17件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

釧路市議会 2020-02-28 02月28日-01号

観光費では、文字モニュメント及び影絵の設置のほか、音別地区における観光コンテンツ開発検討等を行います滞在体験観光促進事業費4,504万5,000円、台湾・中国等を対象にした旅行商品造成への支援等を行います海外観光客誘致事業費5,672万1,000円、デジタルプロモーション等活用して情報発信を強化いたします観光情報発信提供事業費3,392万円などであります。 

釧路市議会 2018-09-12 09月12日-01号

第7款商工費では、実行委員会が実施する事業に対し補助を行う滞在体験観光促進事業費1,892万4,000円を追加し、特定財源として国庫補助金を見込み、計上いたしました。 第8款土木費では、道路橋梁維持補修費及び指定寄附に伴う公園整備基金積立金、合わせて3,700万円を追加し、特定財源として寄附金を見込んだほか、市道整備事業費において市債を増額し、雑入を減額する財源補正をいたしました。 

釧路市議会 2018-03-16 03月16日-08号

採決に際し、日本共産党議員団所属委員から、議案第1号平成30年度釧路一般会計予算中、歳出第7款(商工費の一部)について、滞在体験観光促進事業の1億円の補助金は、全体事業費事業内容も十分精査した予算計上とは言えず、最初に結論と金額ありきと言わざるを得ない。 まちなか観光促進事業についても幣舞橋ライトアップに多額な予算を投入、事業の性格上これほどの予算が必要なのか、疑問は解消されない。 

厚真町議会 2014-09-10 09月10日-01号

それを厚真町に照らしますと、当然、厚真町の観光資源、あるいは観光客をどうおもてなしできるかというところに至るわけでございますが、先ほどから何人かの方の質問に答えておりますが、やはり滞在体験型の観光、これがスポット、これから先スポットが当たるということは間違いないと思いますので、本町でもこの農村空間、それから農業を含めたいろいろな体験型の観光に我々が努力していけば、厚真町でも相当なお客さんが見込めるのではないか

釧路市議会 2007-03-06 03月06日-03号

最初に、新総合計画基本的な考え方の中で、阿寒地域振興活性化対策についての基本的考え方についてお尋ねでありますが、阿寒地域におきましては、基幹産業であります観光農業中心に、恵まれた自然環境地域資源を生かした産業育成、新たな企業に対する支援による就業機会確保滞在体験型観光推進により定住交流人口の増加が図られるよう努めているところでありますが、依然として減少傾向にあるのが現状であります

釧路市議会 2006-03-09 03月09日-05号

定住施策推進には、滞在体験や中・長期の滞在のために実生活状態体験できる施設も必要となります。新築、一般空き家、未利用施設など検討課題もありますが、あわせて耐震強度の高い住宅、水洗トイレなど衛生設備都会仕様インターネット環境滞在環境から家具つき住宅家庭庭園をつくれる面積など、考えなければならないのは首都圏団塊世代がいやしを満悦できる環境を整えて実施することにあります。

千歳市議会 2005-07-12 07月12日-05号

私が先ほど来申し上げているのは、もう一歩進めて体験滞在型観光によって、千歳市の観光を大いに推進していってはどうかという趣旨でございますので、もう一歩進めて、これが今のところ事業者計画があって、それが特に年次計画はなくて、簡単に言いますと事業者次第と、そういうことかと思いますが、行政として滞在体験型観光推進するという、何かもう少し突っ込んだ考え方がないかどうか、これをお伺いしたいと思います。 

帯広市議会 2002-03-20 03月25日-05号

このほか、企業誘致活動状況既存誘致企業への支援中心市街地空洞化対策及び商店街駐車場整備状況太陽グループ駅北地区進出状況地元映画関係者とのかかわり、西20条北工業団地用地販売状況と今後の見通し及び用地有効利用商業政策におけるBSE対策対応状況帯広空港名称変更経過活用考え方滞在体験型観光へ向けた予算取り組み状況及び交通アクセス確保の考え、観光行政における広域連携の考

北見市議会 2002-03-20 03月25日-05号

このほか、企業誘致活動状況既存誘致企業への支援中心市街地空洞化対策及び商店街駐車場整備状況太陽グループ駅北地区進出状況地元映画関係者とのかかわり、西20条北工業団地用地販売状況と今後の見通し及び用地有効利用商業政策におけるBSE対策対応状況帯広空港名称変更経過活用考え方滞在体験型観光へ向けた予算取り組み状況及び交通アクセス確保の考え、観光行政における広域連携の考

釧路市議会 1996-03-04 03月04日-03号

しかし、滞在体験型に広がりを持たせるためには、一般観光客をも巻き込んだメニューづくりが絶対に必要であります。先日、釧路ウェットランドセンター内部湿原を保全しながらレジャーや観光活用するというモデルツアーが企画されているとの報道がありましたが、いよいよ釧路湿原を舞台とした環境教育ソフトづくりが始まったとの感を深めました。

  • 1