4件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

石狩市議会 2018-06-18 06月18日-代表質問-02号

石狩市は、この数年で1年生まで通院無料になり、中学生まで入院費が拡充され、歯科通院持病のある子のいる家庭では助かっている、よかったという声が多く聞かれます。 昨年は、石狩市で0歳から15歳まで医療費は2,645件で7,575万円かかり、1学年上げるのに毎年1,500万円かかると聞いていますが、中学生までですと1億2,000万円ぐらいです。 

石狩市議会 2017-09-12 09月12日-一般質問-03号

特に、持病や難病を持っているお子さんや歯科通院は、小学校へ行くと医療費がかさみ、歯科通院などを我慢させていると聞いています。 以上、子どもの医療費助成の拡充についてお伺いします。 現在、就学前の乳幼児医療費自己負担額は初診料の580円で、就学すると全額負担になります。 市民の中からも、歯科通院や急な発熱による受診でさえ躊躇しているという声も聞こえています。 

旭川市議会 2000-12-08 12月08日-06号

助成の範囲を医科及び歯科通院助成対象を3歳以上に拡大すべきと考えておりますが、考え方を聞かせていただきたいと思います。 次に、乳幼児医療費について、通院助成対象を1歳拡大した場合と、入院と同じ5歳までとした場合の所要財源はそれぞれ幾らになるのか、明らかにしてください。 北海道では、対象年齢拡大と引きかえに補助率を引き下げ、平成13年度中に所得制限をも導入しようとしています。 

  • 1