100件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

札幌市議会 2019-05-28 令和 元年(常任)経済観光委員会−05月28日-記録

今年度の職員定数につきましては、上から二つ目の診療部門の一番上、医師175名、歯科医師2名、そして、一番下になりますが、看護部門の看護師、助産師669名など、全体で1,093名となってございます。  次に、3ページをごらんください。  予算基礎となります業務量でございます。  表の左側の網かけ部分をごらんください。  

札幌市議会 2019-03-06 平成31年第 1回定例会−03月06日-06号

一方、災害時の歯科医療保健活動についてですが、災害歯科医療保健活動を展開するため、歯科医師会や歯科技工士会などとの連携が必要不可欠であり、災害時の拠点歯科医療機関である口腔医療センターへの自家発電装置の導入や歯科技工士の把握など、関係団体と連携し、取り組むことを要望します。  次に、子ども未来局関係です。  

札幌市議会 2019-03-05 平成31年第二部予算特別委員会−03月05日-06号

災害時においては、歯科医療保健活動を円滑かつ迅速に展開する必要があり、日ごろからの歯科医師会や歯科技工士会等との体制づくりや情報交換が必要不可欠ですし、大規模災害時の拠点歯科医療機関である口腔医療センターへの自家発電装置の導入や歯科技工士の把握など、札幌市が関係団体と連携し、取り組むことを要望します。  次に、建設局です。  

札幌市議会 2018-10-16 平成30年第二部決算特別委員会−10月16日-04号

また、今年度、追加調査といたしまして、定期的な歯科検診が実施されていない10の障がい者施設の利用者を対象として、歯科医師による虫歯や歯周病等の口腔内状況の調査を新たに実施する予定でございますが、昨年度に実施した施設の取り組み状況に関するアンケート調査結果及び今年度の利用者の口腔内状況の調査結果から、今年度内に調査報告書を取りまとめることとしておりまして、検討委員会での協議も踏まえつつ、今後の取り組みについてさらに

札幌市議会 2018-05-07 平成30年(常任)経済観光委員会−05月07日-記録

今年度の職員定数につきましては、上から二つ目の診療部門の一番上の医師175名、その下の歯科医師2名、一番下の看護部門の看護師、助産師692名など、全体で1,113名となってございます。  次に、資料の3ページをごらんください。  予算基礎となります業務量についてでございます。  表の左下の網かけ部分をごらんください。  

札幌市議会 2018-03-14 平成30年第二部予算特別委員会−03月14日-05号

本市は、昭和59年から、心身に障がいのある子どもや成人に対する歯科医療を確保するために、歯科医師会が運営する札幌口腔医療センターにおいて障がい者歯科医療に取り組んでいるところです。  自閉症やダウン症の子どもに対する歯科医療は、治療中に口をあけ続けることがとても難しく、鋭利な器具による治療を行っている最中に不意に動いてしまうと非常に危険なことから、極めて難しい治療になり、時間もかかります。

札幌市議会 2017-12-07 平成29年(常任)厚生委員会−12月07日-記録

また、総合相談の充実といたしましては、市民からの相談を待つだけではなく、医師会、歯科医師会、薬剤師会などにもセンターの役割をお伝えした結果、支援が必要な人の情報医療側からも提供されるようになった例もございます。このように、センターごとに創意工夫しながら取り組みを進めているところでございまして、今後も地域における連携強化を図ってまいりたいと考えております。

札幌市議会 2017-10-11 平成29年第二部決算特別委員会−10月11日-03号

中でも、患者の療養や生活の質向上にとって効果のある項目については、医師歯科医師看護師薬剤師栄養士理学療法士言語聴覚士など関係する多職種から成るチームを結成し、必要な患者に対してより適切に実施できるように業務フローの見直し等を行い、算定件数をふやす取り組みを行いました。  

音更町議会 2017-03-09 平成29年第1回定例会(第3号) 本文 2017-03-09

また、来年度には、医師歯科医師薬剤師看護師介護サービス事業所、ケアマネジャー等による協議の場を設け、在宅医療介護の連携を推進することとしております。  介護予防の分野では、介護を必要とする町民を可能な限り少なくし、より健康な生活を送ることができるよう、効果的な介護予防の推進や高齢者自立支援のための体制整備を目指してまいります。  

札幌市議会 2016-05-19 平成28年(常任)経済観光委員会−05月19日-記録

今年度の職員定数につきましては、上から二つ目の診療部門の一番上の医師175名、その下ですが、歯科医師2名、一番下の看護部門の看護師696名など、全体で1,116名となっております。  続きまして、資料の3ページ目の表の左下の網かけ部分をごらんください。  入院の患者数につきましては、1日平均566人、年間20万6,761人の延べ患者数を見込んでおります。

札幌市議会 2015-12-03 平成27年第 4回定例会−12月03日-03号

本市は、医療介護の両方を必要とする状態になっても、地域で安心して暮らせる体制づくりの構築のため、地域包括ケアにかかわる職種間の知識情報共有のための合同研修に参加する職種を、医師保健師、ケアマネジャーなどの4職種から、歯科医師衛生士、薬剤師、療法士、栄養士など15職種へ拡大するとのことです。

札幌市議会 2015-10-19 平成27年(常任)厚生委員会−10月19日-記録

ある歯科医師の話ですが、その子が私のところに来たときには既に総入れ歯にしなくてはならない状況だった、ここに至るまで、どれだけの痛みに耐えたことか、夜も寝られなかっただろう、学校でも授業中に痛い中で黙って座っていなければならなかったのだろう、そういうことを何日も何カ月も何十年も繰り返してきた、こういう話を貧困の問題に関する書物で読みましたけれども、私は本当に胸が詰まるような思いをしました。

札幌市議会 2015-10-16 平成27年第二部決算特別委員会−10月16日-04号

健診の内容でございますけれども、症状の有無、歯磨きの状況などの問診を行いました後に、歯科医師が虫歯や歯肉炎の有無の審査を行いまして、その結果をもとに、歯科衛生士効果的な歯磨きの方法や、かかりつけ歯科医での定期健診の必要性等について保健指導を行っております。  平成26年度の結果は集計中のために、平成25年度の結果でお答えいたしますが、妊婦、産婦を合わせて692名が受診をいたしました。