5330件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

音更町議会 2019-06-21 令和元年第2回定例会(第5号) 本文 2019-06-21

この報告につきましては、土地開発公社から理事会の議決を経た平成30年度決算及び令和元年度事業計画に関する書類の提出がありましたので、地方自治法第243条の3第2項の規定により次のとおり報告するものであります。  38ページをお開き願いたいと存じます。平成30年度事業報告について御報告をいたします。  1点目の事業の総括であります。

音更町議会 2019-06-17 令和元年第2回定例会(第2号) 本文 2019-06-17

こうしたこともあって、平成30年度決算では収支が黒字となったところです。  納付金の算定につきましては、北海道国民健康保険運営方針に基づき、市町村ごとの医療費水準、所得、被保険者数など保険者規模の全道に占める割合などを勘案して道が決定しており、算定方式については、3年ごとに見直すこととされております。  

音更町議会 2019-03-25 平成31年第1回定例会(第5号) 本文 2019-03-25

町税は、個人町民税と固定資産税の増が見込まれ、前年度予算と比較して1.2%の増、地方交付税は前年度決算見込額と比較して0.6%の増となっています。町債は前年度比21.6%増の30億8,860万円が計上されました。各特別会計予算及び企業会計を合わせた総額は362億5,851万6千円となり、率にして9.1%の増であります。  予算審査特別委員会は5日間にわたり審査されました。

音更町議会 2019-03-19 平成31年度予算審査特別委員会(第6号) 本文 2019-03-19

28ページから32ページまでは、平成30年度末、本年3月31日時点での決算見込みの予定貸借対照表注記表及び損益計算書となっておりますので、御参照いただきたいと存じます。  33ページをお開き願います。企業債に関する調書でございます。第2次拡張事業から建設事業まで、平成31年度末現在高見込額は、72件、44億1,584万6千円で、対前年度9,306万8千円の増となっております。  

音更町議会 2019-03-18 平成31年度予算審査特別委員会(第5号) 本文 2019-03-18

まず、課税対象となる使用料等につきまして、全ての使用料等を単純に引上げ分転嫁した場合は、平成29年度決算ベースとの比較で、1年間で3,450万円の歳入及び収入の増となりますが、今回、引上げ分を転嫁することとした使用料等のみといたしますと、1年間で3,154万円の増となると見込んでおります。  

音更町議会 2019-03-13 平成31年度予算審査特別委員会(第3号) 本文 2019-03-13

29年度の決算委員会の中で、民生児童補導委員の名称について質問させていただきました。検討していきたいと御答弁いただいたわけですけれども、検討されたのかどうなのか、まず最初にお伺いをしたいと思います。  それから、子ども発達支援センター運営事業ということで、これも平成27年度の決算審査において、公募を提案させていただきました。

音更町議会 2019-03-04 平成31年第1回定例会(第1号) 本文 2019-03-04

また、地方交付税につきましては、基準財政需要額が増額となるものの、町税などの基準財政収入額の増額も予想されることから、前年度決算見込額と比較して0.6%増の51億8,100万円を計上したところであります。  なお、臨時財政対策債と合わせた実質的な地方交付税の総額は、57億3,300万円で、前年度決算見込額と比較して1.6%の減を見込んだところであります。  

倶知安町議会 2019-02-15 倶知安町議会 会議録 平成31年 第1回 臨時会( 2月)-02月15日−01号

その後平成30年8月の決算審査、これは平成29年度の決算審査です。未収金10万5,000円が滞納繰り越しになることを確認しております。  再度、札幌市との連絡状況、原因が転出手続等にあること、相手方とのやりとりの状況などについて、この度も説明を受けました。  原因については時系列できちんと整理しておくこと、相手方と面談の上、支払い方法についてよく話し合うように助言したところであります。  

音更町議会 2018-12-18 平成30年第4回定例会(第5号) 本文 2018-12-18

9月に開催された決算審査特別委員会に提出された資料でも、音更町の給与収入者の44%の町民が200万円以下であり、公的年金収入では56.5%の町民が100万円以下、83.3%が200万円以下です。  そうした中での今回の議員報酬月額の大幅な増額は、到底町民の理解を得られるものではありません。もし今議員報酬が増額されれば、議会と町民との信頼関係にも支障が生ずることも懸念されます。  

帯広市議会 2018-12-14 平成30年第5回12月定例会 議案審査特別委員会-12月14日−02号

その中で、今大変重要な時期であると思いますけども、毎回毎回の議案審査で寄附の状況というのは話が出るわけでありますけども、11月、12月というのは大変重要な、来年3月の決算予算もかかわるふるさと納税の状況としては大変図りやすい時期だと思いますんで、今年度の、今現在のふるさと納税の状況及び昨年度との比較について、まずお伺いしたいと思います。

根室市議会 2018-12-14 平成30年12月 予算審査特別委員会-12月14日−01号

◎国保・年金主査(鵜飼豪生君)  今のご質問ですが、一定程度当初予算の段階でも見込みとしては盛っていますが、昨年、道の方の指導で、こちらは決算見込みとして見込めない部分については、税率の算定にちょっと大きな影響があるということもありましたので、ちょっと確定し切れない数字については、当初予算に盛らないで税率を設定するということで指導を受けております。 ○委員長(千葉智人君)  鈴木委員。

帯広市議会 2018-12-13 平成30年第5回12月定例会-12月13日−05号

所得制限を撤廃し、中学校卒業までの無料化を求めるものですが、29年度の決算で考えると、この拡充のための財源は幾ら必要でしょうか、現時点での試算額についてお伺いします。  また、段階的にまず小学生の通院が無料になる、こうした引き上げを行った場合、未就学児に比べて受診は減少すると考えられるものですが、どの程度と考え、試算を行っているでしょうか。その上で、小学生の通院を無料とする試算をお伺いいたします。

音更町議会 2018-12-13 平成30年第4回定例会(第3号) 本文 2018-12-13

介護予防サービス計画の作成が困難になっているということなんですけれども、これはケアプランのことかと思うんですが、年々困難になってきたということで、29年度決算のときもその状況というのは御報告いただいているわけなんですけれども、推移を見ていきますと、年々というか、平成28年度を境に新総合事業に移行してからこの辺の作成状況というのが大きく変わっていったのかなというふうに認識をしております。  

根室市議会 2018-12-12 平成30年 12月定例月議会-12月12日−02号

まずはじめに、ふるさと納税の現状評価についてでありますが、4年前から、ふるさとチョイス等、インターネットのネットショッピングサイトのような返礼品選択や電子決算処理等の機能を備えたふるさと納税サイトを利用し、その結果、着実に納税件数、寄付額もふえ、平成29年度においては24万件、およそ39億円もの寄付が全国から寄せられ、今年度もおよそ1.4倍になる見込みであると伺っております。