学校の連携など、今後想定される課題を改善するとともに、不登校の子どもたちの社会的自立に向けた取り組みを進めることが必要です。  

札幌市議会 2019-07-03 令和 元年第一部議案審査特別委員会−07月03日-05号

不登校の子どもや家庭への支援を行う相談支援パートナー事業の小学校への拡充は、児童発達段階から考えて、柔軟で弾力的な対応が必要です。人材確保や相談支援パートナーへのサポート、相談支援パートナーと学校の連携など、今後想定される課題を改善するとともに、不登校の子どもたちの社会的自立に向けた取り組みを進めることが必要です。