2078件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

函館市議会 2021-03-16 03月16日-05号

まず最初に本市における環境問題への取組の中で、地球温暖化対策及び気候変動への適応について伺ってまいります。 昨年10月26日第203回臨時国会所信表明演説において、菅義内閣総理大臣は、「2050年までに温室効果ガス排出を全体としてゼロにする、すなわち2050年カーボンニュートラル、脱炭素社会実現を目指す」ことを宣言いたしました。 

根室市議会 2021-03-12 03月12日-03号

また、今後は教育委員会事務局職員で横断的に構成するワーキンググループにより取り組む学習教材づくりにおいても、地球環境問題を題材として拡充を図り、ユーチューブチャンネルに開設した「あっとほーむねむろ」を通じ広く公開するほか、SDGs優先課題一つである健康長寿達成など各種講座のテーマとするなど、一般市民に対しても学習機会拡充に努め持続可能な開発目標についての正しい知識と理解を深めてまいりたいと考

音更町議会 2021-03-10 令和3年度予算審査特別委員会(第2号) 本文 2021-03-10

十勝一円、1万平方キロ、都道府県の県単位ぐらいの大きさのあるところで1か所に集中する、このことに対する心配危惧と併せて、環境問題等々が今危惧されているときに、燃料を使って運び込む、そういうことに対する環境に与える負荷、それから燃やすこと自体に対するという部分での危惧とか様々なことが指摘もされていて、そういう懸念、心配に対して町としてというか、音更町民を代表する議会や町、町長、二元代表制という、そういう

帯広市議会 2021-03-09 03月11日-06号

最初に、緑のまちづくりについてですが、今日、少子・高齢化人口減少地球環境問題など様々な社会環境課題がある中、緑は温室ガスの吸収など環境の保全、健康増進、コミュニティーの造成、都市の防災・減災都市景観の形成や観光振興などの経済活動など、幅広い機能を有しています。今日まで帯広市は総合計画、みどりの基本計画都市計画マスタープランへの適合を進めてまいりました。

釧路市議会 2021-03-09 03月09日-05号

近年、環境問題が深刻となり、その解決が様々な領域で求められています。学校生活においても、授業や課外活動で取り上げられていますが、学校給食残渣については、あまり関心が現れてこなかった現状であります。 環境省は、学校給食実施に伴い発生する廃棄物の3R促進モデル事業として、食品残渣再生利用を促進するため、食育環境教育の観点から、学校における学習教材としての利用を促進するための事業を進めています。

釧路市議会 2021-03-08 03月08日-04号

続きまして、環境問題、環境教育のご質問であります。 環境教育の実践、これにつきましては、これまでの小中学生に加えまして新たに高校生に対しても実施予定のほか、教育委員会と連携して子育て世代高齢者など市民各層に積極的にアプローチし、出前講座環境関連施設の見学、さらには自然環境を実際に体験できるイベントなど、これは生涯学習に資する取組、これを行ってまいりたいと考えているところでございます。 

帯広市議会 2021-03-05 03月08日-03号

エネルギー問題と一体の環境問題も重要な課題であります。くりりんセンターの建て替え事業、新中間処理施設整備基本構想についての基本的考えは、昨年の代表質問、そして12月議会で述べてまいりました。ごみは燃やすのではなく資源化に、十勝中からごみを集めて燃やすという計画には賛成できない、中間施設現在地周辺が最適地、建設ありきでなく慎重な検討をというものでございます。 

苫小牧市議会 2021-02-25 02月25日-02号

そこでお尋ねしますが、レジ袋有料化に代表されるように、近年では海洋プラスチックごみのなどの国際的な環境問題が注目されております。市として何か対策を考えているのか、お聞かせ願います。 また、日頃からごみ拾いやステーション清掃などに協力いただいている市民や団体に光を当てるとは具体的に何をどのようにしていくのか、お聞かせください。 次に、居住環境の充実についてお尋ねします。 

根室市議会 2020-12-15 12月15日-01号

最後の質問は、環境問題についてであります。 1点目は、核のごみ最終処分場問題に対する市長の見解です。 道内の寿都町と神恵内村が10月、核のごみ最終処分場立地調査の第1段階である文献調査を受け入れました。当時の安倍政権が国内の3分の2の地域処分場に適しているとする科学的特性マップを作成し、全国各地の自治体に働きかけてきたことによるものと認識しております。

苫小牧市議会 2020-12-04 12月04日-02号

知事の断念表明には、環境問題解決できる時間がないということが理由の一つになっており、改めてこの地域自然環境のすばらしさが認識されました。 今年6月に苫小牧国際リゾート構想環境影響評価調査結果の報告書がまとめられました。オオタカやヒグマの行動圏調査など、今後も土地所有者の方が引き続き追加調査をするということです。 

恵庭市議会 2020-12-04 12月04日-04号

未来を担う子どもたち環境問題を身近に感じられるような工夫を取り入れながら、エコスクールを活用した環境教育推進が重要と考えます。恵庭市における取組について伺います。 1、市内小・中学校エコスクール整備状況について。 2、エコスクール環境教育への活用について。 2、コロナ禍における教育活動について。