1971件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

札幌市議会 2020-01-17 令和02年(常任)経済観光委員会−01月17日-記録

次に、(2)の使途についてでございますが、どのような事業に使われるのか、また、使われたのか、納税者に対する透明性を確保するための仕組みを構築すべきであり、また、災害等の予期せぬ事態による観光需要の落ち込みなどに備え、基金を創設することも検討する必要があるとされました。  

音更町議会 2019-12-19 令和元年第4回定例会(第5号) 名簿 2019-12-19

───────┤ │ 8│議案第16号 │指定管理者の指定について                │ ├──┼───────┼────────────────────────────┤ │ 9│議案第17号 │北十勝介護認定審査会共同設置規約の変更について     │ ├──┼───────┼────────────────────────────┤ │10│議案第18号 │北海道町村議会議員公務災害補償組合規約

音更町議会 2019-12-17 令和元年第4回定例会(第4号) 本文 2019-12-17

災害はなかったんですが、そういう選挙についても、予見できないのかと言われれば予見できるんですが、それは単発的なその年度に限ったものという業務というふうに捉えておりますので、そういう要因で今回増えているというのが一つ大きな要因であろうかというふうに認識をしているところでございます。

音更町議会 2019-12-16 令和元年第4回定例会(第3号) 本文 2019-12-16

大規模洪水災害への対応について。  地球温暖化、気象変動により、世界各地でかつてない豪雨や海面上昇、記録的な熱波などの異常気象が起きています。近年、日本における風水害災害では、平成28年8月から9月にかけて、わずか半月の間で北海道に4つの台風が上陸して、豪雨による大規模な洪水被害が発生しました。

音更町議会 2019-12-13 令和元年第4回定例会(第2号) 本文 2019-12-13

そのほか、急傾斜地崩壊危険箇所や土砂災害警戒区域など危険箇所につきましても、担当者が定期的な現地確認を実施しております。  また、毎年、十勝川、音更川における災害発生の防止、災害発生時の被害拡大防止、関係機関相互の連携の充実強化を図る場として、十勝川減災対策議会や音更川流域連絡協議会の場で、災害予防、災害応急及び災害復旧対策等の情報交換を行っております。  

札幌市議会 2019-12-12 令和 元年総合交通政策調査特別委員会−12月12日-記録

具体的には、北海道新幹線の札幌延伸や近年のインバウンドの増加、冬季オリパラ招致への対応や、昨年の北海道胆振東部地震のような地震や豪雨などの災害に強い交通環境の形成、ICTや自動運転といった新技術の活用などによるシームレスな交通の実現、SDGsの推進という観点をポイントとして挙げてございます。  続いて、2ページ目をごらんください。  計画理念・基本方針についてでございます。  

音更町議会 2019-12-11 令和元年第4回定例会(第1号) 本文 2019-12-11

まずマイナンバーカードにつきましては、御承知のとおり、行政を効率化し、国民の利便性を高め、公平・公正な社会を実現する社会基盤であり、その利用範囲は社会保障、税、災害対策の分野、こういったことで、法律ですとか市町村条例、こういったもので定められているものしか使えないというようなことがございます。

札幌市議会 2019-12-09 令和 元年(常任)経済観光委員会−12月09日-記録

新MICE施設市民利用に関しましては、屋内貫通通路や屋上広場といったものを設置するとともに、災害時にも対応できる施設とする予定でございます。  具体的には、地上と地下の屋内貫通通路によりまして、先ほどご説明したとおり、1階での東西の往来が便利になるとともに、現在つながっていない中島公園駅の南北のコンコースが地下でつながることから、新MICE施設周辺の回遊性の向上も図られるものと考えております。

札幌市議会 2019-12-09 令和 元年(常任)厚生委員会−12月09日-記録

今後、万が一、災害による大規模停電などのトラブルや施設の老朽化による火葬炉の停止など、さまざまな理由で人の一生の最期を円満に送り出すことができないといった事態は避けなければなりません。  多死社会の到来を見据え、現時点においても発生しつつあるさまざまな問題に対処しつつも、他都市では小規模な火葬場を幾つか持っているところもあるというふうに聞いております。

札幌市議会 2019-12-09 令和 元年(常任)総務委員会−12月09日-記録

今後、補償の中身など、他都市の状況なども踏まえての検討だということですが、こんなふうに台風の被害に遭うことは誰もが想定していなかったのだろうなというふうに思いますけれども、こうした災害のことも踏まえて検討していくことが大事ではないのかということを指摘しておきたいと思います。  次の質問ですが、先ほど補償のことをおっしゃっておりました。

札幌市議会 2019-12-05 令和 元年第 4回定例会−12月05日-03号

今なお復旧活動が行われている状況でもあり、この災害でお亡くなりになられた方に対し、ご冥福をお祈りするとともに、被害に遭われた皆様に心からお見舞い申し上げる次第です。  こうしたさまざまな自然災害の脅威は、北海道においても、いつ発生するかわからず、一層、継続した事前の備えが必要であると強く感じたところであり、このような自然災害の発生を踏まえ、防災に関して、まず、伺います。  

札幌市議会 2019-11-28 令和 元年(常任)厚生委員会−11月28日-記録

次に、基本施策3中の施策4の新規事業になりますが、災害発生時の食の安全確保対策では、昨年の北海道胆振東部地震での経験を踏まえ、必要な施策に取り組んでまいります。  最後に、基本施策4中の施策4では、適切な期限管理等による食品ロス削減の啓発を新規事業として掲げております。  次に、資料右側の施策目標2に関する施策をごらんください。  

札幌市議会 2019-11-15 令和 元年(常任)財政市民委員会−11月15日-記録

梅田 財政部長  今回の計画が大規模災害の多発を踏まえたものとなっているのかどうかというご質問でございます。  札幌市におきましては、災害に強い都市の構築を目指して札幌市強靱化計画を策定し、それに定めた方針に基づいて、事前防災減災、その他迅速な復旧に係る取り組みを総合的かつ計画的に進めているところでございます。

音更町議会 2019-11-05 令和元年第4回臨時会(第1号) 本文 2019-11-05

配置計画では住棟の入り口を南北に設け、住棟間の行き来ができること、平常時には菜園の水まきなどに、災害停水時にはトイレの洗浄水などにも利用できる手押しポンプを設置するなど、自然に住民同士の交流を生む工夫や災害時のアイデアなどが評価され、適切な提案であるとの答申を受けたところでございます。  それでは議案書を御説明いたします。  財産の取得について、次のとおり財産を取得する。  1、財産の概要。

札幌市議会 2019-11-05 令和 元年(常任)建設委員会−11月05日-記録

森林は、地球温暖化防止、水源の涵養、レクリエーション機能といった公益的機能を有しており、近年、各地で自然災害が発生する中、私としても、改めて、環境保全や土砂災害防止など、森林の持つ公益的機能を増進していくことが重要であると考えております。  そこで、質問ですが、都市環境林の公益的機能をより高めるため、どのように管理を進めていくのか、伺います。

札幌市議会 2019-10-28 令和 元年第 3回定例会−10月28日-07号

災害時における消防局の他都市との連携については、道内外の応援隊との連携が必要不可欠です。市民の安心・安全のために、道内他都市との顔の見える関係構築となる連携強化を図るよう求めます。  次は、環境局関係です。  災害時における家庭ごみ収集は、衛生上の問題、仮置き場での火災発生も懸念されます。ごみの迅速な収集体制、回収における市民周知を強化し、一層の改善に取り組むよう求めます。  

札幌市議会 2019-10-25 令和 元年第二部決算特別委員会−10月25日-09号

我が会派は、これまで、定例会での代表質問委員会質疑において、強靱化計画の改定に当たって、北海道胆振東部地震の教訓をしっかりと生かし、大規模災害にも耐え得るインフラ強化を見据えた計画策定と、それを支える財政措置への対応を求めるとともに、災害時でも道外との交通ネットワークを極力確保できるようにするため、新千歳空港の補完機能として極めて有力である丘珠空港の位置づけを、札幌市強靱化計画改定に当たって、しっかりと

札幌市議会 2019-10-25 令和 元年(常任)厚生委員会−10月25日-記録

4点目は、運営における非常災害対策でございます。  省令では、消火設備その他の非常災害に際して必要な設備を設けると定めておりますが、適正な施設運営を確保するため、非常災害として火災震災水害を明文化し、また、非常災害に対応する設備として避難設備、消火設備警報設備を明文化するものでございます。  最後に、今後のスケジュールでございます。