627件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

札幌市議会 2019-11-29 令和 元年冬季オリンピック・パラリンピック招致調査特別委員会−11月29日-記録

会期間中の利点については、経済効果観光客の増加などが出た一方、交通渋滞の発生など市民生活への影響を懸念する声がございました。大会開催後の利点については、新しい交通インフラシステムの充実などが出た一方、財政負担の増大、施設の維持費の増大などの市民負担を懸念する声がございました。  

札幌市議会 2019-11-05 令和 元年(常任)建設委員会−11月05日-記録

そのほか、パートナーシップ排雪に伴う幅員10メートル以上の排雪延長として499キロ渋滞解消を目的とした主要な交差点排雪を255カ所予定しております。また、平成27年度から実施しております見通し改善のための交差点排雪として1万6,000カ所を予定しております。  次に、パートナーシップ排雪制度です。  

札幌市議会 2019-06-20 令和 元年第 2回定例会−06月20日-03号

これは、昼間12時間を通して道路が混雑することなく円滑に走行が可能で、渋滞やそれに伴う極端なおくれはほとんど生じない状態です。それに比べ、国道36号線の豊平橋付近の混雑度は1.93と、創成川通の2倍以上も高くなっています。  本市は、冬期間ラッシュ時速度低下が著しく、移動時間のばらつきが大きいなどと、アクセス道路の必要性を強調しました。

音更町議会 2019-06-19 令和元年第2回定例会(第4号) 本文 2019-06-19

一つの町は分散してその仮置き場を確保した、あるいはそのほかの町は1カ所を仮置き場とした、そういうふうな実績でありますけれども、その1カ所で大きいところは、分別とかするのに、1カ所に固まっていますのでしやすかったメリットがあったけれども、渋滞が発生したというデメリットもあったり、小さい面積でたくさん設けたところについてはそういった分別がなかなか難しかったりというようなことがあったようであります。  

札幌市議会 2019-06-13 令和 元年大都市税財政制度・災害対策調査特別委員会−06月13日-記録

◆佐藤綾 委員  これまでもオープンハウスやパネル展、ワークショップ、アンケートなどを実施してまいりましたけれども、この間、議会で指摘されている高架化や地下構造でのデメリット、地震や豪雨災害時の安全性、渋滞のランクの低いことなどからも、必要性や効果の根拠が不十分だと思われます。  4月の地方選挙で争点となったのが、この都心アクセス道路です。

札幌市議会 2019-03-06 平成31年第 1回定例会−03月06日-06号

公園緑化費等では、円山動物園の象舎のオープンに当たり、来園者の増加が見込まれる中、駐車場待ちや交通渋滞の緩和に向け、どのような対策を考えているのか等の質疑がありました。  次に、まちづくり政策局について、総務管理費等では、連携中枢都市圏に関連して、構成市町村間の関係は、財政規模や人口の差にかかわらず対等であることが重要と考えるが、どうか。

札幌市議会 2019-03-05 平成31年第一部予算特別委員会−03月05日-06号

本市は、渋滞の解消、防災医療観光に役立ち、石狩湾新港、丘珠空港との連携強化など、アクセス道路の必要性を強調してきました。しかし、そのどれもが、高架、地下構造の建設を誘導しようとする傾向が強く示されたもので、1,000億円以上もの巨額の費用を費やす道路建設の必要性を証明する根拠としては乏しいものだと言わざるを得ません。改めて、都心アクセス道路が必要か否かの根本的な市民意見を確認すべきです。  

札幌市議会 2019-03-01 平成31年第二部予算特別委員会−03月01日-04号

かねてからイベントがある日には人がすごくたくさん通るものですから、なかなか渋滞が激しくて、逆に、ない日は非常に快適、余りにも早く着き過ぎてほかの用を足せるといった効果もあります。このように、イベントのある日、ない日で人が動くぐらい、札幌ドームは愛されていたのだと思います。

札幌市議会 2019-02-27 平成31年第一部予算特別委員会−02月27日-03号

運悪くこの渋滞にはまってしまいますと、一本道で身動きがとれないという大変不幸な状態になってしまいます。ですから、私もそうですが、近隣の住民の中には、こういった混雑、渋滞が予想される時期は、動物園の周辺はなるべく避けるように道を選んで移動しようという方も少なくありません。  

札幌市議会 2019-02-27 平成31年第二部予算特別委員会−02月27日-03号

この地区の制限の内容といたしましては、交通渋滞を招くおそれのある大規模な店舗や、娯楽施設等の集客が見込まれる施設、それから、その性質上、工業地や流通業務地に立地することがなじまない学校病院等、また、一度立地すると土地利用の転換が起こりにくくなる3階以上の中高層の共同住宅制限するものでございます。

札幌市議会 2019-02-19 平成31年第 1回定例会−02月19日-03号

本市は、渋滞の解消、防災医療観光に役立ち、石狩湾新港、丘珠空港との連携強化など、アクセス道路の必要性を強調してきました。しかし、そのどれもが高架、地下構造の建設を誘導しようとする傾向が強く示されたもので、巨額の費用を費やす道路建設の必要性を証明する根拠としては乏しいものだと言わざるを得ません。  

札幌市議会 2018-12-19 平成30年総合交通調査特別委員会−12月19日-記録

まず、交通混雑に関してですが、検討区間には、赤丸で示されておりますけれども、主要渋滞箇所として対策が急がれる交差点が5カ所あり、特に朝夕ラッシュ時や冬季積雪時には混雑が発生しております。加えて、信号交差点が24カ所と多いため、特に冬季は信号に伴う減速や停止の回数が多くなっております。  

札幌市議会 2018-10-22 平成30年第一部決算特別委員会−10月22日-06号

物流トラックの都心部での長時間の路上荷さばきがまち並みの景観を損なう、または、公共交通の阻害となり、渋滞を招いて、CO2の排出増加にもつながり、問題とされています。  都心での物流トラックの荷さばきの課題解決のために、2016年10月7日から2017年2月28日の期間で荷さばきエリアマネジメント実証実験が行われておりました。

札幌市議会 2018-10-16 平成30年第二部決算特別委員会−10月16日-04号

その設問では、高齢者の外出する意欲を高め、健康増進や介護予防を推進する効果は88.7%の方があると答え、高齢者公共交通機関の利用をふやし、交通事故渋滞を減らす効果は79.6%、高齢者が買い物や外出をするきっかけになり、消費をふやす効果は81.8%、高齢者社会参加を促進し、孤立を防ぎ、生きがいをふやす効果は80.8%と、8割の方々がこういった項目に効果があると答えております。