25件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

音更町議会 2018-12-18 平成30年第4回定例会(第5号) 本文 2018-12-18

そして、29年7月に、池北3町で共同処理をしております本別、足寄町及び陸別町から、単独処理をしております清水町の合わせて4町から、現行の処理施設の老朽化等により更新等には多額の費用を要し、施設を新たに建設することは困難であることから、環境複合事務組合に正式にごみ処理事業への追加要請があったところでございます。

音更町議会 2017-06-23 平成29年第2回定例会(第3号) 本文 2017-06-23

新聞報道では、5月20日から奈良県の高校2年生178人が来勝し、芽室では37人が12軒の農家で、帯広や本別、広尾町等の55軒のお宅で1泊し、農業体験をしたようです。この高校生たちは、この感動を家族にも伝えるであろうし、友人、知人にも話をするはずです。これは来勝した生徒本人だけではなく、周りの人たちにも影響を与え、十勝へ行ってみたい、十勝の味を堪能してみたいと思わせるはずです。

音更町議会 2015-10-02 平成27年第3回定例会(第5号) 本文 2015-10-02

別表第2(第3条関係)1から7の項の共同処理する団体欄中「白老町」の次に「、音更町、士幌町、上士幌町、鹿追町、新得町、清水町、芽室町、中札内村、更別村、大樹町、広尾町、幕別町、池田町、豊頃町、本別、足寄町、陸別町、浦幌町」を加え、「、東十勝消防事務組合、西十勝消防組合、南十勝消防事務組合、北十勝消防事務組合、池北三町行政事務組合」を削り、同表9の項の共同処理する団体欄中「、道央地区環境衛生組合」、

音更町議会 2015-03-11 平成27年度予算審査特別委員会(第2号) 本文 2015-03-11

そういったこともあって、この間、新聞紙上には、幕別町と本別が、介護福祉士を取得するときには、その資格を取るための助成をするというような話になってきたのかなというふうに思っています。そういった形でもって各町村が福祉士を養成していただければ、これからの高齢化社会には対応できるかなというふうに思っているところでございます。  

音更町議会 2015-03-06 平成27年第1回定例会(第2号) 本文 2015-03-06

ちょっと先に話をしますと、本別さんが缶バッジというのをつくられまして、本別と書いてあるんですけれども、ここに本別のゆるキャラというのか、元気くんというらしいんですけれども、こういうのをつけて、これは、何か話に聞くと、役場の女性の職員の方が1個1個つくっているみたいなんです。

音更町議会 2014-12-18 平成26年第4回定例会(第4号) 本文 2014-12-18

地方自治法第284条第2項の規定により、帯広市、音更町、士幌町、上士幌町、鹿追町、新得町、清水町、芽室町、中札内村、更別村、大樹町、広尾町、幕別町、池田町、豊頃町、本別、足寄町、陸別町及び浦幌町は、消防に関する事務消防団に関する事務を除く。)を共同処理するため、次のとおり規約を定め、とかち広域消防事務組合を設立する。  

音更町議会 2012-03-13 平成24年度予算審査特別委員会(第3号) 本文 2012-03-13

他の自治体でいうと、新聞記事の見出しだけ見ても、「動き出す市民後見人」ということで、高齢者権利擁護、養成支援の体制整備の課題ということで、これは本別厚労省モデル事業をやった関係についてあったりとか、たしか、またその後、帯広市でもセンターをということで見ています。

音更町議会 2011-12-13 平成23年第4回定例会(第3号) 本文 2011-12-13

本年度、国は、市民後見制度の推進のために、全国で37市町村を対象にモデル事業を実施しており、管内では本別が採択を受けております。本町職員もこのモデル事業参加する機会を得て、職員同士の意見交換も行っておりますが、十分な準備を行った上での取り組みが肝要であり、まずは学習研究から進めてまいりたいと考えておりますので、御理解をいただきたいと存じます。  以上、答弁とさせていただきます。  

音更町議会 2008-06-12 平成20年第2回定例会(第2号) 本文 2008-06-12

最後に、仮称「音更町ふるさと応援寄附条例」の提案予定についてでありますが、道内では、既にニセコ町を初め複数の市町村が寄附金条例基金条例を制定しており、十勝管内では本別平成18年度に条例を制定し、寄附金を募集しているほか、ほかでもそのような動きがあることは聞いております。  

音更町議会 2008-03-13 平成20年度予算審査特別委員会(第1号) 本文 2008-03-13

それぞれ音更町、士幌町さん、それに本別さんを含めた中で、いろいろ、どういう形でできるだろうかということで協議も検討もさせていただいたような状況の中で、実は帯広市さんがアウトソーシング方式でこういった機器の部分を運用されるということもありまして、それであれば民間センターを使った形の中で対応ができるということであればということで、本町を含めて帯広市さんの共同部分、アウトソーシングに手を挙げたような状況

音更町議会 2006-09-21 平成18年第3回定例会(第2号) 本文 2006-09-21

あるいは今回125万の非課税限度額、住民税等で廃止されましたけれども、障害者あるいは各、どちらかいなくなったような各控除等は、125万そのまま据え置きだと思うのですが、そういうものも余り知られていないと思うし、本別などでは、今後、障害者控除等について、音更町でいうと、社会福祉の概要ですか、ああいう冊子に、町としてまとめて盛り込むようなことをやったようですけれども、それを知らせることによって、町の歳入

音更町議会 2005-12-16 平成17年第4回定例会(第4号) 本文 2005-12-16

地方自治法第286条第1項の規定により、平成18年2月5日をもって十勝環境複合事務組合から忠類村を除き、平成18年4月1日から本別、足寄町及び陸別町を加え、十勝環境複合事務組合規約を次のとおり変更する。  十勝環境複合事務組合規約の一部を改正する規約。  十勝環境複合事務組合規約の一部を次のように改正する。  

  • 1
  • 2