96件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

函館市議会 2020-12-10 12月10日-04号

私道整備につきましては、函館私道簡易舗装整備要綱に基づき、不特定多数の者の通行の用に供されていることや道路幅員がおおむね3.6メートル以上であること、また、雨水の排水施設があるなどを要件とし、市道に準ずる機能を果たしている私道について、町会団体から申請書土地所有者同意書を提出していただいた上で簡易舗装による整備を実施しております。 

函館市議会 2019-12-12 12月12日-05号

◆(出村ゆかり議員) 道の実施した、北海道が実施した工事であり、町会周知はしたものの視力障害センターへは連絡はしなかったという事実ですね。点字ブロックを頼りに歩行している視覚障がい者の方からすれば、点字ブロックは移動を支える重要なものです。湯川のこの電車道路交差点付近を初め視力障害センター付近の歩道には点字ブロックが多く施されています。

函館市議会 2019-03-08 03月08日-04号

災害時における情報発信手段等といたしましては、スマートフォンを初めとする各種情報端末へのANSINメールの配信や市のホームページへの掲載、防災行政無線広報車による周知のほか、町会へのファクス送信、新聞、テレビラジオ等への報道依頼、国や自治体、テレビラジオ事業者などが共通のシステムを活用し、情報を伝達するLアラートなどを用い情報提供しているところでございます。 以上でございます。

函館市議会 2018-12-14 12月14日-06号

町会認可地縁団体になるためには、事務的及び金銭的な負担を伴うものでありますから、認可地縁団体へなることへのメリットと負担を勘案し、ちゅうちょをしている町会もあるとお聞きしておりますので、法人化を検討している町会からの相談があった場合には、引き続き支援をしてまいりたいと考えております。 以上でございます。

函館市議会 2018-12-12 12月12日-04号

国の指針にある個別計画は、本市避難行動支援者支援制度においては個人避難プランとして定められており、避難支援を行う町会関係者作成に努めることとされておりますが、計画には要支援者ごと支援していただく方を定め、双方が協議の上、作成することとされていることから、支援をする方の精神的な負担感が大きいといった課題等がありまして、作成には至ってない状況にございます。 

函館市議会 2018-06-13 06月13日-05号

ただいま荒木議員にお話しいただきましたとおり、市では災害時の避難支援を必要とする方の名簿作成し、本人の同意を得た上で町会情報を共有し、地域において日ごろから声かけや見守りなどを行っていただくとともに、災害時には安否確認避難支援をできる範囲で行っていただく避難行動支援者支援制度を設けております。 

函館市議会 2018-03-13 03月13日-05号

通学路を含みます生活道路除雪を速やかに実施するためには市民の皆様の協力が不可欠であると考えておりまして、新年度におきまして小型除雪機を大幅にふやし、公共施設学校、希望する町会に配付してまいりたいと考えておりまして、今後、町会関係団体との協議を行ってまいりたいと考えております。 以上でございます。 ◆(能登谷公議員) いい答弁、ありがとうございました。 

北斗市議会 2018-03-06 03月06日-議案説明・質疑・委員会付託・一般質問-01号

それを平成27年度に市が印刷製本して、各学校、保育園、町会に配布して活用されているところでございます。 以上でございます。 ○議長(坂見英幸君) 16番工藤秀子君。 ◆16番(工藤秀子君) ありがとうございました。かるたは、私も見ましたので、とてもすてきにできているなと思いました。 

函館市議会 2017-12-12 12月12日-04号

例えば、これは一例ですけれども、公園の維持管理住宅都市施設公社等から委託されて、草刈りを初めとする維持管理をやられてる町会もありますけども、こうしたものなんかは見直しをして軽減を図る方法があるんではないのかなというふうに思っておりますが、その点についてはどのようにお考えでしょうか。 ◎市民部長岡崎圭子) 町会が担っている業務の軽減についてのお尋ねでございます。 

根室市議会 2017-10-10 10月10日-01号

これらの避難行動のきっかけとなる情報発信につきましては、緊急速報メール根室メール、またフェイスブックやツイッター、いわゆるSNSの活用など、携帯端末を利用した手段のほか、防災行政無線北海道防災情報システムを利用したテレビラジオ等への発信FM根室広報車両、更には町会による共助中心とする情報伝達など、手段多重化を推進し、対応しているところであります。 

函館市議会 2017-09-15 09月15日-04号

今後、保護者地域理解が得られましたところから順次再編を進めてまいりますが、保護者町会対象とした説明会などにおいて、一部の地域で、統合にかかわり、通学の不安や地域に対する強い思いをお聞きしておりますので、教育委員会といたしましては、引き続き丁寧な説明を行い、保護者地域方々理解が得られますよう努めてまいりたいと考えております。 以上でございます。

函館市議会 2017-03-15 03月15日-06号

市民部長岡崎圭子) 町会行政との関係についてのお尋ねでございます。 町会は、地域住民がお互いに連携し、親睦を深めながら、安心・安全なまちづくりのため、地域防災、防犯、福祉環境美化、交通安全や街路灯設置維持管理などさまざまな活動を行う自主、独立した任意の団体であり、地域コミュニティーの根幹となる重要な組織であると考えております。 

函館市議会 2017-03-14 03月14日-05号

保健福祉部長藤田秀樹) 健康はこだて21の推進についてのお尋ねでございますが、本市におきましては働く世代を対象とした中小企業での出前講座子育てサロンと連携して子育て中の母親を対象に実施している健康相談、また町会へ出向き健康づくり講座を実施するなど市民健康づくりのための各種事業に取り組んでおります。