820件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

音更町議会 2019-03-19 平成31年度予算審査特別委員会(第6号) 本文 2019-03-19

77 ◯保健福祉部長(重松紀行君)  1点目の社会福祉士の関係でございますけれども、社会福祉士につきましては、支援が必要な御家庭に対するソーシャルワーク業務を行うということで、非常に大切な役割を今の現代社会の中で占めているというふうな認識はしているところでございますので、今後、拠点もそうでございますけれども、どういった専門職が必要なのか、委託後にどういった

帯広市議会 2018-12-12 平成30年第5回12月定例会-12月12日−04号

人々の生活や産業活動が、生態系気候に大きな影響を与える時代において、豊かな自然を守り良好な状態で次世代に引き継いでいくことは、現代生きる私たちの責務であると考えております。  国は、経済成長環境負荷の低減を両立しつつ、健全な生態系を維持、回復し、自然と人間の共生を図る循環共生型の社会の実現を目指し、地域資源の活用促進や技術開発の推進など、幅広い視点から取組みを進めております。  

帯広市議会 2018-12-11 平成30年第5回12月定例会-12月11日−03号

感情は大事ですけれども、一生できない根拠だったり、うわさだったりに流されて、科学的根拠、エビデンスのある科学を否定しては、現代社会は成り立たないと思いますので、何とか普及に努めていただきたいと思います。  2問目は、以上で終わらせていただきます。  それでは最後に、今度は動物園の関係のお話に移らせていただきます。  

帯広市議会 2018-10-02 平成30年第4回 9月定例会 決算審査特別委員会-10月02日−06号

一方、多くの団体個人がそれぞれにおいても現代アートとか、私も見に行ってますけど、文化芸術活動を行っている中で個人団体が大変民間が頑張っているということでございますけども、我々といいますか、帯広市行政文化芸術活動の支援のあり方というものはどのようなものなんでしょうか、その見解をお伺いをいたします。

北広島市議会 2018-09-26 平成30年  第3回 定例会-09月26日−05号

複雑化、多様化している現代学校課題等を解決し、子どもたちの教育環境を充実させるために、学校保護者地域が有機的連携のもとに協働して、時代変化や社会変化などに対応できる学校運営協議会制度が取り組まれておりますが、これらの現状と課題はどのようになっているのか、お伺いいたしたいと思います。    また、平成29年3月に地方教育行政の組織及び運営に関する法律の一部が改正されました。

北広島市議会 2018-09-25 平成30年  第3回 定例会-09月25日−04号

ゲームセンター、ファストフードのお店など、現代の子どもさんらしい要望だなと思いましたんですけれども、そこで驚いた言葉が出ました。市内に住む男子高校生です。「北広島には、お金を使わなくても楽しめる自然がある。子どもを育てるにもいい環境である。遊びたければ札幌に行けばいい」と言いきったんですね。で、自然の魅力について彼は語ったんですけれども。

旭川市議会 2018-09-20 平成30年 第3回定例会-09月20日−04号

現代は、さまざまな分野でITを活用しています。その点で言えば、緊急搬送体制は1分1秒の時間短縮をしていかなければならない、生死を分けた現場であると思います。  これは、実は市内の方からの相談ですが、満1歳になるお子様がいらっしゃいます。

帯広市議会 2018-09-19 平成30年第4回 9月定例会-09月19日−02号

現代的価値は、エネルギー環境、さらに避難所などの機能を組み込むことで公共性も高まります。そうした観点からのかかわりを持ったかどうか、このことをお伺いしたわけでございます。  ブラックアウトの原因と対策は、北電を中心としながら有識者が方向性を示していくでしょう。しかし、地域分散型の電源確保は、帯広市や十勝が一体となって進めることが必要でございます。

倶知安町議会 2018-09-19 倶知安町議会 会議録 平成30年 第3回 定例会( 9月)-09月19日−04号

昨年9月定例議会において、作井議員からの本町歴史を後世に伝えるための環境整備についての質問に対して、私は、先史時代からの人類の歴史と先人がかかわりつくり上げてきた本町歴史文化の引き継ぎ、後世に伝えていくことは現代生きる我々の義務であり、また、現在、国際リゾートとして多様な文化を持つ人々が暮らし、訪れる本町においては、産まれ育った地域歴史文化、風土への関心や理解はみずからの地域に自信や誇りを

帯広市議会 2018-06-29 平成30年第3回 6月定例会-06月29日−08号

市民を誰ひとり取り残さないというSDGsの理念は、まちづくりの観点から、人口減少、少子・高齢化の現代に必要な行政運営の根底をなすものではないかと思います。  以上、るる意見、要望を申し上げましたが、平成30年度6月補正予算などに対し、賛成の討論とさせていただきます。 ○大石清一議長 以上で通告による討論は終わりました。  ほかに討論はありませんか。    

旭川市議会 2018-06-22 平成30年 第2回定例会-06月22日−04号

まるで鎌倉時代の蒙古襲来を現代に達成するがために、DNAを受け継いだ子孫たちが再び海を渡って襲来しています。体格や体力でまさる外国人がハングリー精神をも持ち合わせ、国技大相撲の世界で溶け込んで地位を築いてきました。  54年前よりも幕内で日本人力士が活躍しづらい環境の中での旭大星関の活躍は、あっぱれマークが幾つあっても足りません。

北広島市議会 2018-06-22 平成30年  第2回 定例会-06月22日−05号

講談社現代新書出版。これは、今、本屋さんの結構上のほうにランクされております。「未来の年表 1」そして「未来の年表 2」という本でございます。国立社会保障・人口問題研究所。社人研でございますけれども、日本の将来推計人口を2017年に5年振りに改定して、その最新データを駆使して未来図を描いた著書であります。

釧路市議会 2018-06-19 平成30年第2回 6月定例会 総務文教常任委員会-06月19日−02号

現代消費者が思わず買って帰りたくなるような商品づくり、また阿寒湖のオリジナル商品を明確化にするブランドロゴの検討を行うものとなっております。  施策4は、アイヌ文化丸ごと体験プログラムの開発となっております。現代旅行者にマッチした特別感のあるプログラムの提供を行うという検討を行うものとなっております。  施策5は、オンネチセの整備となっております。

帯広市議会 2018-06-19 平成30年第3回 6月定例会-06月19日−04号

◎草森紳治生涯学習部長 本市におきましては、これまでアイヌ文化を初め、近現代から引き継がれてきました文化財をどのようにまちづくりに生かしていくか、一つひとつ関係者とともに広く他都市の事例も参考にしながら実績を積み重ねていく必要があるものと考えております。また、道内外の歴史あるさまざまな文化遺産を有する知識では、住民の誇りとして地域を挙げて保存、活用をしている事例も多く見られております。