124件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

函館市議会 2021-03-17 03月17日-06号

都市建設部長佐賀井学) 防災対策についてのお尋ねでございますが、函館市立地適正化計画で定める居住誘導区域都市機能誘導区域には、土砂災害警戒区域など災害リスクのある区域を一部含んでおりますが、これらの区域につきましては、函館地域防災計画に基づき、ハザードマップ作成や配布による避難意識の啓発のほか、津波避難計画作成津波避難ビル指定防災無線整備などにより警戒避難体制整備に取り組んでいるところであり

根室市議会 2021-03-11 03月11日-02号

日本海溝千島海溝沿いに、巨大地震に関わる取組として、令和2年4月に国から巨大地震モデルが公表されており、この公表を受け、北海道の新たな津波浸水予想設定津波災害警戒地域設定作業となっており、根室市もそれを受け、新年度ハザードマップ津波避難計画修正作業を予定されているものと認識しておりますが、日本海溝千島海溝沿い巨大地震への備えとしてどのような防災減災対策強化想定しお考えになっているのか

函館市議会 2019-12-12 12月12日-05号

高潮・津波対策といたしましては、緑地の整備とともに地震などの影響で沈下や傾斜が生じていた護岸を改修したほか、外国人観光客も多く訪れますことから、近隣に指定された緊急避難所津波避難ビルなどを掲載した津波ハザードマップ多言語表記で設置するなど、函館津波避難計画に基づく避難行動について周知を図ることとしております。 以上でございます。 ◆(山口勝彦議員) ありがとうございました。 

根室市議会 2019-12-11 12月11日-02号

巨大地震発生、それに伴う津波発生が危惧をされている当市といたしましては、防災減災対策は重要な施策の一つであり、これまで防災出前講座をはじめ、地域における津波避難計画策定津波避難訓練への支援など、自助共助による地域防災力の向上を図るとともに、市や消防における災害対応体制整備防災関係機関とのさらなる連携により、公助強化を図るなど、総合的な防災体制充実強化取り組みながら、災害に強いまちづくり

釧路市議会 2019-09-06 09月06日-03号

最大クラス津波の場合、海に面した平野部市街地全域浸水すると考えられ、多数の住民津波到達時間までに避難対象地域の外に避難することが難しい状況になることを受け、避難対象地域津波緊急避難施設を配置することとし、その施設浸水深さに対する高さ的な安全性や構造的な安全性を確認し、また原則として、避難対象地域のどこからでも1キロ以内に緊急避難場所または津波緊急避難場所があるように配置しますと釧路津波避難計画

釧路市議会 2018-06-13 06月13日-01号

前回の避難困難地域解消にかかわる質問に対し、蝦名市長は、市といたしましては、東日本大震災以降、道の津波浸水想定に基づき津波避難計画策定いたしまして、市民の生命と身体を守るためのさまざまな取り組みを進める中で、ご質問にある大楽毛地区避難困難地域解消に向けては、実現可能なハード対策にも取り組んできたところでございまして、今後も国や道による新たな津波浸水想定を見据えまして、これまでの道の津波浸水想定

根室市議会 2018-03-14 03月14日-03号

また、減災対策推進についてでございますけれども、ただいまの主な取り組みといたしましては、先ほど来から市長の答弁のありましたとおり、防災講座やそれから訓練の実施、自主防災組織活動地域版津波避難計画策定促進など、自助共助における取り組みのほか、ハザードマップ作成災害備蓄品整備情報伝達体制強化──これは多重化も含みます──それと公助に関する予防、応急対策などを推進しているところであります

釧路市議会 2018-03-06 03月06日-05号

市では、既にマグニチュード9.1規模の地震による津波避難計画策定し、さまざまな対策を進めていることから、このたびの発表につきましては冷静に受けとめているところでございます。 間もなく中央防災会議から新たな津波高が出される見込みであり、その後、これに基づく津波浸水想定北海道から出されることとなっております。

釧路市議会 2018-03-05 03月05日-04号

また、新たな津波浸水想定、これに基づき津波避難計画などの見直しを行った際にも、改めて各職員がそれぞれの役割に精通するよう再確認を徹底してまいりたい、このように考えている次第でございます。 続きまして、阿寒湖温泉地区消防体制であります。 阿寒湖温泉地区における現状の消防体制は、しっかり確保されているものと認識をしてございます。

稚内市議会 2018-02-28 02月28日-01号

今後は、町内会への説明会地域ごとに開催するワークショップ等を通じて、それぞれの地域における津波避難計画策定支援していきたいと考えております。 次に、交通ネットワークについてでありますが、JR宗谷本線維持存続に向けた取り組みとして、昨年は宗谷本線活性化推進協議会幹事会を中心に活動を行ってまいりました。 

釧路市議会 2017-09-07 09月07日-02号

都心部まちづくり担当部長渡辺亮) 基本的には自動車避難というものというのはあくまで想定の中で話したことでありまして、あくまで原則徒歩避難ということで津波避難計画についても規定されております。そのようなことから、あくまで都心部のこのシミュレーションに関しては限られた条件でのシミュレーションのことでございますので、あくまで全ての釧路市の津波避難行動を限定しているものではございません。

稚内市議会 2017-06-20 06月20日-02号

そこで、本市において、専門家からの防災対策提言に対しての考え方、最大クラス地震津波想定した地域別津波避難計画あり方災害想定した総合防災訓練あり方防災教育あり方住民への情報伝達の確立を確認させていただきます。 本年2月、北海道から新たな津波浸水想定が公表されました。ノシャップでは、津波上高は、想定される最大が9.36メートルで、第1波は8分で来ると想定されております。 

苫小牧市議会 2017-06-16 06月16日-02号

本市では昨年4月に、苫小牧地域防災計画に基づいて策定をしました苫小牧津波避難計画により、防災行政無線消防サイレン携帯電話エリアメールを活用して伝達することとしておりますが、海岸線一帯における安全確保の観点から、防災行政無線を含めた情報伝達手段を確保する必要性は十分必要であると認識しているところでございます。 ○議長木村司) 越川慶一議員