176件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

根室市議会 2018-11-01 平成30年10月 一般会計決算審査特別委員会-11月01日−03号

事項別明細書になりますが、135ページに委託料、根室地区水産環境整備事業委託料2億7,300万円ありますが、これについての関係では、今、観光課長の方からご説明あったとおりに、さけ・ます対策の関係で、ホタテの稚貝を放流するというような、いわゆる漁場造成というのか、そこに至るというようなことになってくるだろうと思うんですが、これの海底地形とか探索、あるいは底質状態などを、これは事前に調査をされているということに

函館市議会 2018-06-12 平成30年第2回 6月定例会-06月12日−04号

天然コンブの主産地であります南茅部地区では、砂の堆積コンブの生育に影響を与えているのではないかと海底調査が行われたようですが、どのような調査が行われ、原因が特定されたのか、お聞きします。また、今後どのような対策がとられるのか、お聞きしたいと思います。 ◎農林水産部長(川村真一) 南茅部地域におけます砂の堆積によるコンブへの影響についてのお尋ねでございます。  

札幌市議会 2018-05-07 平成30年(常任)建設委員会−05月07日-記録

◆松浦忠 委員  私が非常に懸念しているのは、ケーブルそのものは、途中が水に埋まろうがどうしようが、例えば海底ケーブルというのは、海底にケーブルを埋めて、海底でちゃんとケーブル接続して、ずっと海峡横断をして陸地まで行っているわけですね。それはいいけれども、各家庭に分岐して行っていますので、分岐点があるわけですね。

根室市議会 2018-03-16 平成30年 3月 一般会計予算審査特別委員会-03月16日−01号

◎北方領土対策参事(織田敏史君)  北方領土啓発施設看板設置業務委託料55万9,000円につきましては、西浜町10丁目にあります根室国後間海底電信線陸揚施設、こちら私どもが管理しておる施設でございますが、そちらに関する案内板の設置に関する経費となっております。 ○委員長(五十嵐寛君)  橋本委員。

函館市議会 2018-03-15 平成30年第1回 2月定例会-03月15日−07号

なぜ守れないかというと、湯の川の温泉というのは、調査でも明らかになっているように、銭亀沢の海底火山、そこが源泉なわけです。ですから、これは今余り活動はされていない、したがってこれから湯量が、泉源が拡大し、ふえていくという傾向にないわけです。ですから毎年、非常に慎重に管理をして、当時は自噴していたものが、今は機械でなければ上げられなくなっていると、そういう状況なわけです。

根室市議会 2018-03-13 平成30年  3月定例月議会-03月13日−02号

次に、新ホタテ漁場の事業計画についてでありますが、本事業につきましては、当市サケ・マス流し網漁禁止対策の重要事業としてホタテガイの生産拡大を目指した新たな漁場を造成するため、これまで根室湾海域での海底地形探査や底質状況などの事前調査を経て、使用できる漁場面積を4,600ヘクタールと確定し、その後、漁場耕うんを進めてきたところであります。

函館市議会 2018-03-13 平成30年第1回 2月定例会-03月13日−05号

この調査を踏まえ、検討してきた結果、漁業権を初め投雪箇所における海域の水深や陸上部の作業スペースの有無、交通アクセス等の問題のほか、投雪した雪の塊の流出を防ぐ海上フェンスや、その融雪を促進する海水ポンプといった施設費用に加え、シーズン後における海底土砂のしゅんせつなど、費用の面からも難しいものと考えたところであり、そのため、この間において、漁業協同組合などの関係団体との協議は行っていないところであります

苫小牧市議会 2018-03-08 平成30年 一般会計予算審査特別委員会-03月08日−04号

門別と苫小牧が多いと言われている理由につきましては、北海道立栽培水産試験場の調査結果によりますと、この地域の海中の餌の量、マツカワが砂に潜るための海底の砂質、水温がマツカワにとってよい環境であると同時に、本市においてマツカワの漁法であります刺し網漁の従事者が多いためとなっております。  以上でございます。 ○委員長(金澤俊) 神山委員。 ◆委員(神山哲太郎) ありがとうございます。

函館市議会 2017-12-13 平成29年第4回12月定例会-12月13日−05号

津軽海峡におきましては、海峡中央部に水深300メートルを超える場所が何カ所かありますけれども、海底地形の傾斜が緩やかで陸地から離れた地点からの取水になってしまうということなど課題があるものというふうに考えております。  以上です。 ◆(吉田崇仁議員) 私、これは資料として皆さんに配付したんですけど、みんなの海図というやつなんですね。なぜ、この300メートルにこだわるかといいますと、私も調べました。

根室市議会 2017-12-13 平成29年 12月定例月議会-12月13日−02号

旧千島回線陸揚げ庫の歴史的な価値としての認識と今後の保存、活用についてでありますが、千島回線陸揚げ庫については、戦前根室市国後島との間の海底を電信線で結んでいた施設であり、かつて北方四島日本人が生活していたことを示すあかしとして当時の姿を残す数少ない非常に貴重な建造物であると認識をいたしております。  

函館市議会 2017-12-11 平成29年第4回12月定例会-12月11日−03号

来年以降にならなければ、資源回復がなされていくのか判断がつきかねるところですが、いずれにしましても、これは何度も指摘してきた昨年1月末の爆弾気圧などにより海底が攪拌され、水コンブと呼ばれる成コンブになる前のいわゆる1年生コンブが抜け落ち、極端な減産になったことに大きな要因があります。  

根室市議会 2017-10-26 平成29年10月 一般会計決算審査特別委員会-10月26日−03号

◎水産指導主幹(工藤良二君)  ホタテ漁場造成事業の内容ですけれども、漁場調査委託料2,219万4,000円の内容ですけれども、こちらはオホーツク沿岸の新規ホタテ漁場、そちらの漁場造成にかかわる事前調査に係る委託料でございまして、内容としましては、ソナー機械をもちまして海底がどのような地形になっているか、障害物があるかというものの調査委託料が1,922万4,000円、それとあとその漁場に、そこに海底

函館市議会 2017-09-06 函館市議会予算決算特別委員会(平成29年第3回定例会)-09月06日−05号

また、市といたしましても、昨年、同機構の研究船の寄港要望を行っており、その要望により、本年7月には、海底広域研究船「かいめい」の寄港及び一般公開が実現し、平日にもかかわらず1,500名の見学者が訪れるなど、市民の関心も高まっているところでございます。  今後におきましても、研究船の寄港要望を初め、研究開発の分野でも協力を進めるなど、同機構との連携強化に努めてまいりたいと考えております。  

札幌市議会 2017-07-19 平成29年総合交通調査特別委員会−07月19日-記録

これは、海底トンネル東京湾アクアラインでもそうしたものを利用しています。ですから、実現するかどうかは別にしても、新幹線で言えば、国内で初めての市街地における長大トンネルですので、そのぐらいきちっとした安全対策に関する取り組みをしていくような考え方を持っていかなければいけないと考えます。  

稚内市議会 2017-06-23 平成29年  第4回 定例会-06月23日−委員長報告、質疑、討論、採決−04号

本市での導入の検討に向けては、メリット、デメリットや建設費用、地元漁協等の理解を得ること、水質や海底面への環境影響など、幅広く見識を広げていく必要があると感じたところであります。  次に訪問した福岡県北九州市では、門司港レトロを活用した観光施策及びリノベーションによるまちづくりについて調査を行ってまいりました。  

函館市議会 2017-06-13 平成29年第2回 6月定例会-06月13日−05号

また、北海道区水産研究所では、北海道南西部の日本海に面する磯焼け海域でキタムラサキウニが海藻の生育に与える影響を調べるため、海底にウニよけフェンスを設置し、フェンス内側のキタムラサキウニを全て除去しました。1年後にはフェンスの内側でコンブ群落が形成され、外では磯焼けが進行していたという研究結果があります。  

函館市議会 2017-03-16 平成29年第1回 2月定例会-03月16日−07号

これ大和堆というのは非常に海底地形が複雑なところで、大体深いところでは3,000メートルぐらいの海底で、そして一部だけ320メートルぐらいの山が出て、そこ非常に流れが変わるもんですから、プランクトンが非常に集まる。三陸海岸のようなところで、そこに魚が集中するわけですけども、それも中国漁船が、あるいは北朝鮮と思われる漁船が多数日本の排他的経済水域の中で密漁しているということですね。