203件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

倶知安町議会 2020-12-17 12月17日-05号

倶知安町では、水資源環境を守るため倶知安環境基本条例倶知安町の河川環境保全に関する条例を定めています。それぞれ町の責務、それから町民の果たすべき役割などもそれぞれ定義されていて、倶知安町の河川環境保全に関する条例では、目的のところで非常に川をきれいに守るためにみんなで努力しましょうというようなことが書かれている中身になっています。 

千歳市議会 2020-09-30 09月30日-03号

次に、木柵の更新や景観への配慮について、強く国に要望すべきではないかでありますが、市といたしましては、千歳川における、景観と調和した安全で良好な河川環境確保することが必要であると考えておりますことから、木柵を早期に更新するとともに、景観に配慮した河川環境整備を進めるよう、引き続き、国に要望してまいります。 次は、街路樹伐採等についてお答えいたします。 

旭川市議会 2019-12-11 12月11日-02号

土木部長(熊谷好規) 旭川市内の石狩川などの1級河川管理する旭川開発建設部に確認したところ、旭川市が位置する石狩川上流域では、主に昭和56年度まで砂利採取が行われておりましたが、これ以降は、砂利採取に伴う河床の低下、河川管理施設河川環境等への影響を考慮し、砂利等採取に関する規制計画において採取可能な区間採取禁止区間が定められたことにより、市内砂利採取は行われていなかったと伺っております。

千歳市議会 2019-12-11 12月11日-04号

市といたしましては、国と連携して、景観と調和した河川環境保全に努めるとともに、引き続き、樹木伐採など、千歳川流域における河川の適切な維持管理を国に要望してまいります。 次に、風水害に対する対策についてであります。 ハザードマップは、大雨による洪水土砂災害などに備え、日ごろから避難場所避難経路などを確認していただくことを目的として、作成をしているものであります。 

旭川市議会 2019-09-18 09月18日-03号

都市緑化基金河川環境整備基金、それから国際交流活動基金、そしてスポーツ振興基金農政部にかかわってもあります。これらは、このままでいったら、一番大変な基金では3年ぐらいしかもたないとか、5年だとか、そういうところが見られます。 そういうふうな中で、それぞれ各部でお考えがあるのだと思うんですけれども、最終的には、やはり財政とのかかわり合いになってくると思います。

函館市議会 2019-09-18 09月18日-05号

土木部長岡村信夫) 本市河川維持管理の方法についてのお尋ねですが、本市が行う河川維持管理につきましては、洪水などの河川災害の防止や良好な河川環境保全のため、巡回パトロール実施管理施設の補修、草刈りを行っているほか、河道内に自生した樹木伐採や堆積した土砂のしゅんせつなどを実施しております。

札幌市議会 2019-02-27 平成31年第二部予算特別委員会−02月27日-03号

最初の答弁にありましたが、市民実施要望に応え切れていないという問題の解消も含め、日常的維持管理水準向上に取り組んでいただき、安全・安心で、かつ快適な河川環境を守っていく必要があると考えます。また、実際に災害が発生した場合に備えて、河川水位状況などを把握するシステムについても適切な維持管理を行っていく必要があります。  

千歳市議会 2018-12-10 12月10日-02号

昨年第3回定例会で、我が会派の岡部議員も同様の質問をしておりますが、その答弁は、国、道は、雨水を安全に流下させるための適切な維持管理について、河川パトロールにおいて監視を行い、安全と景観が調和した良好な河川環境維持できるよう、樹木中州の一部除去など、適宜適切な対応実施している、そして、市は、管理は適切と認識しているが、中州河川敷に繁茂する樹木状況把握に努め、引き続き的確な維持管理が行われるよう

釧路市議会 2018-12-06 12月06日-02号

次に、河川環境向上への取り組みについて伺います。 町なかを流れ、多くの市民の憩いの場にもなっている仁々志別川、古くは阿寒川の支流として山花付近で合流し、釧路川に流れていました。阿寒川のたび重なる氾濫などのため、新河道掘削が行われ、大正7年に阿寒川が直接太平洋に流れ出るようになり、仁々志別川はその旧阿寒川河道を流れ現在に至ります。 

札幌市議会 2018-10-25 平成30年第二部決算特別委員会−10月25日-08号

私も、2016年の予算特別委員会でこの費用に対する札幌市の見解を伺いましたが、放流調整池は、バイパスさせた自然湧水浄水場下流へ流す際に、下流側河川環境を今以上に悪化させないためにヒ素を一定程度除去するためのもので、こうしたリスク対応目的を達成するために最低限必要な投資であるということでした。また、事業評価委員会のこの意見を受けて、一層のコスト縮減に努めたいという答弁もありました。  

倶知安町議会 2018-06-19 06月19日-03号

ちょっと川の話に戻しますけれども、倶知安町にも倶知安町の河川環境保全に関する条例ということで尻別川流域の住民として尻別川水系の川の美しさと豊かさを守ることとして平成18年に条例が制定されていますから、そのことについてもしっかりと考えていく必要があるのではないかなと思います。 そういったことから、2点再々質問お願いします。 ○議長(鈴木保昭君) 西江町長

札幌市議会 2018-05-25 平成30年総合交通調査特別委員会−05月25日-記録

そのためにも、水質検査の回数あるいは検査項目の追加など、サンプリング調査を行い、万全な体制で河川環境監視を強めていく必要があるというふうに思っております。さらに、トンネル発生土対策につきましては、札幌市としても鉄道・運輸機構調査をしっかり確認していくとのお話でございますので、ぜひともしっかり対応していただきたいと思っているところでございます。  

苫小牧市議会 2018-02-23 02月23日-01号

河川事業につきましては、治水施設老朽化対策を進めるほか、地域特性をいかした良好な河川環境の形成に努めてまいります。 公園事業につきましては、公園施設長寿命化を図りながら、地域ニーズ利用形態に配慮し、誰もが親しみをもち、安全・安心に利用できる公園整備を進めてまいります。 公共交通につきましては、持続可能な交通体系を目指し、利用者サービス向上など、利用促進に取り組んでまいります。