49件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

釧路市議会 2018-12-06 12月06日-02号

釧路自然保護協会道東イトウの会、釧路市立博物館などが持つ釧路川水系のイトウ情報を、環境保全課道路河川、農林課、生涯学習課などが共有し、保護のあり方について協議する場を設けるべきと考えますが、見解をお聞かせください。 以上で1回目の質問を終わります。  (15番 松橋尚文議員 質問席に着席) ○副議長(秋田慎一) 理事者答弁を求めます。 市長

札幌市議会 2015-10-20 平成27年第二部決算特別委員会−10月20日-05号

地方分権一括法ができて、例えば北海道管理する河川札幌市に移されてきたときに私が議会で指摘したのですが、当時の札幌市の条例、規則では河川職員河川一定周期で点検するという項目があったのです。これができているかといったら、できていないのです。  そこで、どうするのですかと言って問いただしていったら、今度はその点検項目を外してしまいました。あるいは、もっと周期を長くしてしまいました。

釧路市議会 2015-09-11 09月11日-04号

総合政策部長(淺見仁) ただいまご指摘いただきました庁内、そして庁外との連携体制でございますが、既に今年度、まさに今ご指摘をいただきましたような公園緑地課でございましたり、道路河川でありましたり、そういったところも含めて、そしてもちろん観光振興、これは本庁も阿寒もございますけれども、そして取りまとめというか、事務局として私ども都市経営課ということで、庁内の会議を既に重ねてきてございまして、また阿寒

札幌市議会 2015-07-07 平成27年第二部議案審査特別委員会−07月07日-03号

ちゃんと河川もあって、河川担当部長もいらして、現場にはちゃんと河川担当の係長なり主査もいます。そこで、こういうものをどう掌握しているのか。  畑地としてはいろいろな形で使われていますから、私のところに苦情が来ています。しかし、今、それで生計を立てているわけでもないから、まあ、いいかと思って私は黙っていたのです。

札幌市議会 2014-10-21 平成26年第二部決算特別委員会−10月21日-05号

したがって、来年以降、出た水を処理して下に流す計画を立てて調査をすると言われておりますけれども、私は、道路区域河川の範疇などという市役所の中の受け持ち区域別の話ではなくて、降った水は札幌市として処理しますということで、地中に埋めた管は河川管理するものか、あるいは道路部局管理するものかは別にして、一つにして、きちんと1カ所に必要な容量を確保して管理していくという仕方でないと治水対策はうまくいかないと

釧路市議会 2014-06-13 06月13日-03号

当該地区のこれら設置に向けた現地調査につきましては、先ほど渡辺議員からお話ありましたとおり、要望いただきました川北町内会道営住宅自治会の役員の皆さん、それに釧路警察署に加えて市の関係課であります市民生活課道路河川、道路維持事業所職員も立ち会い、昨年、平成25年4月26日に調査実施をしたところでございます。 

苫小牧市議会 2013-12-05 12月05日-01号

海岸の侵食につきましては、10月2日に北海道開発局苫小牧河川事務所から私ども道路河川連絡がございまして、道路河川でもすぐに現地確認しているほか、海岸管理者である北海道情報提供されていることも伝えられてございます。また10月4日には、地域住民の方から市民生活課連絡がございまして、市民生活課においても現地確認が行われたと聞いてございます。

苫小牧市議会 2013-09-09 09月09日-03号

また、その対応に当たられた全庁的にわたる職員皆さんは、一睡もできずに御苦労されたという声も伺っており、糸井環状線、日新町3丁目、そして4丁目付近においては、30分もしないうちに職員現場へ到着をし、最大おなかのあたりまでの水の中を、ともに脱出できない車の救助、そして交通誘導をお手伝いさせていただきましたが、現場に携わった職員の中でも道路河川若手職員は、大きな声を張り上げて2次災害を防ごうと地域

札幌市議会 2012-12-07 平成24年第 4回定例会−12月07日-05号

今の河川では、いいですか、皆さん札幌市の業務分掌からいったら、土木センターには河川の巡回の義務はないのですよ、土木センターには。したがって、今の業務分掌からいったら、河川職員がその指定を受けて河川を巡視して、そして、日報をきちっとつけるということになっているのですよ。人がいなくて、できないと言っているのですよ。議会で事実と違う答弁をしちゃいかんよ。

釧路市議会 2012-03-19 03月19日-08号

関連して、庁内の建設担当課では対応できないのかとの質疑があり、理事者から、道路河川では、他業務との関係から対応が難しいとのことであるとの答弁がありました。 関連して、平成25年度建設予定研修所施設内容について聞きたいとの質疑があり、理事者から、現在の訓練場に平屋の建物があるが、新人職員等研修所として使用しているため、資機材倉庫会議室、トイレなどを設置する予定であるとの答弁がありました。 

釧路市議会 2010-12-15 12月15日-04号

次に、末広町12丁目付近道路河川名のフェンスが張られている空きビルについて質問があり、理事者から、外壁タイルの剥離により道路利用者が危険な状況となったが、空きビル所有者の所在が不明であり、放置しておけないことから、弁護士に確認の上、管理上も台風などに耐える基礎打ちした囲いで、費用は200万円程で、請求通知所有者に継続して出し続けることとし、道路管理者である市の責任において危険回避の処置を施したとの

苫小牧市議会 2009-12-03 12月03日-01号

危機管理室については、日の出防災倉庫現業倉庫、それから高齢者医療課につきましては、北庁舎地下倉庫国保課現業倉庫まちづくり推進課については、書類の廃棄、それから政策推進課については、7階書庫及び廃棄空港政策課については、8階書庫及び廃棄農業水産課については、別々放牧場管理人室、それから道路河川それから緑地公園課については、旧教育研究所、もともと食糧事務所だったところを教育研究所として

札幌市議会 2009-10-22 平成21年第二部決算特別委員会−10月22日-06号

作成したのも河川の方であります。したがって、これを全職場に配って、そして、やっぱりこの中から仕事のありようとか改善すべきことを読み取っていただきたい。私は、こういうふうに思って、市長に耳ざわりなことで恐縮ですけれども、あえて申し上げるのですが、いかがでしょうか、市長。  この点については、これで終わります。

札幌市議会 2008-10-23 平成20年第一部決算特別委員会−10月23日-05号

水質浄化につきましては、モエレ沼公園グランドオープンに向けて、平成16年、17年の2年をかけまして、河川管理者である国、札幌市の河川さらに地域住民などで組織するモエレ沼水環境検討会でさまざまな議論がなされてきた経緯がございます。この議論の中で、モエレ沼のしゅんせつや他の河川から水を引くことなどによって水質浄化を図ろうという方法についても検討されました。